読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

どうしてくれようか、雑誌のマッターホルン。

この春、いのありメガネな「WITH」を買ったことを皮切りに、一切雑誌を買わない生活から、雑誌買いまくりなライフスタイルに完全シフトして半年。ほんとに雑誌の量がヤバいことになって来ました。カッター、定規、ホチキスリムーバーの3種の定番グッズを駆使して、整理しようと頑張ってはいます。いますけど、追いつかない。まず、ドル誌に手を出したのがまずかった。最初は葛藤があったんですよ。でも、一度全種類買ってみよう、試しに。ってやっちゃったのがまずかった。そこから、たがが外れましたね。まず、5大ドル誌って言って、「duet」「WinkUp」「POTATO」「Myojo」「ポポロ」なんてのが毎月発行されています。更に「QLAP!」、これはドル誌じゃないんでしょうか。発行元が音楽と人社ということで、音楽エンタメ情報誌ってことになっているのかな。私の中ではもう、これ入れて6大ドル誌な扱いですが。そして、伊野尾担として忘れてはならない「WITH」。そうすると、黙っていても毎月7冊が定期的に積み上がります。そこへ、これは取り上げられる都度ということになりますが、テレビ情報誌、ファッション誌、映画舞台雑誌などが、加わります。伊野尾さんの場合は、ハウジングとかヘルスとか週刊朝日とか、更に広い分野に進出していましたね。どう軽く見積もっても月に10冊超え。この夏は、それどころじゃありませんでした。秋になりドラマが終わったことで、テレビ誌が少し落ち着いて来ましたけども。ただ正直、テレビ誌特に週刊のものは、整理しやすいのです。まず、中綴じのホチキス外してどんどん切り取れる。版型もA4サイズのファイルリフィルにすんなり入るサイズ。特集ページを2pなり3pなり切り取れば、他のページはさっと処分出来ます。迷いなく、作業完了。次に、「WITH」はもう毎月見開き2p+編集後記に1枠って決まっているので、もう専用ファイルを作りました。編集後記の部分は、だいたい名刺より小さいくらいですし、毎月サイズも変わるので、切り取って台紙に貼っていく形にしています。毎月貼り足していくのも楽しい作業。あとはその台紙をファイルポケットに入れればいいのでラクなものです。

そうか、ドル誌も各誌ごとに専用ファイル作った方がいっそラクなのかも?ドル誌については困っていることがあるんです。まず、取り上げられているページ数が多い。JUMPという括りで載っているので全員取っておきたくなる。しかも、いろんなページに載っているので、見落としがないよう注意が必要。更には、JUMP以外も取っておきたくなることがある。だいぶ、心を鬼にして処分するようにしていますが、出来ないこともある。だいたい、この「心を鬼にする作業」がツラい。恐らく何年後かに大化けする子たちの初々しい時代が切り取られていたりする訳ですよ。でも心を鬼にする。あと、ロングインタビューものも困る。他のグループであってもうっかり心打たれたりしちゃう。それから、今もっとも旬と言えるNEWSはヤバい。テキストで良いこと言ってたり、ビジュアル良かったり、コヤシゲ相思相愛とか繰り出してくる。やめてくれー! それから、キスマイの横尾さん、メガネ掛けたりすると大変ヤバい。昨日は家族不在につき、夜はオタ活の「活動その2:雑誌ファイリング活動」を遂行していたのですが、横尾さんのところでいったん保留にしちゃった雑誌ありましたよね。あと、松村北斗くんも最近ヤバい。心を鬼にする気持ちがぐらつく、保留。ってなる。横尾さんにしろ、北斗くんにしろ、黒髪ヤバいですね。

で、モチロン大本命、自担こと伊野尾さん。モノクロでみんなに一斉に質問されたことに一言ずつ答えているページありますよね。「彼女が泣き出しそうだったら、まずどうする?」みたいなの。まあ、だいたいキスとかハグとか言ってくる伊野尾さんですが、これもやっぱり取っておきたいよなぁ。なーんてやっていると、1冊の雑誌からの収穫量がなかなかのものになる訳です。最初は、これを1枚ずつクリアポケットに入れていき、ページをめくればそのまま閲覧出来る状態でファイルしていました。そうしたら、結構エラいことになっちゃうんです。一冊のファイルに一カ月分の各雑誌が収納出来ないんですよ。いやいや、ただでさえ隠し場所に困ってるんだって 泣。じゃあってんで、一つのクリアポケットに何枚も入れる方針にしてみましたが。見返す時に一々取り出さなくちゃなんだな、これ。あの発言はどこだったかなってパラパラ探せないではないか。

というように困っているのに加えて、前述の通り、心を鬼にし切れない事案が度々発生して作業が滞留、処理が追いついていないのです。隠し場所にも限界があるってのに。じゃあ作業しようって雑誌たちを取り出す時、もうよっこいしょって感じですもの。なかなかの量ですよ。ちなみにですけど、「WITH」とかのファッション誌は見えるところに置いているので、それは除外したドル誌だけで大変な積み重なりぶりです。

それなのに、買い控えようという気に全然なれない自分がこわいですわ。雑誌を買う、といういわば蛇口が開きっぱなし。壊れてる。普通の雑誌もついうっかり買っちゃう。まあこれは気をつけていくとして。しばらく本気で雑誌整理活動に力を入れようと、さすがに考えている次第です。