楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

伊野尾さんで。

おはようございます。「いたジャン」深夜枠の放送って、もしかしてあの総集編みたいなのが最後だった? 昨夜は別の番組でしたし、次回放送予定がまだ「新企画も続々撮影中!詳細はしばらくお待ちください」ってこれは10月までお預けかー。昨日発売の「週刊ザテレビジョン」は、「いたジャン お引っ越しSP」でしたけど(時間枠の移動だけで特集して貰えるのよく考えたらすごいし有難い)、メンバーが口々に「応援企画」いいね、と言っていて、今までで充分多かったこれらの企画が益々増えそうな…。確かにジャニーズの冠番組て沢山あるので「ハートフル、ほっこり」かつ「優等生」方向って差別化かもね。だって、「ABCchanZoo」なんて、さすがテレ東の深夜枠、ふざけてるというかアイドルにここまでやらす?!って感じですし、「キスマイBUSAIKU!?」は反対に深夜にお引っ越しして「超(スーパー)」がついて、より刺激的で「大人の」テーマに挑戦するらしく視聴者をドキドキさせる方向。「関ジャニクロニクル」は明らかにこちらを笑わせに来ています。確かに「ハートフル」の枠は空いている。だがしかし!「くだらないことを一生懸命やってわちゃわちゃ。あー平和」枠も、空いてるよね、ね。(念を押してみる)

木曜は「めざまし」をリアタイして、「いのお飯」後に「いたジャン」や「リトラ」の録画確認するのが習慣なもので、朝からつい失礼しました。今朝の伊野尾さんは、「寒暖差にやられて、鼻がぐじゅぐじゅ」らしい。お大事に。でも、めざましのタイトル画面からスタジオに切り替わってすぐ伊野尾さんを見た時にちょっとニコってしていたのに、番組開始1秒で癒やされましたよ。体調万全じゃないのにありがとう。そして今朝も前髪が右下がり。めざましだけで見かけるこの謎の右下がり。何故なんだろうな。右だけもともと少し長くカットしているのだろうか。

「いのお飯」は、今朝は新人の久慈アナ。食材が「新米」、自分も「新米」。それを見たいのたてコンビが、人差し指ぴーんで「し・ん・ま・い☆」「し・ん・ま・い☆」ってふざけていて大変楽しそう 笑。「怒られますよ」って立本先輩に言う伊野尾さんですが、君だよ 笑。二人がワイワイやっていて嬉しいです。宮司さんなら「早く食べて下さい」って怒られるところかな。「しっかり女子とふざけてる男子」芸が好きなんです、いのお飯。欲を言えば、大好きな白米にお魚。もっと、もっと!口一杯に!頬張って欲しかった!君の頬袋にはまだ余裕があるだろう。一口の量が普通の量だよ、それじゃ、ってワタシは「いのお飯」に何を求めているのだろう。いやもうだって、口一杯にごはんが詰め込まれてモグモグしているの、マナー的にはどうか知らんけど、見ていて最高にデヘヘってなりませんか!(熱弁)  …あぁ朝からまた、人に見られたくない内容を書いてしまった…。

そして、な、なんと「伊野尾ピクチャー」に、薮様と髙木くんが!! また、「分かってる」写真が来たよ、ありがとう伊野尾さん! 三重のコンサート帰りにSAでアイスクリーム買って食べたのか、うん、うん、こういうの求めてます。写真撮るのに明るいところがここしかなかった、って、「伊野尾ピクチャー」用に撮影場所求めてウロウロしてくれたのだろうか、やぶたかとともに? 薮くんのあごマスクが芸能人ぽいところに何かドキドキしますし、これはダメージジーンズに裾の方には何かペイントしていますか。髙木くんが、MusicBitのブログに載っている時のような「素」の感じなのもステキ。そう、ジャニーズってネット上に写真上げるのって100%NGかと思ったら、期間は多分限定にせよ、そしてもちろん転載絶対禁止なんですけど、こういうこともあるんですね。あと、Music Bitで、遠藤さんにもスタッフさんにも「雄ちゃん」と呼ばれていることを知って、今更ながら萌え転がっています。どうせエリア的にも時間的にも聴けないからなーって諦め過ぎていて、今更知りました。いい話だ。

そんな髙木くんの横にしゃがむ伊野尾さんがまたかっちりセットされていない髪で、何だかまたデヘヘとなりました。めざましで見るようなカッチリした髪型より、このサブカルかぶれの学生さんみたいなストンとした髪が非常に可愛いです。しゃがんでいるのも、口をあーんってしているのも、手にアイスクリームを持っているのすら、何もかも可愛いや。でも、情報番組には今の髪の方がいいかも?

実は、本当に久しぶりにうちの部長と伊野尾さんの話題でメールしてしまったんですよ。普通の仕事のメールの終わりにぽつんと「今日はカワウソくんとたわむれてたね」的なことを入れてくる部長が悪い。え、部長!伊野尾さん気にしてくれてますか?!  でも、「めざましは毎日見ていて、着替えながらふと見かけた」と、あくまでも「熱心には見ていない」ことをさりげなく織り込む部長。それでも「最近髪がみじかくなった。←若返った?」などとおっしゃるので、まあ、それでもいいや、一般の大人男性から見て、短いのと長いのとどちらが好印象なのか尋ねてしまいました。そうしたら「長さはともかく、ボリュームがあった方が似合うのではないか。色は、暗めの茶色がいいのでは」。「黒は想像できない。が、キューティクルの輪が出来そう。シャンプーのCMきたりして」いやもう、クソ忙しい中ありがとうございます、部長!おかげさまで、ますます午後の仕事頑張れました! グループでは既にコーセーのFORTUNEというブランドのシャンプーCMをしているのだと言うことだけは書き添えましたが。女性用のシャンプーなんて知らないだろうな。

とりあえず、部長に何かしら印象を残したらしい今日の「イノ調」、カワウソくん回、楽しみでなりません。ちなみにこのカワウソのちぃたんて、なんとカワウソ初の冠番組(千葉テレビ「カワウソちぃたん☆が行く ホントの日本」http://kawauso-japan.tv)を持っている子だそうで。スゴいな。カワウソにして「可愛い」のプロかもしれない。「カワウソのちぃたん」で検索すると、Twitterアメブロもインスタも公式動画も出てきます。撮影時、カメラが回っていないところでもヨシヨシしたり遊んであげた伊野尾さんだったそうで。なんて書いていたら、もうアタマの中、カワウソくんと戯れる伊野尾さんでいっぱいに。は・や・く、家に帰り着き、家族が寝静まって、録画見たい!

