読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

BRUTUSさん。

今だに、「平凡BRUTUS」を噛み締めて生きていて、さらに次々に発信されるJUMPの海で溺れかかっています。素晴らしいです。寿命が延びているのか、都度都度息の根が止まって蘇生しているので、寿命としては縮んでいるのか、全然分かりません。ちなみにBRUTUSさんについては、本誌に掲載された伊野尾さんのごく短いインタビューの言葉をまだ咀嚼中だったりするのに、公式Twitterで一人ずつまたコメントしてくれるもんで、また読もうかな、って思ってしまうという、抜け出せない泥沼状態。泥じゃないな。もっと凄い良い感じの何かに絡めとられてるんですけども。登場している全てのグループについて日々少しずつツイートしてくれていますが、JUMPは表紙なだけあって、今のところ一番の情報量で目が離せません。2/14にさなぴーこと真田佑馬くんについて呟き始め、昨日2/27もまだ裕翔くん伊野尾さんについて語ってくれています。3/1に次の号「ティー特集」が発売されるようなので、もしかして今日までなのかな。コメントを取っておきたくなり、初の引用リツイートなるものをしてみました。さすが、文章のプロ。雑誌の宣伝というよりは、対象への愛情が感じられるようなコメントです。ドル誌じゃないのに、「子犬」連呼される大ちゃんよ 笑。薮くんについては「全身をお見せ出来ないのが残念!」とおっしゃるなら、小さくでもいいからどこかに載せてくれれば良かった。一生懸命拡大して楽しみます。裕翔くんの凛々しさが時代を超える感、分かりますよ。光くん、やっぱりらじらーから伝わってくる優しさは、こういった現場でも発揮されているのだなぁ。エースは、美しさについ注目してしまいがちですが、現場での仕事ぶりに言及してくれてありがとうございます。うちの自慢のエースです。ちねたんの可愛さについては、これ以上もう何も言えない感が。ですよねー。とりんとりんが向き合って一緒に練習している様子の可愛さ。そして、品の良さが隠しきれない圭人くん。髙木くんの意外な特技。それから、伊野尾さんの毛並みの良い猫ちゃん感。


さてこのお行儀の良いおすまし猫ちゃんみたいな伊野尾さんが、光くん大ちゃんの3人で寄り集まった瞬間に「ズッコケ」と括られるいのちゃんに変身します。それが今も健在である事を知らしめた先週土曜のらじらーでしたね。と、ここから語り始めると夜まで終わらない予感。BRUTUSの公式Twitterの件を朝のうちに上げたいので、中途半端ですが、ここでいったん上げさせて頂きますね。あー電車混んでる…つぶれる…。