読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「ゴメンね、ダメだよ」回。

先週の大ちゃんゲストの「らじらー」ズッコケ回、「うるじゃん」いのちねなんだ…モン!回が凄すぎて、土曜の「らじらー」祖父母会回(かいかい?)は、まあ通常運行版といった感じではありましたが、オタク的聞きどころは勿論ありました。

伊野尾担であれば、「志村どうぶつ園」のスタジオで、逃げ出した猫ちゃんを捕まえながら、「ごめんね?ダメだよ」と言った声音の優しさ可愛らしさに倒れそうになったことがお有りでしょう。あれは、そこだけ切り取ってネットに何度となく上がったりしているくらいですし。さあ、時を経て2017年版「ゴメンね」「だめだよ」が、今回のらじらーに散らばってましたので、拾ってみました。


◎伊野尾ちゃんが大好きで死にそうな中1です、というお便りを読んで。

「死んじゃダメだよそんな」

優しい甘い声で。余計に死ぬ…。


◎光くんの伊達メガネが大好きな女の子と電話で話しながら。感激の余り泣き出した女の子に向かって。

「泣いちゃうね、ゴメンね、びっくりしちゃったねー」

優しいお兄ちゃん。寄り添うような声掛けに、イイ大人もキュンとしますよ。目の前にいたら、しゃがんで顔を覗きこんでいそうな言い方。


◎67歳、筋トレもするお祖母さんからのメールで「孫がお便りが読まれないと泣きじゃくっています」を聞いて。

「えーゴメンね」

言い方と声が優しい。


もう、これらの印象が強過ぎて、終始「ゴメンね、ダメだよ」って伊野尾さんが言っていたような気さえしていましたが、落ち着いて拾ってみたら、この3箇所でした 笑。私にとっては、祖父母回というより「ゴメンねダメだよ」回だったようです。

後は、光くんの人気が高かったですね。10歳から光くん一筋、65歳の時に光くんに一目惚れ、らじらーを聴いていたら光くんを応援するようになった、亡くなったおじいちゃんに似ていて、光くんを見る目が乙女の目、等々、「スクール革命」のスタッフさん(急募!八乙女ファン!などとイジる)に、ちょっとこのらじらー聴いて!って言いたいくらいでした。

後は、「今日に限っておばあちゃん早寝し過ぎ問題」とかもありましたけど、一個だけちょっと気になったのは、「ピーチガール」で「すね毛とお別れ」した話。(光くんは、すね毛とオサラバって言ってたかな。2人の言葉の選び方それぞれですね)光くんが、伊野尾さんの話を聞いて「あ、今も薄いね」って言うんですよ。「あ、」って何? さも、目の前で改めていのちゃんのすね毛を見て「あ、」ってなっているように聞こえるんですけども。ペロンとめくって、光くんにすね毛見せながら話してるのか?って気になった次第です。最近履いていがちだというワイドパンツなら、めくりやすいでしょうし。どーでもいいけど、その光景想像したら面白いじゃないですか 笑。


ところで、全然話変わりますが、皆さん、録画の編集保存てどうしていますか。先週から、溜まりに溜まった「メレンゲ」の編集にせっせと取り組んでいるんですけど、これがもう全然終わらないの!手際が悪過ぎる。あと、「めざまし」なんて、ネット上に上がっているのを見ると、本当に編集上手いしかなりばっさりいっているんですよね。先週の「イノ調」けん玉回でも、私はイノちゃんが左隅の小さな画面で練習しているところも捨てられずにいますし、イノ調部分以外で、ガウン風コート(女性の服だけど)を羽織っているところも残してしまうし、うっかりするとワイプすら迷います。そんなことしていると、編集に時間かかって仕方ないんですよ。しかし、編集せずHDDにただ入れっぱなしにしておいて、そのHDDがお亡くなりになったら!ちゃんとHDDの説明書にも、バックアップ取っとけ、さもないと後悔することになるぞ(意訳)的なことが書いてあります。そんなこともあり、必要もあって、寝落ちしない日は編集作業に急に取り組み始めました。そうすると、改めて良いシーンとかありますよね。メレンゲだと、ジャニーズの先輩来たからっていのちゃんの見せ場大してない時もありますが、反対によく喋っている時は仲良くさせてもらってるのかな、ああイイ笑顔出た!とかね、まぁそんなことしてると作業進まないんですけどね 泣。やっぱり、何でも溜め込んじゃダメだよ。


「ダメだよ」。


(らじらー 2017.3.4)