以上、脳みそ一切使ってない記事で、大変失礼しました。今日のテーマって何だ?「伊野尾さんで、デヘヘ?」「伊野尾さんで上司とコミュニケーションを取り、仕事のモチベを上げる?」わからんまま、緩くぬるっと終わります。


(めざましテレビ 2017.9.21)

ウルトラFES 2017。

月曜日の「ウルトラFES」、ジャニーズは一応対決の形を取ってお届けされていましたけど、対決…でしたかね?ただ、冒頭のエビキス、エイトとWESTの関西チーム、V6とTOKIOで同期っていうのはまあ馴染みのある組み合わせだったのに対して、NEWSとSexyZoneてちょっと珍しかったですよね。今まであまり絡んでこなかったイメージです。

今回、JUMPの曲が「キミアトラクション」と聞いた時、確かに何で今「キミアト」なんだろう、どんな意図で?と思いましたがそれは番組見て納得でしたが、それよりも一番選曲で「え?この曲なの?」となったのが、セクゾくんの「Ladyダイヤモンド」でした。他担でもサビくらいは知っている有名曲。でも、Sexy対決らしいのに、あの曲?と思った時には、頭の中で声変わり前の可愛らしい声での「れーでぃ、れーでぃ、だいやもんど!」が流れたもんです。声の高さ可愛らしさとしては、ちぃちゃんの「かっぜをきれー!」くらいの感じです。近年、オトナっぽさを出していこうとしているSexy Zoneなのに分が悪くないか。と、思ったら、台詞対決か。あの、俳句風のセリフが入ってくる曲って、これだったか。そして、あの可愛らしさが頭にある分、大きくなったなぁーオトナになったなぁーという印象を視聴者に与えたんじゃないでしょうか。

一方、NEWSはオトナの自虐などを織り交ぜて上手くまわしていた印象。小山くんのMCも本当にこなれていたなぁ。MCこなれていると言えば、冒頭に出てきたA.B.C-Zの河合くん。塚ちゃんのトークが迷走し始めるとすっと後ろから出てきてまとめ、また下がる。その繰り返し。職人???と思うくらいでした。キスマイの過半数トークもいけるのに対し、やっぱりエビさんのところは河合くんが突出しているのかなぁ。

そして、とっつーの笑顔が可愛いのはいつものことなんですけど、はっしー!お焼けになりましたね。普段色白JUMPくんを、中でも色白に定評のある伊野尾さんばかり見ているもので、驚きました。そして、爪の色が黒いぜ!実はドル誌でも、HiHi,B少年たちとオフショットぽく集合写真撮った時に、はっしーの足元に目がいったものです。黒のペディキュアしている!私服も古着で奇抜なものを着て楽しんでいるらしい。オシャレが楽しいんだな!ん?おいおい、君はエビではとっつー担じゃないのかって?そうですよ、相変わらず「伝打伝助」読んでキュンとしてますよ。

シルエットとか腕だけとか、コンサート舞台裏の衣装ラックとか、ジャニーズでギリギリ載せられかつ臨場感ある写真でファンをドキドキワクワクさせてくれるし、そうかと思うと最新の記事はまるで短編小説のような始まり方だし、え?とっつーも「ライフイズビューティフル」(1997年の伊映画。このオタク史上「泣ける笑顔」賞 第1位)好きなの?え?ジャニーズなのに、ユリイカ!(エウレカ。発見した。見出した。みたいな意味)とか叫んじゃう? 厨二感あるなぁ…。そういうちょっと面倒くさそうなところや熱いところも含めて愛しい、みたいな感じがまた沼。そして、薮くんの名前を出して記事を締めるところね。お互いツアーもあってドラマもあってなかなか会えていないのかな。でも、あたかも「薮とは魂で繋がっているぜ!」と言わんばかりだよ。


ウルトラフェスの話題に戻りますね。ワタクシこういう大型番組で嵐兄さんを見かけると、やっぱり「別格」なんだなぁ、やっぱりもう「高い」ところにいるアーティストなんだなぁという気がしていたのです。それがもう勝手な個人の印象なんですけども、今回すごく一緒の目線に降りてきてくれた感じがして、めちゃめちゃ楽しかった。歌は正直そんなに知らないんですよ。でも楽しんでしまいました。そう言えば「GUTS!」って親戚の男の子が小1くらいの時に「一番好きな歌!」って言ってたなぁ。今回、こりゃ楽しいし、男の子が好き!って言うのも分かるなと思いました。あと二宮くんがすごく画面越しに目を合わせてきて(自意識過剰?)、他担でもドキっとしたので、これはウルトラフェス落ちのニノ担が全国に量産されたのではないか。そして、「背中に先輩の圧を感じる嵐」演出に笑いました。圧力かけてますよーって顔芸する国分くんもね 笑。JUMP 担からしたら、嵐兄さんが後輩状態なのも新鮮な感じがしました。

さて、JUMPくんたちはジャニーズ内ではなくて、松岡修造さんとの絡み。前日までの寒さと荒天が嘘のように、暑いくらいに晴れ渡った月曜日でしたが、修造さんの生放送出演日にこのような晴天になるとは、修造さんマジ太陽神 笑。(ネット界隈でまことしやかにささかれるアレです) そして、何故「キミアト」だったかって、こんなに修造さんと絡むし、殆ど「世界体操」の番宣だったからなのだな。たしかにこれが一番合わせやすいって、非常に納得しました。知念くんが「世界体操」の話をオフィシャルにする時の鉄板ネタ「修造さんと同じ画角に入れないかも」が、今回も披露されていましたが、まさかすぐに別の意味で現実になるとは。伊野尾担だけが多分噛み締めたに違いないです。お判りでしたでしょうか。座っているところを引いて写す、座っているところを順番にナメて写すっていう良くある絵。あれ、JUMPって8人だったかなー。圭人くんの隣って誰もいなかったかなー。…い・る・よー…。伊野尾さんいるよー(静かな怒りを表現してみた。光くんのらじらー「ゾッとした話」風に読んでみて下さい 笑)。まさか、「同じ画角に入れない芸」?? そんなバカな 笑。伊野尾さんて端っことか後ろとかでも、こういう時になんかちょっとふざけたりするじゃないですか。だから、何かやってないか注視しちゃうんですよ。ちぇ、何か面白いことやってたかもしれないのにな。実際、歌前に端っこで大魔神みたいになってました。だし、歌の中でも楽しそうな伊野尾さんとJUMPが見られたからなぁ。(あと、以前のリトラ並みにガッと足開いて座っているのも、拝見しました)修造さんを中心にわちゃわちゃしているところとかね。知念くんも、可愛いと凛々しいのハイブリッドだったよ!トークもしっかりしていて、安心して「世界体操」に送り出せるよ。


そして、今回、今井翼くんがとても印象的でした。タッキーに繰り返しキスして笑顔で、まるでファンに「心配しないでね」と伝えてくれているようでした。だからか、番協の皆さんの声が歌の合い間に綺麗に「つばさー!」って揃った時に、鼻の奥がツーンとしてしまいました。このオタクには何も言うべき言葉も持ちませんが、あの声はジャニオタとして忘れられないと思います。


(MUSIC STATION ウルトラFES 2017  2017.9.18)

3大ドームツアーってどのくらい凄いのか考えてみた。

JUMPの三大ドームツアーが発表されました。ファンの皆さんが喜んでいる。各情報番組で取り上げられ、スポーツ新聞に載り、ネットニュースにも載る。すごいことなんですね。正直、このオタクがJUMPのことを知った時には、すでにJUMPは凄かった。元々ドームは経験済み、2015年の年末にも京セラドームでライブ済み。もっと前にはアジアツアーなんてこともやっている。そして、今年はとにかくみんなチケットが取れないのが当たり前。なのに、東名阪3箇所のドームでコンサートをやるって、JUMPにとってそんなに凄いことなの?

