読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

犬葉さん。

ズムサタでこんなにフルで見せてくれちゃって、しかも二人でのインタビューまで載せてくれちゃって、本編を前にこんなにいいの?などと思っていました。犬葉さんと伊にゃーさんのことです。それは本編を見て成る程な、となりましたよね。ズムサタで流れたあれは、いわば「通常盤」収録版。志村どうぶつ園で流れたのは「初回限定盤」収録の特典映像付き、みたいな感じでしたものね。

押しも押されもせぬ好感度高騰タレントの相葉先輩の横で生意気キャラを演じる伊野尾さんー。あの歌詞書いたの誰なんだ 笑。「なつかないお前はやっぱり猫派?」「先輩 コンサバ マジ犬派っすか?」「お魚くわえてすぐ逃げ出すじゃん」。伊野尾さんてやっぱり仲良くなったかと思うと、するりと抜ける感じなんですかね。などと考えつつもクスリと笑ってしまう歌詞。しかもこの歌詞を実写化してる。本当に伊にゃーさんが、お魚くわえて、相葉先輩から逃げてるところが見られるとは思わなかったな 笑。でも、実際のところはかなり相葉先輩に「懐いている」んじゃないか、とファンに思わせるエピソードをお披露目してくれています。メンバーには、恥ずかしいから一度もグループメールに写真を送ったことがないと言ういのちゃんが、 相葉先輩の月9主題歌披露時には、写メ撮って送っていたり(いずれも「めざまし」)、心の中を知られるのが恥ずかしいから人には相談しない(実務的な方法論というか、ちゃんと周囲に確認という意味での相談はしている)そんないのちゃんが、深夜に「悩んでるんです」って自分から連絡取ってくる話。これで都合2回相葉くんから出ましたものね。(めざましでの「貴族探偵」絡みインタビューと、今回のズムサタ) 二人の親密ぶりを積極的に表に出すのは、番組側や事務所の意向もあるとは思うものの、さすがにこれは本当にあったことなのでしょうから、伊野尾担にとっては衝撃的な事実です。相葉くんはどうやってこの懐かない猫こと伊野尾慧を懐柔してしまったのか。

なんて、つらつらと考えていましたら、もっとすごいものが「志村どうぶつ園」にぶっ込まれておりました。サラッと、二宮くんの長年飼っていた犬の話を出し、「ニノはこういうタイプの犬が好き」とばかり出した豆柴を褒めちぎる二宮くんを見てニコニコ。「彼のことは、知り尽くしてますから」とドヤ顔。ここまではいい。でもこのオタクは既にややビックリしてました。最後に犬派か猫派で、焦らしを入れつつ(焦らしの間合いが本当に絶妙)「ワン!」と犬派に軍配を上げた二宮くんがなんて言ったと思いますか。二「(決め手は)やっぱ相葉くん。」犬とか猫とか、どーでもいいのかよ!この番組の趣旨!  二宮くんと言えば、なかなか素直に好きなものを「好き」と言わない印象。また、期待された受け応えがあれば、それを一捻りしてくるタイプ。もちろん、自分の心の中なんてなかなかさらけ出してくれなさそうなイメージ。もちろん、そんなことは恥ずかしいから。なのに、めちゃめちゃ素直に、犬派でも猫派でもなくて「相葉派」であることを衒いもなく、シレッと言ってのけてるよ、この人は!ってね、ビックリした訳なんですよ。さぞ、嵐担すなわちアラシックの皆さんは「キャー♡」ってなってるのだろうな、と思ったらなっていない。何というか「さすが強火葉担」「そりゃそうなるよね 笑」みたいな「知ってた」的な反応。そうです、知らなかったのはこのオタクの方なんですね。思わずネットで、様々な「にのあい」の掛け合いを勉強しに行ってしまいました。友達が少ないと公言する二宮くんを「強火葉担」と言われるまでにしてしまうとは、いくらずっと苦楽を共にしてきたと言っても相葉くんて、すごい人ではないですか? 

