読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

いのちねラジオ。運動会並みの感想。

昨夜は、いのちねラジオ(文化放送 ウルジャン)でしたね。あまりにもそれに注力したせいで、ありとあらゆる録画を見ることが出来ていません! 木曜日だと言うのに、「イノ調」もちゃんと見れてないよ。昨日のスタジオの伊野尾さん、眠そうだったなー。ただ、いのおピクチャーは保存版でしたね! ドル誌などで自撮り載せることありますけど、こういうのを求められていると思うの。自然な感じかつ格好良さが溢れ出ちゃってるの。髪がふわふわしていて可愛かったなぁ。

さて、いのちねラジオは聴くだけでなく録音も狙っていたので、PCの方でも聴けるか確認したり、やはり少しアプリケーションの設定が必要だったり、スマホでも録音出来ないか、色んなアプリ入れては試してアンインストールして、って昨夜はそんなことばかりやっていました。寝落ちなどを心配して、念のため10分前にアラーム掛けていましたけど、全然必要なかったですね。ドキドキし過ぎて。待機時間がひたすら長かったです。そして、PC側にイヤホン差し込んで聴きながらだと、サウンド出力がイヤホン側に回って録音出来ない(うちのPC環境では)ことが分かっていたので、とはいえ、音は流せないので(バレるバレる)、スマホで聴きながら、タイミング見計らって録音開始ボタンを押すというかなり勘に頼る作業を行いました。しかも、どうやらスマホよりPCの方が先に始まると言うのも少ない経験から学んだので、早いかな、と思うあたりで録音開始したら、本当に早かったよね 笑。もう、皆さん、どーやってスマートに録音したり綺麗に編集したりしてるのか。というか、ほとんど仕事でしかPC触らない生活をずーっとしてたのになんでこんなことになってるのか。

そして、そんなことしていたら、肝心のラジオがあっという間に終わって、何話してたっけ、状態になりました。おいおい、本末転倒ーー!しかも、せっかく録音したので、すぐ聴き返してるというのに、どういうことか。脳みそパンクしとる。「ちゃんとせえっ!」って、脳内村上くんに叱られるよ。

なので、ざっくりした印象なのですが、ちねたんが伊野尾さんに甘えてましたよね。声も違う。そして、前回(まだ伊野尾さん24歳!カラフト伯父さんや書店ガールを来月に控えていた頃)は、「ラジオ初めて」な伊野尾さんだったのにアレから約2年、しっかりラジオ進行する仕事人・伊野尾慧になってた。ゲストなのに。そして、それを察してか、今回は「お便り上手く読めないからいのちゃん読んでぇー」な技を繰り出してきたよ、知念さん。策士! 2年前の楽屋ノリから、「ラジオ番組」感が高くてちょっと寂しいような気もしていたので、間にこういう「いのちね」挟み込んでくれて有り難いです。


ていう、ざっくりした感想。そんなことなら、何故記事書いた?って感じですが、日記? 毎週木曜「いのお飯」までしか見てないのに、めざましの話題で書き始めちゃうあの感じ? この興奮を残しておきたい的な?

というわけで、「めざまし」に勝つものが現れた木曜日だったのでした。来週はもう少し落ち着いて聴きたい。あと、録音も聴き返します。ただ、らじらー民からしたら、「あっと言う間にお別れの時間」過ぎて、この短かさに全然慣れないですね。「お別れ」って言ってから、もう一つコーナー(幸せエンドレス)があるのも不思議。やっぱり、圧倒的にらじらーを聴き過ぎていて、ラジオと言ったららじらーが基準になってるのかもしれません。

でも、楽しかったなぁ…小学生の運動会並みの感想(©️伊野尾さん)で終わります。


(ウルジャン いのちね回① 2017/2/16)