読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

キス芸。

見てないけど!見ちゃった…。見てないけど、見ちゃったよー。何をかって、そりゃ今伊野尾担がいの一番に言うことっていったら、コレでしょう。


伊野尾慧、テレビ上で初のキスシーン。


昨日の日テレ特番ですね。これを見たファンの反応は、①怒る、②悲しむ、③可愛いー♡と湧く、④大ウケ、⑤喜ぶ、⑥出川さんになりたい。ざっくり分けてもこんな感じで本当にそれぞれでしたね。裕翔くんのwithJに対する反応が「カッコいい!!ヤバい!」一色だったのと対照的ですね。①怒る、も、出川さんにキレる、何やらせてんだ、と番組に怒る、怒るファンに「何怒ってんの?」と怒る、と様々でした。⑤の喜ぶ、は出川さんとこういう芸をやらせてもらうまでになったんだね、と言うものですし、①の荒ぶりようからみたら温度差が凄い。また、同じネガティブな反応でも、「あんな嫌そうな顔してかわいそう。美味しい御飯食べてさせてヨシヨシしてあげたい。」という方向性もあって、これはまぁ②に近いかな、割とすぐオタクたちの母性を刺激してくるもうすぐ27歳オトナ男子。で、このオタクの最初の感想を分類すると「伊野尾さんにダメ出し」でした。お前、何様なの?って思いますよね、自分でも思います。バラエティで芸人さんと絡むなら、面白くしなくちゃ。メレンゲで、出川さんに言われたじゃーん。もっと「大きな声でリアクション」「笑って」って。いや、キスはちゃんとやってて偉かった。かなりガッツリしてましたし、カメラさんがそれはそれはアップでバッチリ撮ってました。その後、嫌な顔するならもっと頑張れ。「何やらすんですかー!」って大声で言って、で、その後ヘラヘラして欲しかったよ?良く「ヘラヘラすんな」っていのちゃん、言われがちですけど、こここそがヘラヘラして欲しいところ。ヘラヘラしながら、ぶつくさ文句言っても良かった。もっとヘラヘラしろーっていのちゃんに思う日がくるとは。らじらーにスピードワゴンの小澤さん来て「顔が…可愛い。」って褒められた時に、「後で全然、キスくらいならしますよ。」ってヘラっと言ってたじゃないか。あなたアイドルだよね、何言っちゃってんの笑って、リスナーの度肝抜いてたじゃーん。

と、最初はこのように思った訳です。しかし、こうやって芸人さんとキス芸で絡んで笑いに持っていくのは、一般的な流れですよね。しかし、ああやって、キスした後に悲しそうにイヤな顔して、袖で口を拭うの見たら。しかもすごくカワイコちゃんの顔で。普通のわーわーしてキスして笑うという流れのキスよりも、キスに重大性が出てくるし、まるで可愛い女の子だな、というなかなかの差別化が図られる訳です。2015年秋、ジュニアさんに発見されてしまった頃からすれば、最近はそんなに「カワイコちゃん」を表に出さなくなって、先週の「イノ調」でモノマネ連発し、歌舞伎の見得を切る真似ではなかなかの変顔をお披露目してましたので、これからは「面白」をやっていくんだな、と思ったその矢先に、この儚げなカワイコちゃんです。出川さんから離れた直後、口をんってしてるのなんてムチャクチャ可愛いですよね。はっきり言って、オタク振り回されてます 笑。だって、前日の土曜ではまた軽くオタク(コンビ厨)を「いのたかの関係性がスキー★?  全然わかんねー」ってバカにしてたじゃないか。くっそ、イノちゃんめ 笑。てなってたのに、翌日に「儚げなカワイコちゃん」を写真でも演技でもなく、バラエティで見せられたら、何が何だか分からんよ。これが多面体ってやつなの?演技で役どころに振り幅あるっていうのなら、分かる。役がないところで振り幅があって、本当はどういう人なのか、どう見せたいのかすら分からなくて、こちらが思考の迷子になりますよー、助けてー、この沼危険じゃないー?(←今更)


いのたからじらーに沸きまくった話を書くつもりがこんなことになりました。それにしても、裕翔くんは本当にかっこ良かったですね。朝起きてもまだトレンドにいましたよ。うちの裕翔くん、かっこ良かったでしょ、って自慢出来る案件でした。ワタクシ伊野尾担、伊野尾さんをどうやって自慢していいのか、困ってます 笑。