うん、凄いことなんです。

ワタシ、少し前に気になって軽く調べていたのですが、ツアーと言っても、会場のサイズにはクラスがあって、ざっくり「ライブ会場」クラス、「コンサートホール」クラス、「アリーナ」クラス、そして「ドーム」の順に変わってくるんですね。ジャニーズのライブも、Johnny's netのコンサートページを見ても、ツアー名称の後にカッコ付きで、(アリーナツアー)とか(コンサートツアー)などと書いてあります。そもそも、ワタクシ、オタク成り立ての頃なんてアリーナクラスとはなんぞやってところから始まってますからね。そして、今年「ドームツアー」を行なっているのは、嵐と関ジャニ∞だけ。キスマイが昨年まで4大ドームツアーを行なっていたにも関わらず、今年はアリーナツアーであることを考えるとその厳しさが分かります。収容人数も、今年JUMP がアリーナツアーで使っている会場が、福井の約10,000人から横浜アリーナの約17,000人ぐらいであるのに比べ、今回発表されたドーム会場がナゴヤドーム約40,000人から東京ドームの約55,000人。福井公演5回分の人数を一気に収納してもまだお釣りが来る東京ドーム。ついでに、良くアーティストのライブ会場として知られている日比谷野音(日比谷野外音楽堂)が3,000人ちょっと。いのちゃんがV6さんのコンサートに行かせてもらってもその構造が気になると言っていた(嵐旅館にて)代々木第一体育館が約13,000人。アーティスト憧れの聖地のような武道館が約15,000人。

こうやって一つ一つ考えていくと、漸くその凄さがジワジワと沁みてきます。今回のドームツアー、ざっくり人数数えてみますと、大阪(諸説あるが45,000人でカウント)×3公演+名古屋(40,000)×2公演+東京(55,000)×3公演で、ざっくり38万人の動員になります。映画で38万人も動員したら、なかなかですよ。映画の方が金額的にも安く、当日思い立って見られるという気軽さがあるにも関わらずですよ。今回のドームツアーの公演数は8公演ですが、横アリの人数で割ったら、22公演分でもまだ足りないくらい。

そして、何よりもJUMPくんたちが本当に嬉しそう。「ジャニーズあるある」だと言おうとして、「ジャニーズあるなる」と噛む山田くん、それに突っ込む伊野尾さん。ジャニーズあるあるでメンバーも、直前まで知らされていなくて、いざ知ったら嬉しくて、発表の後の歌で壊れたように踊りまくり(伊野尾さんがテンションアップルな時に、歌番組で振付無視ではちゃめちゃに動いている時ありますけど、あんな感じなのかな 笑)、それを多分向かい合わせで見ていた山田くんのツボに入って笑いが止まらなくなったという話。しかも、その後も引きずって「あの滅多にミスしない山田が、ちょっと歌えなくなってた」ってらじらーで伊野尾さんも言ってましたし、数々の断片的な現場レポで拝見しました。なんて楽しそうなんだろう!

もう耳タコだと思うんですけど、JUMPくんが楽しそうにしているのを見たり聞いたりすると、こっちも嬉しくなって寿命が延びるんです。皆さんも延びてるなーって思いませんか?(同意の強要 笑)

確かに、まだ3大ドームツアーであって、札幌も福岡も入ってはいません。嵐兄さんに比べると、年間動員数はまだまだ比べ物になりません。でも、3大ドームツアーって、かなりすごいことなんだ、とこうやって記事を書くためにそれぞれの箱の収容人数調べたり、足し算してみたりなんだり色々してみて、しみじみ感じ入った次第です。諸先輩方が、恐らく実感としてどのくらいのことであるのか分かっているのに対し、まずはアタマで理解したというところでしょうか。


そうか、そんなに凄いんだな、と記念にスポーツ新聞も購入しました。うちの近所で買えるスポーツ新聞の中で一番扱いの大きそうだった「スポーツニッポン」を購入し、切り取ってファイルに入れようとして、A4サイズでは入らずワイド版に収納して、そうかこれだけのスペースを割いてもらったねぇ、と嬉しくなりました。衣装も素敵だね!この山田くんがデニムっぽいの着ているこの衣装は「I/O」用でしょうか。圭人くんがバンダナをしていて何だか男闘呼組リスペクト風。情報番組で、踊っているのを見た時は、裕翔くんがあの長身をいっぱいに使って、右に左に折れ曲がっていて(こんな表現でゴメンなさい。なんて言ったらいいんだろう)メチャメチャ目を奪われましたよ。知念くんのこの衣装も色のバランスいいよね。いのちゃんは、相変わらず手が美しく見える独自の動きなんですが、振りがピタリピタリと決まって以前より力強さが加わったように見えます。なーんて一枚の新聞記事を前にまた長考。パタリとファイルを閉じてやっと現実世界に戻った日曜日でした。

少年アリス。

家族がずーっとテレビ部屋使っていて(デスクトップのパソコンもここにあるので。久しぶりに徹夜か、お疲れ…)、「オカ調」も見れていない上に今週の「いたじゃん」も行方不明のままなので(捜索の続きが出来ていない)、またどーでも良さそうなこと書いてみます。(というか、横アリライブですよね。みんな楽しんでるかーい!そんな日に、ライブと全然関係ない内容でお届けしますよー)


いや、今月の「POTATO」見ていたら、気になってしまって!何がって、これ、「不思議の国のアリス」な訳じゃないですか。誰が誰なんだろう、ということです。そもそも、後ろのページで「衣装に合わせたポーズしてみよう」っていうのをやっていて、そりゃもうしゃがんで上目遣いな知念ウサたんが、ポーズも表情もアリスの世界観まで表現してるんじゃないか?って100点満点、優勝だったんですけどね。でも、圭人ネコも特別賞だったな、すんごくネコ。

ここで、また「心を無にしている」薮くんがいて「伊野尾と双子コーデ…」って笑。確かに、やぶひかならまだ諦めがつくだろうに、やぶいので双子コーデは、そりゃ心を無にしたくもなりますよね。いつもファンのためにすみません。で、この黒白のボーダーに赤のサスペンダーで二人並ぶって、確かに見たことある。なんだろなー?って、調べ始めたのが発端でした。


◎やぶいの:トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダム。原作やディズニーではなく、映画「アリス・イン・ワンダーランド」の衣装デザインですね。ダムの方が少し高い声で喋るとあるので、ディーが薮くん、ダムがいのちゃんでしょうか。 アリスの世界観の中の衣装なら、もっとカッコいい衣装着せて欲しかった!とも思うんですけど、大ちゃんと3人で撮ったページが、それはもう、オモチャの国の大ちゃん王子と、護衛の親衛隊長と副長(もちろん薮くんが隊長)にしか見えなくて、元の設定:デブの双子 を見事に覆しているので許します。衣装がこれなのに、2人ともカッコよくなっちゃうのよねー。あー、剣を地面に突き立てて王子を護っているいのちゃんいいなぁ。


◎ひかちね:二人ともウサギさんなんですが、知念くんが「あー忙しい忙しい!」って懐中時計片手に走っている時計ウサギで、光くんがお茶会にいる三月ウサギですね。二人をここに持ってきたの大正解でした。この可愛くて賢そうな時計ウサギなら、アリスもついつい巻き込まれて不思議な国に入り込んでしまうのも分かりますね。光くんは、最近かなり「ひかにゃん」寄り(つまり可愛らしい雰囲気のビジュアルが多い)なんですけど、こういう開襟シャツに三つ揃えっていうレトロで粋な衣装似合うから。こういうのもっと着させてあげて欲しいものです。


◎圭人くん:ビジュアル的にとてもカッコよいので、らしくはないけれど、チェシャ猫なんでしょう。だってアリスで猫って言ったらそれしかないものね。チェシャ猫と言えば、常にニヤニヤ笑っていて、自身の姿を出したり消したり出来るという、まあ「くえない」キャラなので、あまり圭人くんぽくはない。でも、美猫らしさ満点!だったのでイイんです!


