読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「そし誰」グッズで遊ぼう。

突然ですが、日テレ屋に行って来ました。ほんとにもう、人格が変わったかと思うレベルで行動範囲が広がってます。犯罪プロファイルものの小説やドラマで、犯罪者の趣味嗜好とか立寄りそうな場所とか分析するじゃないですか。数ヶ月前の自分と今の自分、別人!絶対に行かないところに、あちこち行ってますよー。完全犯罪できちゃうか?冗談はともかく、初の日テレ屋です。まずは日テレを目指せばいいので、初めてでも迷うことはありません。新橋駅、汐留方向の改札を出て、今だと、24時間テレビの広告を最初に見かけるのでそちら方向へ向かうと、おお!これが皆さんが写真を撮ってらした「そし誰」大型広告!もちろん私も撮りました。そしてさらに進むともう日テレです。すぐ案内図があるのでそれを見てお店に到着。お店入るともうすぐ右手側に、そし誰グッズ置いてありました。公式twitterで紹介しているように、台本、Bar「KING」のコースターとメニューが展示してあります。食い入る様にメニュー見ちゃいましたよ。割とオーソドックスなカクテルが並んでいます。値段、そこそこしますね。高いってほどじゃないけど安くもない。新一はカードも銀行口座も使えなくて、一杯1,000円以上するお酒を出すお店によく来ていたものだなぁ。そんなに来たかったのね、どうしてでしょうかね、と考え込みたくなりますが、まあそれは置いておいて。今日のグッズのお目当て、メニュー表を再現したメモ帳がないではないですか!わざわざそれだけのためにここに来ましたけど! 涙。勇気を出してお店の方に聞くと、不良品が出て店頭から引き上げている状態なのだとか。残念無念。

このメモ帳買ったら、やりたいことがあったんです。日下さんが作ったオリジナルカクテル、今までに3種類出てきましたよね。それをペンと色鉛筆で描いて、それぞれ「夜明け」「チャレンジ」「片思い」とタイトルを書き入れ、値付けはちょっとまあ1,200円位ですかね、値段も書いて、メニュー風にして見ようと。そういう目論見があった訳ですよ。残念です。そうなると、あの展示してあったコースターも欲しいところ。コースターもグッズに加えて貰えないものか。「むににの日」前後に、全国で催されると言われる生誕祭に活躍しそうではないですか。私には生誕祭を共に過ごす仲間はいないし、万が一そのような祭りを執り行っているところが見つかったら迫害されてしまいますので、残念ですが。いや、でも。家族の留守に「そし誰」をリピりながら、簡単にジントニックでも用意してグラスの下にこのコースターを置いたら、盛り上がるではないですか!どうでしょうか!


はい。一人盛り上がってみましたが、メニューを模したメモ帳は買えていないし、コースターは売ってません。くー。本日も妄想ブログにお付き合い頂き、ありがとうございました。売ってくれよー!日テレさんよー