読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

ふわり飄々。伊野尾慧。

発売翌日となりましたが、2/15発売の「BRUTUS」は、買って損はなかった。ジャニーズ載っけておけば売れるんじゃない?なんて企画されていたとしても、このオタク飛び付いたでありましょうが。実際手に取ってみたら、「タレント一人一人の魅力がどうしたら伝わるか」考えぬいてくれたであろう編集部の方々の愛情を感じてしまいましたよ。JUMP担ですのでJUMP中心に見てはしまいますが、それでも全部のグループ良かったなぁ。SexyZoneのかなり攻めた先端お洒落和装とかね。あのスタイリングは思いつきませんよ。Jr.のモノクロスーツ写真もカッコいい。伊野尾さん、何処かの媒体でスーツ着せて下さるなら、こういう真正面からかっこいいのも是非。

もう、ご覧になった前提で書き散らしますけども、伊野尾さん。年明けて以降雑誌上で見た一番好きな伊野尾さんかもしれません。これ、網にかかってるよね。そして、網にかかったことを楽しんでいるように頬杖ついて飄々とした笑顔を見せています。足なんてぶらぶらさせているように見える。これ、どういうことなのか、早売り画像だとあまり良さが伝わらないんです。買わせようとする魂胆?いやいや。恐らく、余白や文字とのレイアウト、見開きで横に配された山田くんとの対比、紙の質感、色々なものが合わさっての魅力なんでしょう。そうだ、この飄々とした佇まいよ。これを見せて楽しませてくれるのが伊野尾慧よ、と思うじゃないですか。

そして、見開きの右に配された山田くん。いのやまの二人を並べて見ることで互いが際立つ、と一目で分からせてきます。伊野尾さんが、飄々ふわりとした柔らかさなら、山田くんは静止した写真だというのに、アクションも出来る俳優であることを思い出させるキリリと研ぎ済まされた硬質の美しさ。さらには金魚を思わせて可愛さすら演出されているってね、語り始めたくなるくらいなんですよ!これは長くなる、まとめよう。

裕翔くん=裕翔くんの中の硬派が筋肉と共に浮き彫りに。よ!団長! 髙木くん=むしろこれがパブリックイメージ!この不敵な笑みは、男性票も取れそうな格好良さ。薮くん=首筋が顎が。透けるような目の色が。思わず目を奪われるしか。光くん=難しい柄物がよく似合う。彼は本当にスタイリッシュ。圭人くん=これぞ昭和!のかっこ良さを古臭くなく表現してる。タイプは違うのにやっぱり健一さんの遺伝子すごい。知念くん=ちっちゃい、可愛い、人見知り。多分きっとその通り。大ちゃん=真顔で巨大オニギリを持って。やっぱりにじみ出る、封印しても隠しきれない愛嬌よ。無理やりまとめました 笑。あと、伊野尾さんは綱引きなのに、メガネ掛けてるよ 笑。

昨日、予約しておいた大型書店に行ったら、まだ店頭にも少しありました。ただね、発売日なのにもう少ししかなかったんですよ。気になりましたら、どうぞお早めに。


(BRUTUS 2017/3/1号)


********

そう言えば、うちのコメント欄、必要あって承認制にしたあと、うっかりそのままにしてました。どちらでも良いようなもんですが、実はお礼言いたいのにどーやってお礼言ったらいいの?これは承認しないほうがいいけど、どーしよう?的なことがあり、自分のブログの自分の設定で困るなんて、と思ったので後ほど承認制解除しようと思います。今朝(2/16)ラジオの件でコメント下さってありがとうございます。ジャニオタの皆さん親切あったかい!あーもどかしー!お礼言うのが不便 笑。