◎裕翔くん:この帽子を被っているからには、帽子屋ですね。似合う!帽子屋は、このオタクが選ばせてもらったとしても、裕翔くんか光くんでした。何故なら、こんな帽子とそれに合う衣装を一番着こなすのがこの2人だろうと思うからです。


◎大ちゃん:王冠などは付けていないのですが、とっても王子様っぽい大ちゃん。ただ王子様と言っても、いわゆるキラキラした王子様ではなくて、それこそ「だいきんぐ」みたいな、子ども感いっぱいの王子様。オモチャの国の王子様みたいな。でも、このアリスという世界観の中で割り振られた役は違っていて、多分山ネズミ。だってネズミの耳と尻尾がついているもんね。お茶会でポットから顔を出しているあの小さいネズミくんと思われます。(POTATO の公式見ると「オレ、あのちっこいやつなの、もう!笑」って言ってますね、可愛いね。で、「一人だけ、剣という武器があったのでヤル気満々に」って書いてあるんですけど、じゃあ、あの伊野尾さんがかっこつけて持ってた剣、大ちゃんのなんじゃないか 笑)


◎髙木くん:髙木くんが一番分からなかった!今でも迷いがあります。本人は、「マジシャンみたい」って言ってますが、設定の説明はなかったのだろうか。ハート、王冠というモチーフで考えると、ハートの女王様が最有力。でも、女王感出していないので、もしかしたら、ハートの王様の方かもしれません。だってちっとも「首をはねておしまい!」的な感じではないので。


◎山田くん:うん、アリスだよね。試しに週末にコッソリ女子小学生に見せて、何の役だと思う?と聞いたら「アリスでしょ」って、何分かりきったこと聞いてんの?扱いされました。いや、アリスって女の子じゃん?公式イメージとしてエプロンドレスとか着てますやん?これ、別に女装していないし、そこまでアリスに寄せている衣装じゃないでしょうよ? なぜ即答 笑。そのくらい、アリスなのすごいね。

いずれにせよ、箱の中から顔を出して、ちょっと困ったようにしている様子が、一人だけ異世界に迷い込んでしまった感が上手く出ていると同時にとても可愛らしいから、あのショットが大好きでなりません。山田くんて、確かにエースでカッコよくて、年若いのにみんなを引っ張っていこうとするアニキらしさもあります。でも、山田くんとJUMPの関係性って、それだけではなくて、メンバーから見たときには「可愛い山田、可愛い山ちゃん、可愛い涼介」だったりする一面もあると思うのです。ファンから見ても、年相応かそれよりも幼い顔をして、笑ったり困ったりわーわー言ったりしている山田くんて可愛らしいですよね。

例えば、カエルが怖い時の山田くん。(これがダメ!って、カエルの手の形真似しているところなんて、カエル苦手な山田くんには申し訳ないけど、めちゃくちゃ微笑ましい)

怖くて仕方ない吊り橋の上で、山「(薮ちゃん)キライ」というものの、薮「おれは好きよ」と返されて「オレも好きだよ」と言わざるを得なかった、ちょびっと八つ当たりからの素直な山田くん可愛い。(と、この薮くんのお兄さん感ね! メンバーの数々の思春期を見守ってきた薮くんの懐の大きさが自然に出てしまったようなシーンですよね)

けとじゃんで、圭人くんに、「暇だから相手して、今日はカフェに行って、あのマグロの生春巻のスイートチリソース食べなあかんわ」、なんて言って、素で甘える感じ、そして圭人くんに「ふふ 食べなあかんな笑」って甘やかされている感じ。

時々見せてくれる可愛らしさが、もしかしたらこのオタク的に、山田くんの最大魅力かもしれません。もちろん、他の数々の素晴らしいところがあるからこそ、なんですけどね。

自他共に認める負けず嫌いで、出来ないことがあっても出来るようにしてきた山田くん。負けず嫌いを隠すことなく、前に前に進む山田くんの中に確かにある可愛らしい一面。最近は、直近の演技仕事が「ナミヤの雑貨店の奇蹟」というハートウォーミングものである影響もあるのかどうか、優しい表情でいることが多くて、このオタクは可愛らしさが堪能出来て嬉しいのです。その一つが、この「POTATO」のアリスだったという訳です。少年のようなアリスくん、万歳。


なんてことを、手元に現物ない状態でも、延々と語り続けられるのコワイね 笑。今日は、通勤ではないのですが、外出し一人で長く待ち時間がある、という絶好のブログタイムが訪れたので、延々と語ってしまいました。


(POTATO 2017.10月号)


同名の小説やアーティストさんの名前がありますね。タイトル被り、失礼します。

連日、プレ販に行ってみた。

おはようございます。今朝は個人的に大変動揺しています。というのも、昨夜の「いたジャン」の録画がHDDの中に見つからない!からです。「リトラ」はある。時間重複などで、録画できなかった場合はアラートメッセージが予約確認画面に残るのだが、それもない。どういうことだ…。などと狼狽えていたら、時間ギリギリになってしまったので、動揺をおさえて家を出てきたんですけども。そもそも、先週、家族がHDDの中の大整理を行なったんです。容量も番組数上限も限界でしたし、家族の録画は未見もかなり多いので、整理をお願いしていたのは事実。だが、故意ではないらしいが、「リトラ」と「いたジャン」もごっそり消されてしまったんです!悲劇!なんてことだ!一応、毎週メディアに落としてはいたし、「リトラ」は先週WESTくんだったし、「いたジャン」は下積みちゃんだったので諦めはつく。(でも、リトラは来週予告に2人で麺をがっつく良きいのたかがあり、今週の本編にはなかった、というのを今朝知って歯噛みしてますし、下積みちゃんと言っても、元々落語好きなので興味深い回でした…)

そして、それが今週の録画に何の関係があるかと言うと、うちの機種だけなのかどうか分からないのですが、毎週録画するように登録しておくと、自動的にあたかもフォルダに入ったかのような形でまとめられていくんです。そうすると、最新の録画でもかなり前の場所に入っていくような見え方になります。でも、丸々ごっそり削除されてしまったので、今週からは一番新しい辺りに入ってくるはずなのです。現に「リトラ」は思った場所にありました。だが、「いたジャン」がいない。あ、本体内蔵HDDのほうに入ってしまったとか?いやない。何か誤認識されてまとめられてしまった?などと探してみたものの時間切れ。会社行かなくちゃ 泣。今夜、テレビ部屋を家族が使っていなければ、じっくり確認したいと思います。それにしても、今週はただの総集編かと思っていたら、未公開シーンも含まれているそうで。割と今動揺してます。トホホ。

さて、めざまし、今日も伊野尾さんが大変にキュートです。髪切ってから、男性というよりは男の子な可愛らしさが前面に出てきたと思うのですが、ライブレポなど拝見していると、ガシガシ踊っていると男らしくてカッコいい雰囲気なのだそうですね。その勇姿、円盤にちゃんとおさめられていますように。いつ発売なんだろう。来年初夏?既に待ち遠しいです。

