読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

ネット時代における新規オタの素朴な疑問


伊野尾慧情報を求めてネットをぐるぐるしておりますと、今、何よりも皆さんが心痛めてるのがコンサート当落情報ということが分かります。申込みが始まって以来、当選祈願をテーマに加工した画像を上げていたり、今日こそはと思ったのにまだだった、とか。気をもんでしまいますよね。そして、びっくりしたのが、当落情報って、「発表しましたよ」って通知が出てから電話かけて確認しなくちゃいけないんですか?ほんとに?メールで結果のお知らせが来たりするんじゃないの?それか、そもそも申込みするのに、FCに入ってなくちゃダメなんですよね。FC会員しか見られないサイトとかあるのでは?そこのマイページにログインして確認すればいいことなんじゃないの?と、疑問でいっぱい。どうやら、申込みもネットでは出来なくて、郵便局で振込しなくちゃダメらしい。例えば、3公演申し込んで2公演当選したら、1公演分は返金されると。事務工数、ハンパなくないですか?申込みの際に、クレジット決済情報登録しておいて、当選発表されたら、確認ボタンから決済に進めばいいんじゃないかな?  そもそも、いつ当選発表するかが事前公表ないってのもびっくりです。いろいろな事情あるのでしょうけれど、非効率だし処理してる方々大変そうだし、ファンも気の毒ですし。普通に皆さん、ネットでお買い物してますよね。Junny'sWebだって、クレジット決済で毎月課金されてますよー。


あと、コンサートといったら顔認証での入場。これもどんどん進めてもらって、転売業者の入る隙間をなくしてあげたら、もっと適正価格でコンサートに行けるファンが増えるのでは? 顔認証って、写真付き身分証を入口で提示してスタッフさんが目視で本人確認する、なんていう、もどきじゃなくて、3秒くらいでシステムが顔情報確認してくれるアレです。事前に顔認証情報を登録しておいたICカードを入口でスキャン、顔もセンサーで情報取得、一致してたらチケットがその場で発券されて入場出来ます。ももクロは一昨年から導入してますし、B'Z、BABYMETAL、福山雅治とか有名どころも実績あり、です。顔認証というと、自分の顔写真を登録するなんてコワい、っていう気もしますよね。でも顔認証ソフトって、顔の情報を数値化したデータで認識するんですよ。サーバーに保管されるのは数値データなんです。写真も保管出来るのですが、もし、女の子が多いだろうJumpのコンサートで導入するなら、数値データだけにして欲しいですね。だんだん、運営会社の方への訴えになってますね。ゴメンナサイ。顔認証って今、群集の中から一人をぱっと探し出せるくらい技術が洗練されてきています。入場がスムーズになったら、コンサート前に体力消耗が抑えられていいんじゃないかな?

私自身はコンサート行かれないのですが、ここしばらくの「これってなんとかならんのか!ファンも事務局も現場スタッフも全員大変過ぎる!」という思いが勝手に募ってしまい、うざめの記事になってしまいました。申し訳ないです。