読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「そし誰」最終話翌日のオタク。

「そし誰」最終回から明けての今日。まだ余韻から抜けられません。そりゃそうですな。「カラフト伯父さん」を知らない私には、初めて見る伊野尾慧を堪能出来てさらに沼深くなった感があります。それに本編で明かされないまま謎で終わってしまったことが色々ありますよ。あんな日下さん見た後では謎なんてだいぶどうでも良くなっているとはいえ、考えちゃいますよね。

一番引っかかるのが、斎藤さんの死体。霊安室から盗まれた後、山荘の冷凍庫に保存されちゃってましたが、誰が何のために、というのは本編ではとうとう触れられないままでした。監督さんのTwitterで、運んだのは馬場さん、あの山荘の名義はお母さん、と解説がありましたが、これ、Twitter見てなかったらわからないよ!そして、そうした理由は公式設定ではされていないらしいです。そんな馬鹿な。監督さんの自分的補足、という事で「命令したのは日下」「目的は警察の捜査を撹乱させ、世界を孤独にするまで新一を逮捕させないようにするため」とありましたが、じゃあ、お母さんが急に慌てて妊婦である早苗をその山荘に行かせた意図が全然わからない。小山内さんが同行するかどうか、お母さんにはわからないし、早苗一人で死体を見つけられたかどうか分かりません。意図もわからないし、行き当たりばったり過ぎる。妊婦に衝撃を与えて流産を狙った、とすると黒過ぎる上に、そこまでする動機の描写がなさ過ぎる。

あと、誰か教えて欲しいですが、日下さんの部屋で、万紀子母さんが新一さんを刺そうとナイフを取り出すシーン。どこから出しました?あのナイフ。むき身でしたよね。急に、透けるほど薄手の服から取り出されて、手品?ってなったんですけど、ならない?まあ、そんなことは些細なことですね。日下さんの包帯が「行ってきます」の朝、なかったどころか、傷痕すらなかったことに比べれば 笑。あのせいで双子説まで飛び出したってのに、口数の多い監督さんのTwitterですら、完全スルーで終わっちゃった。まあ、あのシーン好きなんですけどね。冗談であの「行ってきます」シーンにセリフ付けてた方がいたんですけど、「お母さん、チェロのお稽古行ってきます。」だって。あはは、可愛い!そして、案外ぴったり。全体的に、このドラマ。伊野尾担が制作したのかと思ってしまうくらいに、伊野尾さんの良いシーンだらけなんですよね。最終話なんて、川野瀬殺害後のニコニコと子供にボールを投げる日下さんも、ビルの壁にもたれて「どう?殺した?」と電話する日下さんも、小山内さんと暗がりでやり取りする日下さんも、演技もビジュアルも良すぎて惚れ惚れします。ちょっと主演の藤原竜也さんに申し訳なくなってくるんですが、でもこのドラマ、かなり藤原竜也ありきで作られていますよね。過去作品へのオマージュと言っていいか、こんな藤原竜也見たいでしょ?というためだけに、撮られた場面ありますよね。定食屋での絶叫、地下組織で自分のナンバーがオークションにかけられる、白い部屋でのパズル、雨の中ずぶ濡れでゴミ捨て場に座り込む、上半身裸で床を叩いて慟哭、寝食忘れて高度なプログラムを組む、地図を広げてテロ計画を確認、ドローンが自分の上空で旋回するのを茫然と見上げる、小山内に突然暗闇に引き込まれ口を塞がれ壁に押し付けられる。藤原竜也ファンだったら、最高のシーンばかりです。が、話の流れとして不可欠かどうかというと、話として必要というより、このシーンが撮りたかっただけなんじゃ、という疑惑は否めない。藤原さんのシーンに限らず、「7つの罪」って言いたかっただけだろ。とか、ドローン飛ばしたかったんだね、とか、まぁ色々思うところはあります。だいたい、世界観や雰囲気が第何話かによって違い過ぎですもん。だから良く言えばアソート感たっぷりで色々楽しめて楽しい。でも連続ドラマとして考えると、とっ散らかってはいたなぁと思います。伊野尾担は満足だけど、原作無しのオリジナルミステリーものと聞いて食いついたファンは、不完全燃焼だろうなぁ。毎週、予告に振り回されてドキドキして、最後がストンと終わっちゃって。国家を揺るがす陰謀かと思わせる始まりだったのに、言っちゃえば、藤堂家のお家騒動、兄弟喧嘩。まぁ、だから結果的にシェイクスピアっぽさが出たんですよね。伊野尾担的には、伊野尾さんのPVですか!と思うほどの仕上がりで満足だし、結末のあっけなさに茫然、広げた風呂敷、畳まずにぐちゃぐちゃに丸めやがりましたね、と思ったり、と何とも言えない気持ちです。誉めたいのか文句言いたいのかどっちなんだろう。でも、こんなに振り回されたドラマありません。いろいろ突っ込みたいところも含めて、楽しませてもらったドラマでした。そして、今夜もリピりますよー。


さて、「そし誰」ロスを何よりも恐れていたのですが、今日は「有吉ゼミ」にたかけと出演ですね。激辛特集だって。そうか、激辛ならこの二人、選抜メンバーだ。辛いもの得意なツートップですよね。がんばれー笑。

さらに、シングル発売の発表が。ありがとうございます。ロスとか言ってる場合じゃない。なるべく残業せずに会社飛び出して、予約して来ました。アルバムの時の右往左往を思い出して、早々に店舗予約して来ましたよ。アルバムの時は、お店でHey!Say!JUMPって口に出すのが本当に勇気いったのですが。今回はだいぶ平気でした。オタクレベルが上がったんだと思います 笑。たまたまだと思いますが、この日に発表する事を決めてくれた人、ありがとう!