そして、今日は「いのお飯」が新人アナの久慈さんだったり、食べるのはステーキから?ハンバーグから?やっぱりステーキから!っていう流れが微笑ましかったり、いつもにも増して、伊野尾さんのもぐもぐシーンを寄りで何回も見せてくれたり(サービスシーン!)していたのですが。何よりも特筆すべきは、今日は「イノ調」で「オカ調」だってことですよ!(ケト調じゃないんだね) 実のところ、Twitterアカウントを不可効力によりまっさらスタートしてから、一からまた流れてくるツイートの中から、なーんとなくいいなと思う人をぼちぼちフォローしていったら、比較的圭人くん担さんが多くなったんですよ。何というか、熱狂的なのに尖ってなくてホンワカしている人たち。おかげで、圭人くんがイノ調ロケ!?みたいにざわついているのも、早々に(火曜かな)見かけたのですが、それにしても「イノ調」ってこんなに「撮って出し」でしたっけ。いつ放送されるのかなーなんてノンビリしていたら、昨夜めざましくんが「岡本くんが伊野尾くんの専属通訳として登場!?」などと言い出して、え?今週なのー?もうなのー?って驚いていました。

ああー楽しみ。まさか、これの録画消えていたら暴れる!録画していることは確認済だ(いのお飯を朝からリピした)。

はー。この行き場のないエネルギーをどこにぶつけようか。今夜も、横アリのプレ販行っちゃうか? 実は昨夜、横アリ、グッズ参戦をして参りました。プレ販2日取ってくれるなんてありがたいですね。販売スタッフさんも多めに揃えてもらったようで、おかげで並ぶことなく、ストレス無く購入出来ました。ただ、売り場が3箇所に分かれていたので、えーとここで買うものは…って考えなくてはいけないのが若干面倒だし、かえって買い漏れがありそうですね。ちなみに、昨年8月が初めてのグッズ参戦なんですが、当時は「ここにいる人、全員JUMP担なのか!ウオォ!」「初めて、伊野尾さんってワードを人前で口に出した!」「売り場のお姉さんに、自分が伊野尾担だって告白しているも同然!ヤバい!」みたいなテンションだったことを思うと、だいぶ落ち着いて購入する事が出来ました。(それが普通だ 笑)

そうすると、やっぱりエースのポスター準備数って多いんだなぁ、とか販売スタッフさんの背中に番号書いたガムテ貼ってあるけど、何だろう?などと周囲を見渡す余裕も出てくるってもんです。

今回、ライブ参戦の予定もないのに、ペンライトも購入したのですが(昨年みたいに売り切れ騒ぎもなかったですしね)、確かにこれは嵩張りますね 笑。噂通り。あの、もはや時期的に、ここでペンライトの感想を述べてもネタバレじゃないですよね。これがワタクシの人生初のペンライトなんですけど。知ってたけど、でもそれにしても想像以上に「ペン」、ではないね 笑。自分用ではないですが、以前夢の海にてペンライト買った際は、一応棒状で先端がミッキーでしたし、他ジャンルのオタクに見せてもらったものは完全に棒のライトでしたっけ。そのジャンルのライブでは常にこれを腕を上げて振っているので、何がしんどいって、足でも腰でもなく、腕が筋肉痛になる、とも聞いて(しょっ中参戦するわけではないライトなオタクだからかも)、待って、この砂時計みんなどうしているんだろう、と大変気になりました。JUMPのDVDで見たときみんなどうしてたっけ…? ジャニーズのコンサートではそんなにぐいぐいペンライトを振ったりしないのか? いや、グループによるのか? いやいや待て待て。ウチワだって胸の位置厳守と聞いたぞ。ペンライトも上に掲げたりしないのかも。あと、この曲の時はこの色、とかそういう使い方はしないんですね。(少なくとも今回のペンラでは無理) 前述のオタクにちょこっとライブ映像を見せてもらったのですが、歌によって「緑とピンク」「黄色とオレンジ」「青と赤」等と、変えていくそうなのですよ。何となく周りを見て、全体がちょうどいいバランスになるように色を変えていくそうで、面白い反面、自分なら全然違う色をつけてしまって焦ったりしそうとも思いました 笑。まあ、とりあえずしばらく、うちにやってきたペンライト君は、気の毒ですが家の中で、夜中のこっそりなオタ活中の「カンテラ」として使わせて頂くつもりです。だいぶ「ファンタジー!」って感じの室内になりそうだなぁ。

さて、連日プレ販に行く馬鹿者ですが、そうなってくると目ぼしいものは昨日購入済みな訳で、何を買うんだとなりました。ちなみにこういったグッズって文房具みたいなものはあまりないんですね。他のグループでもエビさんのところでやっとカラーペンがあったくらい。普通に「I/O」柄の黒ボールペンとかあれば、会議に持っていくのは躊躇いますが、デスクでコッソリ使ってニヤつくのになぁ。Tシャツのあのデザインでどうでしょうか。だって、今日も思いましたけども、学校帰りの学生さん沢山いるんです。何故分かるって言ったら、制服だから。大学や専門学校や私服の学校の学生さんもいることを考えると、なかなかの学生率。シャープペンシルや、カラーペンなどの需要は高いのではないか?

あと、こんなに砂時計推しなら、それこそ砂時計が欲しかった。あのペンライトと同じデザインで。出来れば、ミニサイズで中の砂9色の9個セットとか。可愛いよ。スマホ用イヤホンジャックアクセサリーとかでもいい。ジャックに挿すと不便なので、少し部品外して、スマホカバー側に付けると思いますけども(ピーチガールのイヤホンジャックアクセサリーは、そうやって使っています。今もぶら下がってるよ。最初かなりな抵抗があったのにも関わらず、もはや慣れて、透明な青でゴロリと四角い形が気に入っています)。

あと、グッズではトランプがとてもとても欲しいです。もちろん、ジョーカー以外の52枚全てメンバーの写真でお願いします。多少定価が高くてもいいから欲しい。ただ、このトランプが真価を発揮するのはオタク同士で集った場合でしょうなぁ。オタク同士で、神経衰弱はもちろんのこと、独自にルール作ってJUMPポーカーするの楽しくない? BEST5人集めて「BESTストレート」とか。知念くん1枚とゆとけと2ペアで「ぼくととりんとりん」。光くんワンペア+やまいのたかで「今夜あなたを口説くから、どうされたいか教えてよ」。ありやまツーペア+伊野尾さん1枚で「金田一少年の事件簿 丈一郎さんを殺したのは誰?」ってもはや、役を作ったもの勝ちなゲームですね。ポーカーというより、手札を見ていかに、役が作れるか、相手が納得すればOKってことで。ゆとやまいのひかけと、と来たらどうしますか? ワタシならそうですね。「jazzバンドに挑戦!」てのはどうでしょう。いつもの楽器組4人に、山ちゃんがサックスですから、ここはジャズで。この組み合わせと役を考えていたら、まためちゃめちゃ時間が経って大変、でも楽しいから本当にトランプ売ってください。セブン(イレブン)で前に出したとか言わないでくれ。普通にグッズとして買わせて、頼む。

しかしまあ今年は売っちゃいないんですそんなもの。結局、かの女子小学生向けに、知念くんのフォトセットを買ったりなんだした上に、今回は一つこのオタクとしては挑戦したことがありました。それは「大きなかばん持ってないから、めちゃくちゃその存在を主張した状態で、ポスターを持って帰る」。いや、これは相当ハードルが高い。まだまだ精神的に隠れオタが抜けきっていないこのオタクには。だって遠目で分かるじゃないですか。あー〇〇担なんだ、って。昨年も、堂々とかばんからポスター覗かせて歩いている方を見てめちゃくちゃ尊敬していました。それを今年はやってみようと。やってみてしまおうと。

結果。それを持ち歩いている時の「こんなオタクが、〇〇くんファンで本当にすみません」感、これを何とかやり過ごすために、心をひたすら無にするしかありませんでした。正直、ちょっとした精神修養です。そして、持ち歩いたポスターが何色だったかというと、ええ、青及び黄緑ですよ。いきなり、2本持ちに挑戦してみましたよ。でも、勝手に設定したマイ ミッション、クリアです。よっしゃ!