そしてもし、これをJUMPメンバーでやったらと考えたりもしてしまいました。何をプレゼンしようとも「決め手はやっぱり」と言われそうなのは、ダントツで知念くんでしょうかね。「知念がこんなにプレゼンしてるんだから」って理由で選びそうなのは、固いところで、薮くん山田くん大ちゃんいのちゃんでしょうか。圭人くんは、事前に「ここで知念って言ったら当たり前だから、お前は爪跡残すためにあえて逆言っとけ」って山田くんにアドバイスされていそう。光くんは、とりあえずネコは死んでも選ばない。裕翔くんは、ちゃんとプレゼンの良し悪しもしくは、本当に好きな方を選びそう。髙木くんも、その場で「可愛い!」って思った方を選びそう。でもどうかな。髙木くんも昔なかなか知念くんのこと溺愛してましたよね。小さい子慣れしている感じの映像をいくつも見たことがあります。(知念くんと一緒に遊んであげたり、顔をプニプニとイタズラされながらもニコニコしていたり、おんぶしてあげたり。)なんて考えていたら、楽しかったので、リトラでプレゼン対決ごっことか、やればいいのに!


さてさて、この犬葉さん伊にゃーさんの歌は、最近頻繁に登場していますけど、かの女子小学生もトリコにしていました。(日曜にがっつり遊んだので見せました 笑)特に可愛い等の感想は漏らさないものの、「これ覚えたい」と言って鬼リピされました。繰り返され過ぎてさすがの伊野尾担も心折れそうになったよ 笑。でも、これほど子どもの心をとらえるのであれば、もしかして、幼稚園で学校で、「♩コーギーチャウチャウポメラニアン」って歌い踊る子供達の姿が見られたりするのだろうか。何でも「恋ダンス」があれほど流行ったのには、易し過ぎず難し過ぎない振り付けのダンス、ということもあったそうなので、いのあいダンスも「恋ダンス」とまではいかずとも、期待出来なくもないですね。あとは、番組が公式に呼びやすい名称を付けてくれればいいかと思います。

そして、覚えていらっしゃる方いますか?このオタクが「尻尾マニア」であるということを。(普通覚えてないので覚えてなくて良し)「尻尾マニア」って薄っぺらい記事を書いたことがあるくらいなんですけど。とうとう、伊にゃーさんが!しっぽフリフリして踊ってくれる日が来た訳です!それだけではない。スタジオでも、答えがちょっと中途半端だったいのちゃんを相葉くんが、しっぽ掴んで優しく引っ張り戻すシーンがあるんですけど。マニアの方(ワタシ)にはいずれもたまらんシーンだった訳なんですよ!例え尻尾なんかつけてなくても、沼に引きずり込まれていたには違いませんけれども、2パターンも猫しっぽつける持ちキャラがあるなんて、何たることかこの自担。あらゆるツボが取り揃えてあり過ぎなんですよ。自担め。

さて今、仕事からの帰り道なのですが腕がちょっぴりちぎれそうです。それは何故って予約してあった雑誌を受け取ったからです。映画誌って、同じ日(4/8)にこんなに発売されるんですね。そして全部表紙が木村パイセンで、書店でワタクシあたかもキムタク担のようでした。さらには、4冊受け取ってまた3冊予約するオタク。収納、金銭。あらゆる意味で怖ろしい事態に陥っておりますが、昨年の今頃「ピーチガール」を撮影し、以降まだ映画の話はない訳です。次がいつかわからないんです。しかも、初めての主演映画だってことでとりあえず雑誌祭りには完全参加してみることにしました。絶対、中身が殆ど同じのとかありそうだよ。でも、中身も見ずにガツンと予約入れちゃってます。だって、発売日に買いに行けるとは限らないよ。同じ号の他担当さんががっつり買う可能性もあるよ。って疑心暗鬼 笑。ちなみに、今日会社の売店に前半ドル誌3冊(完全梱包)届いてたので、こちらも購入しています。1日に7冊雑誌買ってるって、なかなかのバカじゃない?でも、多分こんなバカは私一人ではないし、ワタシなんか軽々超える猛者が沢山いるはず、それがきっとジャニオタ…。


(2017.4.8 ズームインサタデー)

(2017.4.8 天才!志村どうぶつ園)