読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「在宅オタ」が「在宅」を捨てる日。

いまだ家族にバレぬようバレぬよう注意を払ってオタ活をしているオタクです。ライブにも大運動会にもイベントにも参加したことのない自分のことを「在宅オタク」と呼んでいました。ライブレポを読んでは思いを馳せ、レポを書いてくれた人々の気持ちになって臨場感をソッと味わったりしていました。まだ世界旅行が一般的でなかった時代に、紀行文を読んで異国情緒を感じて愉しむ、に近いものがあります。そうして、我が軍のエース生誕記念の日、いよいよ10周年を記念する全国ツアーの日程が発表された本日。皆様に良席が当たりますよう。行きたい会場の日程が、部活の大会だの国家試験だの外せないプロジェクトなどに重なっていませんよう、と祈るばかりでした。今までならば。そう、過去形だってんだ!


発端は、とっつー(A.B.C-Z)の舞台でした。発表されてすぐ、オタクはぴあ会員になりました。手元のスマホですぐなれる。お茶の子さいさい(←昭和的表現)。そして、会員先行に申し込んで期日が来てワクワクして当落を聞くも全滅。ダメ元で一般に賭けるも、電話が繋がった時(開始5分後)には完売。FCにも入っていないものがそうおいそれと取れるものではなかったのです。その時、オタクは思いました。もし、これが自担の舞台だったら、どんなに後悔するだろう。かつて、かなり演劇の舞台には通いつめたことがあり、ライブ以上に実感を伴って焦りを感じたオタク。少しずつ、目標に向かって布石を打ち始めました。目標、それはJUMPのFC会員になること。それなしに、スタートラインにも立てやしないではないか。そもそも、ライブについては実感が伴わないというものの、オタクをやっていて最も幸福を感じる瞬間、それはライブに参戦している時ではないでしょうか。同じ場所で同じ時間を自担と共有することが出来るのです。以前、大作のジャニオタアンケートを見たことがありますが、そこでもやはりオタクの幸せを感じる時はという設問に対し「コンサート」「ライブ」という言葉が圧倒的に上がっていました。そう、ワタシはオタクとして本当の幸せを感じたことがないのかもしれない。今もし、死んだら後悔するに違いない。とまで、オタク思い詰めました!笑。

そのためには、家族に反対されたりオタク活動を阻害されたりしないよう、巧く事を進めなければなりません。


布石その1。まず、友人とはただ飲みに行ったりお茶するのではなく「映画観賞」などを絡めるようにし、家族にもそのことをアピールします。「Eちゃんと映画見てくるね。」そもそもそういったエンタメ関係から遠ざかっていましたので、家族の中に「ワタシは映画演劇ライブなどに出掛けるような人間である」ということをジワジワ定着させていきます。時には家族も誘ってみます。が、映画はいいやと断られるのも想定内。


布石その2。とにかく、ビジネスでいったらCS(顧客満足度)を上げるように努めます。お客様も、多少何かこちらがやらかしたり納品物が100%意に沿うものではなかったとしても、CSが高ければ許されるということはあるものです。家族の趣味活動を以前よりも応援する。家事をより頑張る。家庭内サービスに努める、等々。


という、それ布石か?効果あるのか?ということを地味に続けていた3月下旬、それは訪れました。前夜、家族全員不在で油断していたオタク、ドル誌を寝る前に読み、そして朝、それを隠匿することなく、出社してしまったのです。しかも、それは前述の通り3月の下旬。下旬に発売されるドル誌は何でしょうか。はい「Myojo」と「ポポロ」ですね。よりによって、「ポポロ」をそのままにし、帰宅してオタクは絶望に打ちひしがれました。「ポポロ」が、ベッド脇の棚にキチンとこちらを向けて置いてあります。寝具もピシッとしている…。掃除したんだ、この部屋。そして、この「ポポロ」を手に取り棚に置き直したんだ。あぁー!その時の心境を慮って頂きたい。よりによって、「ポポロ」か。ドル誌の中でも最強な奴ではないか。まだ、これが「WiNK UP」だったら!そこから数日間、家族会議の開催もしくは直截的な詰問などがないか怯えて暮らしました。しかし、何も起こらない。また、特に家族が不機嫌である様子もない(全くあんなものを!一言言ってやりたい!などと思っている様子もない)。これはもしや。もしや、今ならいけるのでは、雪解けなのでは。