もうこうなったら、チケット当選しようとしまいと、毎年頑張ってポスター買って、ポスター用のでっかいファイルも買って(まだ躊躇していた)、まるで絵画コレクションのような気持ちで揃えていこうか。などと、考えております。また深みに嵌っていくなぁ。

グッズ多ステ勢より。笑 なんつって。いや、ステージではないよね 笑。


(めざまし 2017.09.14)

(Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017 グッズ プレ販売   於横浜アリーナ センテニアルホール 2017.09.13〜14)

例えようもなく「コンビ厨」。

※中盤から、開き直ってキモオタ発揮してますので注意。

今週末のことですが、改めて自分は「コンビ厨」というものなんだなぁと思って頭を抱えたくなりました。ああぁあー、言いたくなかったなぁ。何というか、いいオトナだろ?と思う訳ですよ。やぶひかだって、もう少し若いころは「やぶひか」「やぶひか」言われるのがイヤだったといいますし、自担なんか明らかにそういうものをバカにしてる 笑。

勝手な想像ですけども、今現在の光くんはファンが喜んでくれるなら何でもしてあげたい、やぶひかで喜ぶならどうぞ喜んで欲しいというスタンス。薮くんは「光がそう思うなら俺はかまわんよ」。心を無にしての撮影、いつも本当にすみません。オタクは喜んで拝見しております。

裕翔くんは、オタクのオタク性を面白がって積極的に「やぶひか」発言してくれるので、オタク大喜び(いたジャンでの「やぶひかが作るオムライスだぜ!!」など枚挙にいとまがない)。

圭人くんは、ファンに喜んでもらうのは本当に嬉しいし、多分JUMP の中で一番のJUMP ファンであり、その意味では最もファンに近い目線でありながら、「やぶひか」「いのあり」などと自ら言うのは彼の中の「お洒落心」が許せないのであまり言えない。(しかしここで突然JUMP TO3のことを思い出しました。必要があれば口にしてくれますね)

山田くんは、バカにするとかではなく真剣に「コンビ萌え」は理解し切れないのだが、戦略的にJUMP をどう売っていこうと考えた時に「JUMP は非常に仲が良い」というのは売りであるから推していきたいし、何より自分の身を削って守ってきたJUMPだ、という熱い気持ち。

髙木くんもナチュラルに「コンビ萌え」は分からない。ただ否定もしない。へぇ、これで喜んでくれるの?なら、いいんじゃない 笑。

知念くんは、どう思っているんでしょうね。僕はみんなのアイドルだし、JUMPの中のアイドルでもあるから、あとはそこからみんながどう思って見てくれるかはみんな次第だよ。でも、みんなの薮様を宏太って呼べるのも、みんなの王子様山田涼介を財布呼ばわり出来るのも僕だけだからね♡羨ましいでしょ♡っていうファンサ。ありがとう。

自担は、まあオタクをおちょくるのが好きですよね 笑。そして、あんまり言われ過ぎると天邪鬼な気持ちが湧き起こってくるし、やるなら意外なことをやりたい。「いのたか」にしたって、らじらーで「ここ、仲悪そうに見えて意外と電話、1時間とか2時間(!)とかする」と言っていたので、もはやオタクたちが二人が仲悪そうだなんてこれっぽっちも思っていないことは気づかれたくない。え、ああ、そうそう、あまり仲良くなさそうだよね、っていうふりでいきたいし、間違っても#nhkらじらーのハッシュタグ付きで「いのたかって本当に仲良しだよねー。」なんて発言しないようにしたい 笑。多分、ファンに喜んで欲しい光くんは、「いのひか」も出していこうとしているんだけど、伊野尾さんの方は、同い年でファンから「いのひか双子」なんて呼ばれ方もしており、らじらーで毎週顔を合わせる光とだなんて、王道過ぎてイヤだと考えていそうです。ここまで、勝手に考えたことをツラツラ書いてまいりましたが。

さて、大ちゃん。今のこのオタクには大ちゃんが一番分からないんです。大ちゃんもファンが喜ぶことをしてあげようという気持ちが大きいと思うんですよ。でも最近の大ちゃんについてはコードブルー的なアップデートが激しくて、このオタクの中で新しいRev.の大ちゃんに慣れていないんですよ。その前にも「こどもつかい」「孤食ロボット」それに伴う各露出、などがあり、このオタクが自分の中の大ちゃん像更新に追いついていないんです。ファンの「コンビ萌え」についてどう思っているか。正直多分それどころじゃないよね 笑。でもむりやり考えるとしても「なるほどね。それもいいと思いますよー」って言ってるところしか想像できないし、本当のところはどうなんだ。大ちゃんはけして否定はしないけど。しないんだけどさー、って面倒くさいオタク発動しちゃうのでやめておきます。というか、何の話してたんだっけ。

そう、己れが「コンビ厨」だとつくづく再認識して、頭抱えた話ですよ。だって、先日のらじらー聴いたら三重のコンサート会場からの放送で、髙木くんも圭人くんも来てめちゃ楽しかったんですけど、いのたかもやぶひかもたかけともいのけとも転がっていてですね。幸せでしたし、今月の前半ドル誌も様々なコンビの宝庫でたまらんーってなっていた己れを、ふと我に返って鑑みてしまった訳ですよ。

これ読んでくださっている方も、土曜日のらじらー思い出して巻き込まれてしまいますように。ほら、色々ありましたよね。


※いのけと  これはワタクシ、かつてけとじゃんにいのちゃんがお邪魔した時が至高だと思ってるんですけど(早口言葉やってたり、やまちゃんにチョコ上げた?などいのちゃんが圭人くんをからかいまくっていたやつです)、らじらーでは前回の静岡、今回の三重で、圭人くんに爪痕残させようとばかり、こまめに話を振るんですよ。もちろん口説きも2種類やるように仕向けています。(今回は、チェッカーフラッグが誰にも口説かれてないなどと言い出して、圭人くんに口説かせる) はぁーお兄ちゃんだよー。そして、口説きを練習して収録に臨む圭人くんよ。慧兄ちゃんが一つずつ上がっていけばいい、って言ってましたから、あと2回来て、次回は第2位をそして最終的には勝利をもぎ取って帰って欲しい。頑張って!


※たかけと  これは名企画に育ちそうな「JUMP NO.1」。今回のこの企画は、本当にコンビ萌えの宝庫でした。特に「相談するメンバーNo.1」のところですよ。圭人くんは「雄也」って言うんですね。あれ、くん付けじゃないんだ。あれ、今までどうだったっけ。もしかして、ウォータースライダー企画で距離が縮まった?実のところ、ここに今まで注目していなかったということに気がつきました。でもね、圭人くんが言うんですよ。「雄也のイケボで、大丈夫だよ♡って言ってくれると安心する」って。ちゃんとイケボのところは、髙木くんぽく言っていて、これは言われたいね、と安心感があります。(ただ、いのちゃんも気が付いたら圭人くんの横にいて「大丈夫」って言うんだよね…涙←6/22けとぺより) そもそも、圭人くんて髙木くんに相談したりするんだね、「弱みを見せない主義(ビバナイ2017より)」なのに。ほっこり。そして、もう一つありました。「天然な人No.1は?」で、光くんと答えが揃ったたかけと。理由を聞かれて「ねぇ 笑」って声が揃うんですよ。揃い方が絶妙だから。あぁー顔を見合わせて、笑ったの今? はい来た!ほっこり来た!ってなりましたよね。ね。


