読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

今こそ、男子にお勧めしたい伊野尾慧。

「今こそ、男子にお勧めしたい伊野尾慧」というテーマで、今日はお送りしたいと思います。我々がきいたんの名前とビジュアルを知ったように、今回やっと伊野尾慧という名前と顔が結びついた男子も多いはず。ジャニーズというだけで、スカしたチャラ男という先入観で終わらないで欲しい。一昨日あたり割とネットに上がっていたあいうえお作文見て、ファンは今頃青ざめていると思いましたか?いやいや、そんな訳ないんですよ。「あぁ、これね、いつも伊野尾さんこんな感じなんで。」って脱力して終わりです。あれ、通常運転。いっつもあんな感じ。基本ふざけてます。下ネタ寄りに。まあ、そんなところも含めながら、男子の皆さんへのお勧めポイントを挙げていきたいと思います。


◎下ネタ上等

そう、上記の通り、あの見た目ですけど、下ネタ上等。アイドル雑誌での発言はもちろん、天下のNHK様の「生放送」のラジオでも、カマしまくってます。「今夜アナタを口説きます」っていうコーナーがあるんですよ。これ、ギリッギリアウトじゃない?ってレベルまで振り切っていくのが伊野尾慧。男性だったら、こいつバカじゃねー?ってゲラゲラ笑って頂けると思うんです。聴いて頂くのが一番なので、うーん、あまりいいことではないですが、某動画サイトで「らじらーサタデー 伊野尾 口説き」とかって検索してもらったら聴けるかな。毎回口説く対象(物品)変わるんですけど、カメレオンとかタンバリンとかの回、ほんと「ちょ、ジャニーズ、自重w」ってなるんで。毎週土曜日20:05から、NHKラジオ第一で「らじらーサタデー」生放送でやってます。このコーナーはだいたい後半の時間にやってます。今週はちょっといろいろアレなんで、「今夜アナタと青春します」の方になっちゃってるかもしれませんが。え、ラジオなんて持ってない?スマホに「らじるらじる(NHKネットラジオ)」ってアプリをダウンロードすればOKなんで、軽い気持ちで是非。


◎学生時代は、寝袋持参で研究室泊り込み生活。

こんな見た目ですけど、理工学部建築学科卒業しています。図面描いたり、論文書いたり、課題の模型制作したり、もう徹夜しないと終わんねーっ、今夜も研究室泊まるかって理系の学生さんが体験しているあの感じ。彼も通った道。何日もお風呂入れず清潔感ゼロで卒論仕上げた時には、まずはみんなで銭湯に行ったとか。卒論に限らず課題仕上げる為に徹夜は日常茶飯事だったそうで、卒業後、メンバーと「卒業したら元気になったよね。元気過ぎてうるせー笑」「沢山寝てるからね」というような会話をしています。ヤツもアレ経験したのか、って理系男子の皆さんに共感して貰えたら嬉しいですね。


◎白米王子または米粒野郎

まあ、ファンからは主に白米王子の方で呼ばれてます。小洒落たカフェでお茶してそうな見た目ですが、彼が何より愛する食べ物は、白米。スタバより大戸屋を好むタイプです。白米におかずという和食をこよなく愛し、恐らく煮魚定食なんてどストライク。ごはんにあう食べ物を毎月ひとつずつ食べるという連載コーナー(名刺大の枠)をアイドル雑誌に持っています。元々ジャニーズを志望した理由が「テレビに出てる人は美味しいもの食べてるから」。本当かどうか知りませんが、「美味しいものが食べたくてジャニーズに入った」は、ずっとぶれずに言っています。ロケで肉フェスに行った時も、美味しいお肉パクパク食べながら「ジャニーズ入ってよかったー!だっておれ美味しいもの食べたくてジャニーズ入ったんだから」って喜んでいたシーンが印象深いです。めざましテレビで毎週木曜必ずあるコーナーも、その名も「いのお飯」。ごはんと美味しいもの何かをただひたすらに食べるという。ちなみに、最近まで日テレでやっていたドラマの撮影中に誕生日を迎えた伊野尾さん、現場でもらった誕生日プレゼントは、米2kgでした。米あげたら喜ぶだろうと思われているアイドルです。面白くないですか。3食、米の飯が食べたい26歳。最近には珍しいほどの古き日本人の精神を受け継ぐ若者です。あ、お風呂は必ず湯舟に30分以上浸かる派でもあります。なんか、爺ちゃんを思い出す、そんな感じ。


◎オシャレに目覚めたのがごく最近。

ジャニーズに入って15年の伊野尾さん。ジャニーズ歴なかなか長いです。なのですが…。ジャニーズと言えば、少年のうちからメチャメチャお洒落に詳しそうなイメージありますよね。でも、メレンゲなどで公開された卒業アルバムや中学の部活の写真などを見ると、伸ばしてみたものの全然まとまらなくてはねっぱなしの髪型をしていたり。大学時代は、理系の勤労学生故に、とりあえずあるものを着る生活だったそうで、割とお洒落と無縁な青春を送っていたようです。つい最近でも洋服屋さんで鼠色と言ったら、グレーですねと言い直されたエピソードをテレビや雑誌で話していました。「チャコールグレー」とか言われても、それ何色なの…?と困惑するそうです。あのジャニーズの中にいて、お洒落しようと思わなかった派男子なんです。


◎見切れアイドル

最近でこそ、露出が多いのですが、大学卒業までは個人仕事もほとんどなく、あったとしてもあまり注目を浴びることはありませんでした。メンバーと一緒にテレビに出るときは立ち位置が端っこ過ぎて、画面から見切れることもしばしば。画面の隅に表示される字がかぶって、首から下しか見えないなんてことも。昔の歌番組などを見ますと、全然カメラに抜かれないので探すのが大変です。動体視力頼りです。そんな訳で「見切れアイドル」と呼ばれていた彼がようやくこんなに画面に映し出されるようになった訳で、これからもしテレビで彼を見かけたら、お前も苦労したな、頑張れよ、ってあったかい気持ちになって頂けたらと思います。


その他にも、ラジオの企画で「モテ男子、ダサ男子」の投稿を読むと、ほぼほぼダサ男子に共感。一緒にラジオをやっているメンバーに「お前はダサ男子だ。」と断定される始末。リスナーさんのラブラブなお便りなどが来ると、「あぁー俺もそんな青春送ってみたかったよー」などとやさぐれる、言ってみたら「リア充爆発しろ」寄りの伊野尾さんです。


どうでしょうか。いかにもモテモテないわゆるジャニーズ、というイメージとちょっと違って見えて来ませんか?こいつ、面白いな、などとちょっとでも思って頂けたら嬉しいのですが…。


私も、明日花さんが女の子から可愛い、髪型真似しようかな、などと言われていたり、グループのリーダーだったり、なのにポンコツ扱いされていたりするのかなどと、今まで名前も知らなかったところから、少し認識が進みました。今回の彼女のコメントの出し方も賢く思えた次第です。普段なかなか交わらないファン層かと思いますが、テレビや雑誌などで見かけた際は、ちょっと興味持って頂けたらいいなと思います。