実は、この時点でFCの入会方法については調べていました。FCに入る時は、振込用紙に自担の名前をキッパリ記載して、それを郵便局員さんに渡すのだ、とそれまで聞き及んでおり、これはまたなかなかの関門だ、と思っていた訳です。しかし、いつの間にか時代は進んでいました。普通にネットで申し込んで、支払いはペイジー。あいにく手元のインターネットバンキング口座でペイジー決済出来るものがなかったため、ATM振込となりましたが、もしあれば自宅から一歩も出ずに申し込みと振り込みが完了してしまう訳です。ワタシは3/30夜に仮入会し、ペイジー決済に必要な番号を入手。翌日の昼にATM振込をし、今、メールの受信時刻を確認すると、驚くべきことに10分経ったかどうかのうちに「振込確認、入会完了」のメールが届いています。だって、この時、昼休みが11:45〜だったんですよ。駅前の銀行まで10分位はかかるんですよ。3/31といえば期末最終日、ATMに全く並ばなかったとは考えにくい。恐らく振込処理出来たのは12:00前後。そして、前述のメールが届いたのが12:08。すごいよ。(期末最終日という忙しい日の昼休みに、入会料を振込に行こうという意気込みも我ながらすごい)ちなみに、ここでゲットした我が会員番号はまだ40万台ではありませんでした。4月に入ってすぐ、40万台だったとの声を見かけたので、そろそろツアーが発表されるだろうと入会が殺到したのでしょうね。そして、1週間経ったか経たないかのうちに、我が家に封書が届きました。会員証です。封書には「Hey!Say!JUMP」「ジャニーズファミリークラブ」などとキッパリ明記されています。帰宅したらテーブルの上にこれがどーんと置いてありました。これについても賭けでした。ここで、これは何かと詰問されるのではないか。とにかく、郵便物が届いたら即バレだと、それを恐れてかつてとうとう私書箱を持つ方法などを調べたこともあるくらいです。唯一オタクであることを打ち明けた友達には、うちの住所を貸して上げたいくらいだねぇ、とも言われました。しかし、結果的に何も言われなかった。スルーされている。これは。これは、もしかして黙認か?然し乍ら、ここで調子に乗って痛い目を見ることも考えられる訳です。そこから1カ月、相変わらず、家庭内CSを維持するよう努め、あくまでもオタ活は隠しつつ、慎ましく過ごしております。ただ、連休中に家族の食事会があり、機嫌が麗しいと見てとったオタクは「今年はライブにも色々と行ってみたいんだよね。」とキッパリ宣言してみました。結果「へぇぇ(ニコニコ)」という反応を引き出すことに成功しました。商談で言えば、反対勢力側のキーマンを会食の席で懐柔することに成功したに近いのでは?!いきなりプロジェクト推進に回ることはないにしても、別に構わない位の立ち位置に持ってくることに成功したのでは?というのは大袈裟ですが、黙認される可能性が見えてきました。


ということで、長らく「在宅オタク」を名乗り、ウジウジと過ごしてきましたが、そんな自分ともお別れだ!なけなしのたった一つのペラペラ新規名義を握りしめ、ツアーを申し込みたいと思います!え、申し込み方法の詳細は5/15以降にご案内致します? 分かりました。そのくらい猶予があったほうが心の準備も出来るってものです。だって初めてなんだ、右も左も分かりゃしないんだ!右往左往するに決まってる。ツアー発表、即申し込み開始でなくて、助かったってんだ!新世界への扉、どうか開いてくれ。