※やぶひか 「相談相手」としてさらりと薮くんの名前を出す光くん。「やっぱり頼りになる」「来年、JUMP の11年目どうしようかと真剣な話をする」と。ああ、やぶひかだ。やぶひかーーって海か山に叫びたいような気持ちになりました。


※やぶいの 以前楽屋で口開けて寝ているいのちゃんの口を薮くんが閉じようとしてくれていたエピソードが好きなやぶいのの一つなんですけど、今回は「天然な人」で、他のメンバーが光くん、圭人、などと言う中、薮くんを思い出すいのちゃん。忘れ物が多かったり、移動車から降りる時にしばしば頭ぶつけていたり、何もないところで転びそうになっていたりって、まあオタクたちも知らなくはない話ではありますが、あの知性とカリスマ溢れる薮様が!ってギャップ萌えするあれを、惜しみなく全国生放送にのせる伊野尾さんブラボー。「薮ってしっかりしてるのに、そういうとこ天然だよな」って、恐らくことさらツッコむこともなく心の中で、ふふって思っていそうなところが、やぶいのー!


※いのたか まあ、割りと「いのたか厨」なんで今回もギラギラ聴いてましたけど。髙木くんの口説きを伊野尾さんが絶賛したり(ビチビチビチつっておれが好きなやつ!)勉強法の話で髙木さんには分からないと思いますけどって軽くdisる伊野尾さんを笑って受け止める髙木くんとかね、ちょいちょいあったんですけど、特に推すのは2箇所です。あれですよ。「相談するメンバーNo.1」で、伊野尾→←髙木のいのたか双方向揃った瞬間です。最初「おれ、いねぇー相談しねぇー」って伊野尾さんがまたさびしーこと言ってたんで、余計にオタク歓喜の瞬間! で、もう一つは、伊野尾さんの口説きに対するオタクたちのツイートを見た髙木くんが「じゃあ、やってみろってんだ、なぁ笑」っていのちゃんを庇うところですね。光くんも割といのちゃんを大事にしてくれるのですが、髙木くんのこういう庇い方は新鮮で漢気あふれているし、いつものらじらーにはない雰囲気で、あぁいのたかですよ、ありがとうってなる訳ですよ。まあリスナーさんたちの野次り(?)「伊野尾くん真剣にやって」は、実のところ間違ってはないとオタクも思っていて、絶対に自分が勝たないよう、しかしつまらなくならないようにやった着地点があそこだったのではないかと。その意味で全力で勝とうとしていないので、「真剣にやって」はあながち間違いでもない。ただし、もし伊野尾さんが毎回全力で勝とうとしたら、全戦全勝してしまう可能性もあり、番組の企画としては成り立たなくなると思いませんか?(盲目的伊野尾担) でも、時々本気回もよろしくお願いします。(盲目的…略)


さて、どうしてイイ大人がこんなに「コンビ萌え」をしているかと言いますと、JUMPくんから「身の回り、日常生活では見られない お話の中のような 微笑ましさ」を見い出しては摂取し、美味しいお菓子を食べたような気持ちになっているからなんです。だって、いないよ! あんなに仲良しが極まってるような関係性と距離感、現実に身の回りには。いや、それはファンを喜ばせるために見せてくれる一面なのは知ってます。でも、一概にそれだけではないかも、と思わせてくれるのがJUMPくんたちの良さ。だいたい「付かず離れずの絶妙な距離感」なんてなー、普段身の回りで幾らでも見られるっての。というか、一般的にみんな「程よい距離感」で人は過ごしているんじゃないですかね。自分自身がぼっち好き故に、かえって真逆なものに憧れるし、夢かな?と思う世界を堪能しては現実世界で生きていくエネルギーにしているんですけども。だから、自担が割りとオタクの夢を醒ますようなこと言ってくるのには困ってます 笑。

そこで、7くんたちの7会ですよ。先月、BEST会をやって頂いた「WiNK UP」さんが、今月は7会を開催してるんですけど、なんて楽しそうなんだ。というか、楽しそうさが常軌を逸していて天界。BEST 会も楽しそうだし、素面で膝枕はあまり見ない光景だし、屋形船に横付けした小舟からアイス買ったりしたいわとこのオタクも考えましたけども。なんというか、はっちゃけてます。例えば、ポテトフライ使ってポッキーゲーム紛いのことするのは、なかなかファンサービスが手厚いにも程があるんですが、7くんたち見ていると、そんなことさせてすまぬ、オタクが喜ぶもんで申し訳ないねぇ、という気持ちより、単純に悪ノリ楽しそう!て感じなんですよ。まだ20代前半ていう年齢の若さもあるんでしょう。ゲームセンターで遊んでも、負けたらとても口惜しそう、勝ったらとても嬉しそう。という少年性と言ってもいいものを普通に持ち合わせていて、イイ大人からしたら大変キラキラして見えます、って書いていてかなしいな、笑。JUMP ってBESTも7も両方いて、非常に丁度いい按配なんだなぁと今さら感じ入りました。キラキラと落ち着きのブレンド具合が、このオタクの好みに丁度良くハマっているのでしょうなあ。ワタクシ伊野尾担ですけども、伊野尾さんがもしソロ活動のみをしているタレントさんだったとしたら、ここまで深みにハマっていないのかもしれません。伊野尾さんを入口に他のメンバー8人のことを考えているだけで、あっと言う間に時間が経ちます。コワイ 笑。そして、どんどんJUMP全体のことを考え始めると、9人いるからまあ考え終わらない。暇を持て余すということが、本当にない。ジャニオタになってから、暇だ、と思う隙間時間が実にない。その代わり、超絶暇な会議中に、話を聞いている振りをしながら、コンビ萌えに関する考察を繰り広げていたりするのはどうか内密に願いますよ。(←ダメな大人) 

今回の「WiNK UP」でもっともコンビ萌えしたのは、裕翔くん→山田くんのゆとやま。だって、関係性を表すのに「恋人」ってパワーワード過ぎる 笑。そのくらい、今、山田くんに対する感謝・尊敬・好きが溢れているんだろうなぁ。山田くんちに行っては朝帰りだという裕翔くん。相談しているというけれど、山田くんは夜を徹して相談にのってあげているのだろうか。熱い!熱いな!青春だな! やまゆとー!山田くんのアニキらしさと、それに素直に感謝しているらしい裕翔くんにぐっときます。多分、菅田将暉くんが「ピンクとグレー」共演時に、裕翔くんのことを「天使のようだ」と評したのはこういったところではないかと勝手に想像しています。


さあ、殆どこのオタクがキモオタトークを繰り広げているだけのこの記事、楽しく妄想の翼を広げ過ぎて、書くのに2日(正確には2通勤)かかってしまいました。本当に馬鹿ですねぇ。


(らじらー 2017.09.09)

