読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

心のアルバム。高木雄也。

3/26昨日は、我らが髙木くんのお誕生日でした。新規らしく、このオタクの最初のイメージは、ちょっとコワイ人。初めて予約などということをして買ったシングル「真剣SUNSHINE」に付いていたメイキング。休憩中に色々盛り上げようとするメンバーに「眠い」と不機嫌そうに一言だけ言って相手にしない髙木くん。メンバーは髙木くんの「眠い」がエロいと言って、誰が一番エロく「眠い」を言えるか選手権を始めるんだよね、優しい。だから何の知識もないド新規から見たら、え?アイドルだよね?(アイドルとはニコニコキラキラしているイメージ)これ、いくらでも編集してから市場に出せる売り物だよね? そこに不機嫌そうな映像載せるって、ずっとこの人こんな感じなの?などと思う訳です。何しろ、何の免疫もなくJUMPって夢の世界みたいなところだなぁってふわふわしていた頃です。今自分でも、あれ?これ発売5月だったよね?4月に裕翔くんのアレがあった後だよね、と思う訳ですが、スミマセン完全に夢の世界にいたものでアレも「悲恋だなぁ。悲しくて自暴自棄ってドラマみたいだなぁ。」などと思っていました。今でも役者の若い頃の通過点として、悪いこととばかりは言えないと思ってしまっていますね。異論は認めます。役者の前に、アイドルなんだものね。

髙木くんの話に戻ります。そんな訳でいたジャンを見ても、スタジオで髙木くんが笑っていると安心したりしていました。自担はいつだって楽しそうにふざけたり自由にしていましたしね。オープニングでまず髙木くんを気にする日々。そうしたら、すぐに分かりますよね。この人コワクなんてないって。そして、7月。アルバム「DEAR.」が発売されます。新規は、シークレットトラックで普通にビックリしたよね。薮くんは「アレでしょ、どーせまた隠しメッセージがあると思って最後の曲から聴いてるんでしょ 笑」って言ってましたが、いやいや!こちとら初めてです、光くんのお母さんと一緒で驚いたよ、急に喋り出すんだもの。さて、このシークレットトラックで、一番正しくアイドルだなぁ♡ってなったのが圭人くんで、リア恋なのが光くん、訳が分からないのが自担でしたが。自担、メッセージ短いし旅人って何だよ⁉︎ってなるじゃないですか 笑。今では、本気で「旅人」って伊野尾さんの人生のテーマみたいなものじゃないかなと思っていますけどね。毎日新しいことがあって欲しい、それが大変な事であっても、そうしたら人生を長く楽しめるていう伊野尾さんの考え方は意外と男性的で、そして一つところに留まらないというところが「旅人」らしいですものね。

そしてですよ。一番共感し、事あるごとにふっと思い出すのは、髙木くんのメッセージでした。「僕はですね、音楽は心のアルバムだとおもうんですよね。」音楽を聴くとその時々のことが蘇るって、本当にその通りで、「スローモーション」を聴くとよりによってお盆という激混みの時期に原宿のジャニショに行って猛烈に暑い中並んだ時の空気や、その時に飲んだ綿あめドリンク(原宿感…)の味を思い出しますし、このアルバム全体が「夏」の記憶に強烈に結び付いています。ライブに行った方はもちろんその思い出だったり、その頃部活頑張っていればその記憶、しんどいプロジェクト中だったりすればその時のぐっと力の入った感じなどそれぞれ思い出すというのではなく、自然にふっと蘇ってくるのではないでしょうか。髙木くんもそう思うんだね、私もだよ。そして「DEAR.」はちゃんと心のアルバムになっているよ、と嬉しく思うのです。私にとって、髙木くんとは、音楽を聴きながらふと思い出す(超美形な)人です。


髙木くん。お誕生日おめでとう。

いつも、いのちゃんと仲良くしてくれてありがとう。来週のらじらー楽しみにしてます!髙木くんの声と演技力をもってしたら、リスナーなんてイチコロですよ。口説きコーナーも、普通のトークも楽しみでしかないですよ。髙木くんに声優のお仕事来ないかな、っていつも期待しています。髙木くんにとって、素晴らしい一年になりますように。また、Mステ出るときは、登場シーン楽しみにしてますよー!