読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「ピーチガール」初日。Eちゃんの感想。

今朝は平日同様早起きして、Eちゃんと出掛けました。あの沼に落とし損なったEちゃんです。一緒に「ララランド」を観に行けず申し訳なかったので、今度はワタシから映画のお誘いをしたのですが、今月映画を観に行くって言ったら、これしかないじゃないですか、伊野尾担。「ピーチガール」初日に彼女を巻き込んだよね。前述の通り、舞台挨拶は全滅した訳ですが、もし当たってたらそれも一緒に行く約束にしていて、本当に付き合ってくれてありがたいです、友よ。ライブビューイングは取れたので(全国で138箇所あったらしい)、朝一から映画館に出掛けました。もちろん、行き掛けにサタジャニGetしつつ。

本編の感想についてですが、このオタクは可能であれば、あと3回は観ようとしているので、少し先に譲るとして、いつも割と辛口コメントなEちゃんの感想から。(だって「ララランド」イマイチとか言うんですよ)

・良かったよ。

・王道の少女マンガだね。

・伊野尾くんも真剣佑くんもキスやハグに慣れている感じがするね。(そ、そうですか?)

・面白かったね。


あれ?「ララランド」の感想より好印象みたいですけど?まさかの「ララランド」超えってこと?(まさかねー)

E「そうだね」私「えぇえー!ララランド超え、頂きました!ありがとうございます!!」多分、当初の期待値が違ったんだとは思いますけどね。でも、彼女の中では「世界のララランド」以上の評価な訳です。

私「もし、コケたとか、出だし不調とか言われたらと思うと心配で…」E「大丈夫でしょ、結構入るんじゃないの、お客さん。」


とてもじゃないけど、思い入れがあり過ぎて客観的に判断出来る自信がないこのオタク。たった一人の友人の言葉でも、大喜び。

あとですね。映画が終わってライブビューイングまでの間に、後ろの席のお嬢さんたちが口々に「泣けたねー」「泣いた泣いた」って話してましたよ。このオタクは、ちょっと必死過ぎて泣くどころではなく、「見届けた」感じで終わった時には疲労感すら。でも、大丈夫。まだ何回も観ます。次はちゃんと観られると思います。

ライブビューイング後に、司会の方が「皆さん、感想をSNSなどに上げてくださいね。関係者が見て喜びます。」というようなことを仰っていたので、取り急ぎ上げてみます。

これを帰りの電車で必死に打っていたら、乗り過ごして戻る→それも乗り過ごして戻り過ぎと繰り返して、一生家に帰れない地獄。ちなみにまだ、帰れていません(Eちゃんと語り過ぎ、喉枯れ過ぎ、書店で掲載雑誌紹介し過ぎ、カバンの中に雑誌入り過ぎ。疲労困ぱい 笑)無事、帰りつけますように。


あと、Eちゃん側に座っていたおじさん(お一人様)が誰のファンだったのか、気になります。おじ様も観に来てましたよー。