と書くのも申し訳ないような内容…。

伊野尾担的健康と美容、その一端。

おはようございます。本日こそ、モチモチ餅尾さんについて。だいぶ涼しくなりましたね。伊野尾さんのスーツも、足首見えないタイプになりました。(え、先週違いますよね。見逃していたらすみません) とりあえず、今週も大変な美白です。白くてツヤツヤでモチモチ餅々していらっしゃる。そして何だかほわわーんとした雰囲気。ね、眠い?
だがしかし、ニュースコーナー、スポーツコーナーを経て、だんだん目が大きく開かれて「いのお飯」。「おっけい!」が勇ましい。本日の食材の紹介に出てきた「武将」に寄せてきている 笑。普段がほわわーんとしがちだからこそ、ほんの少し勇ましいだけで、おっ?となります。食材アワビの新鮮さを伝えようと、生きてる生きてるとアワビを押してみる立本先輩に、触っちゃダメですよ、な伊野尾さん。多分テレビ的には触ってアワビが動くところ映して新鮮さを分かりやすくお届けするのは正解なんだけど、実際鮮魚店などでやってはダメなこと。子どもも見ているかもしれないことを考えると、繰り返して「触ってはダメ」と、でも柔らかく伝えた伊野尾さんは教育的にありがたいですね。
今日の食材は、そもそも小ぶりなアワビであるのに加え、小さくカットされており(噛むのに時間かかっちゃいますからね)、アワビの炊き込みご飯もパラリと炊きあがっている様子でお箸に少しずつしかのらず、モグモグいのさんが見られなくて大変残念です。いや、「いのお飯」の何が楽しみって、とにかく伊野尾さんがお口いっぱいにモグモグしているところが魅力な訳です。あれこそ、リス可愛いの極み。
あぁ、ついに言ってしまった。本日、お気付きでしょうか。何とか「可愛い」というワードを使わないでいてみようとチャレンジしていたのです。毎週木曜日、とにかく「可愛い」「カワイイ」言い過ぎて、ゲシュタルト崩壊寸前な訳です。それに、お前は「可愛い」しか言えないのか、言葉を知らないのかって己れの頭の悪さに頭掻きむしりたくなるじゃないですか。何とか、「可愛い」を使わずに、木曜「めざまし」の感想を書いてみようではないか、との戦い敗れたり。いやいや、まだこの挑戦は続けていきたいと思います。
って言っている端から、首をコテンと傾けながらの「よろしくね」、フクロウくんとのツーショットピクチャー(フクロウの表情に似せていて、オタクの心を鷲掴み)、しまいには「イノ調」オープニングで「今日はかわいらしさ出していきますよ!」宣言か。(この宣言自体は面白テイストでしたが) さらには動物赤ちゃんとの触れ合いの数々(スゴくスゴく良かった、いいもの見ました)これを「可愛い」と言わずして、なんと言えばいいのか!でも、「可愛い」「首コテン」「アザとい」。伊野尾さんを言い表そうとすると、どうしても使いがちなこの言葉。なんとか他の表現はないものか。言い尽くされ過ぎなんだよ!これは勝ちの見えない非常に厳しい戦いであることは、承知しております。なるべく上記の言葉を使わず、伊野尾さんの魅力を噛み締めたいこの戦い。負けがチラつきますが、頑張ります。

さて、今週はひときわ美白でツヤツヤだった伊野尾さん。ツヤツヤしているのは良いことですね。一時期、吹き出物など肌荒れが心配だった時には、無調整豆乳はどうした、もう飲んでいないのかい?などと考えたものです。
実際、ワタクシ昨年伊野尾さんきっかけで豆乳を飲み出したのですが、美容に良い事なんて何一つ続かないこのオタクがこれはすっかり生活に根付きました。おかげさまで昨年来、冷蔵庫に無調整豆乳を欠かしたことは殆どありません。そのまま飲んだりもしますが、元々朝はコーヒー牛乳作って飲んでいたところをソイラテ風にしたり、豆乳と抹茶を簡易ハンドミキサー(本当はミルクフォーマー)でがーっと混ぜて、甘くない抹茶ラテ風にしたりしていると、どんどん飲めてしまうんですよ。
で、結果美肌になったかというと、毛穴の開きなどもともと致命的なアレがあるので、美肌とは言えないんですが、乾燥に悩まされなくなりました。ワタシ、冬になると、腕や足が乾燥でかゆくなってヒドい時には寝ている間にかきむしって流血したりしていたんですよ。もちろん、皮膚科で保湿剤や薬もらって塗ってました。しかし気が付いたら、この前の冬、皮膚科に行かずに終わってしまったんですよ。豆乳のせいかなもしや?って思ったりしています。(個人の感想です←健康食品の宣伝によくあるアレ 笑)美容的に考えても、手足が流血していない方がいいに決まってます。あと、もしかしたら会社で水を1リットルちびちび飲む、というのも、なんとなく伊野尾さんきっかけで続けているんですけども、水分摂った方がそりゃ乾燥しにくいでしょうし、甘い飲み物より肌にはいいかもしれない。
だとすると、100%伊野尾さんがトリガーなんで伊野尾さんに感謝しないと。多分、なんですけど、ジャニオタになった故にいっそう美容にチカラを入れるというのはありそう。美容に背を向けて生きてきたこのオタクでも、伊野尾さんのせいでこんなことになっているくらいですからね。自分が大ちゃんファンなら、あの顔をコロコロするアレ(何か名前あった…何だっけ)使ってみたくなるだろうしアサイーボウル食べようかなって思う気がします。マリウスくんのファンなら、寝る前にスチーマーやパックは欠かさないようにしたり、山田くんのファンなら筋トレして身体を引き締めようとするのかな。そう、伊野尾担なら今までは「飲み物は水と無調整豆乳、食べ物は白米中心に魚などのバランス取れた和食、忙しくても移動時間などを利用してこまめに睡眠取る」などが美容と健康の指針だった気がします。だがしかし、今シーズンからは新しい要素が加わりました。「筋トレ、プロテイン」。まさかのまさかですよ。ジャニーズって割と筋トレしている人多いですが、そこから最も離れた場所にいただろう伊野尾さんがねぇ。
このオタクも筋肉のことなんて全く考えずに生きてきましたが、プロテインについて検索してしまいました。曰く、一番筋肉を付けるのにオススメなのはホエイプロテイン。ただし、体臭が強くなることがある? 美肌効果も期待出来るのが大豆由来のソイプロテイン。筋肉修復効果があり腹持ちがいいので食べ過ぎ防止も期待できそうなのがカゼインプロテイン。といった3種類が3大プロテイン、なのかな。へぇー初めて知りました。塚田くんとか、岩本照くんとか、それこそ山下くんとか詳しそうだなぁ。山下くんはコードブルーでなぜか着替えシーンがあり、ものすごい胸筋が披露されましたもんね。あれはサービスショットだったのだろうか。それにしてもあれ程、すごい筋肉がついていても、服を着たらスッキリ見える体型なのはさすがです。このオタクも、伊野尾さんの何が好きって、下北沢あたりにいるバンドマンみたいなヒョロヒョロの痩身に、尖った顎とそれとはうらはらなフワリとした唇、主張が少ないのに物凄く整った鼻、左右で光り方の違う目(鋭い+丸く可愛い)とかなんで、まあ、余計なところが多かったですが、マッチョ好きじゃないってことですよ。そういえば、らじらーで旦那さんが奥さんに愛想尽かされないよう筋トレ頑張ってくれているの嬉しいけど、正直筋肉つきすぎるのはイヤと今更言えないってお便りありましたよね。伊野尾さん聞いてたよね?ね?
でもなぁ、新体操が出来るようになることが最重要着地点で、見た目を追求している訳じゃないからなぁ。というか、そこを心配するより前に、自分の下っ腹気にした方がいいなぁ。と、引き締めに効果があるらしいストレッチをじわじわやってみたりやらなかったりし始めました。豆乳や水のように続くかな。ちょっとあやしいんですけど、ここに書くことでより頑張れるんじゃないかという期待を持って、とりあえず書いてみましたよ。