読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

伊野尾慧は、人見知りワールドをも突破するのか。

さて、年明けて随分経ちましたけどまだ年末の振り返りです 笑。3連休に雑誌の解体作業をしたんですが、週刊朝日AERAに同じ週に掲載、しかも表紙もってなかなかのことでしたね。当たり前じゃないぞ、有り難いことですよ。一般層にめっちゃアピールしますもん。JUMPのこと全然知らないおじさまとかにも、へぇこれが今流行ってるのか、と思わせたと思います。多分、感覚ですけど、娘がファンとかそういうのなければ、一般的なおじさんて顔と名前分かるの嵐、せいぜい関ジャニまでだと思うんですよ。そんな方たちが、銀行や病院の待合で、空港のラウンジで、いつも通りキオスクで買って、へぇってなっていることを祈ります。「AERA」なんて、特集ページの表紙に「こんな20代がいる国は捨てたもんじゃない」、記事の冒頭には「Hey!Say!JUMPを知らないという人は『感度』が落ちている可能性を疑った方がいい」とまで書いてありましたよね。ファンである自分からしても、そこまで言ってくれるの?と思いましたが、全然知らなかった人が「これはおさえておくべきトレンドなのか」とひっかかりを持ってくれたら、嬉しいですね。さらに期待出来るのは、普段ジャニーズ何それ?な生活送っている女性も手に取って引っかかる可能性があるということですね。自分を例にとっても、雑誌を全然買わない時代長かったですけど、それでも活字中毒ではあったので、文庫本忘れた!てな時にはキオスクで週刊誌買ったりしてましたし、病院の待ち時間などにAERAなんか読んでましたよ。これで、年末年始もうちょっとテレビの露出あったら「あと一押し」出来るところだったのになぁ、と思うところなのですが、「いたジャン」特番(なのに1時間?短いよ…)と、「メレンゲ」にいのちゃん、「ジャニーズカウントダウン」に少しか。足りないよー。年末年始、裕翔くんが映画の宣伝頑張ってたので、そこに引っかかって後で、あれこの子JUMPかって気づくといいなと思います。このところの裕翔くんの格好良さって、磨きがかかってますからね。

それで、「メレンゲ」なんですけど、「通りの達人」にこんながっつり出させてもらえるなんて!大阪ロケこれだったのか。本当に美味しそうに食べてるよ、幸せそうでこっちも幸せになるよ、でも一個気になることがあるよ、髪の毛どーした!「メレンゲ」ってスタジオですら、髪の毛髪の毛ってなることたまにあるんですけど、この大阪ロケはヘアメイクさんついてなかったのかな。いのちゃんは、何となく芸能人になってなかったら、清潔であればそれで良し、っていう程度の身づくろいで生きていくタイプだったように見えますが(それはそれで好感度高い)、いまやコマ送りで画面に食らいつくオタクがついてるような存在なんですよ。ヘアメイクさんいなくても、自力で何とか出来るように頑張ってみよう、頼む 笑。でもね、それでも可愛かったですね。メレンゲって、今日、合計で3分映った?て時もありますからね、有り難かったです。また、連れてって貰えるといいですね。

そして、「映らなかったじゃん!」とスタッフさんをうらみたくなったのが、カウコンのテレビ放送です。そもそも、伊野尾さんがあまり抜かれない上によしソロパートだって時に、誰の顔でもないところ、中途半端な空間が映された瞬間、この仕打ちは何なのかと膝をつきましたよ。リアタイしていた時は、まさか「お仕置き」的な「干され」の一つじゃないだろーなまで思ってしまって悲しかったのですが、録画見返したら、他グループの歌でもスタッフさんを意味なく映しているところがあったりして、現場も大変だったんだなという感想に落ち着きました。ワタクシ伊野尾担としてのハイライトは、他グループと一緒にSMAPの曲歌いながら階段降りてくるところですかね。V6の森田くんが、あの人見知りの森田くんがニコニコしながらいのちゃんを見上げて待っている様子なんですよ。森田くんと言えば、映画「ヒメノアール」の番宣の時に、非常に人見知りだからって理由でインタビュアーがアナウンサーなどではなく、共演者である濱田岳さんだったというね、これ森田剛伝説に追加されてますよね。そんなことある?ってなりました。あれも、宣伝の一種だったのかしら。でも、いのちゃんとイノッチ先輩とのジェロマ終わりの絡みが面白過ぎた 夏の「THE MUSIC DAY」、森田くんのいたグループの「オモイダマ」人見知りワールド感。今でも忘れられません 笑。光くんが、堂本剛くんの肩に手をかけて肩を組もうと頑張ったけど出来なかった、とらじらーで話してましたね。このグループの構成ときたら、こうです

TOKIO松岡くん

★V6森田剛くん

★Kinki堂本剛くん

★NEWS加藤くん

★JUMP光くん

☆SexyZone松島聡くん

この星は何かと言いますと、★が明らかに人見知りな人もしくは自分で公言している人です。光くんも普段はバラエティの時みたいな感じじゃないから驚かれるって言ってましたし、加藤くんは人見知り公言してますし、剛くんと剛くんは言わずもがな。松兄でも何とか出来なかったのかな、って言うあの空気感、忘れられません 笑。まあ、次の城島リーダー率いる「太陽がいっぱい」チームがわちゃわちゃと楽しそうで(贔屓目かもしれないけど、うちの大ちゃんキラキラしてた!可愛かった!→シャッフルものだと、「うちの子たち」どこかなって探しませんか 笑)、結果的にメリハリ効いてたから、いいんですけど、印象には残りました。そんなワタクシの中の「人見知り」カテゴリにいる森田くんが!ニコニコでいのちゃん見上げて待っているかの様子な訳ですよ。その後もニコニコしながら歌ってて和みました。その時はもう、テレビの前でオタク、1人で沸きましたよ!人見知りの壁をふわふわスルリと抜けたか、伊野尾慧!よくやった! このオタクの中で、伊野尾慧・新年最初の功績として、勝手に刻み込まれました。このカウコン、皆様それぞれ色々な良い思い出が出来たことと思いますが、オタクにとっては「いのちゃんが森田剛くんを笑顔にさせたあのカウコン」ということになりました。

さて、明日は今年2回目の「めざまし」です。褒めついでに、もう一個褒めておこうかな。先週のいのちゃん、オープニングで話した目標(占いを読む)がその日のエンディングでいきなり叶うなんてこともあったり、「イノ調」では羽織袴披露したり、相変わらずロケでのビジュアル最高だったり、上手くない字をイジられてちょっと面白い顔をしてみせたり、良いところ沢山だったんですが。何よりもこれです。


カンペ目線が全然気にならなかった!


これは本当に頑張って欲しいところだったんですけど(だってアナウンサーの方たちは、かっきり視聴者を見据えてニュース読みますからね。カンペを明らかに追っていたら目立ちます。)、めざましの録画を楽しく見終わってそう言えば、ってなりました。そうだよ、お芝居の台詞まわしがあんなに上手に出来るんだから、出来る子なんですよね。言うことをちゃんと覚えたか、目線の持って行き方を工夫したんだと思います。えらいって褒めたいので、褒めたたえますよ。えらいよー!嬉しいよ!さ、満足したので、また明日。寝て起きたら、めざましか。幸せだ。その前に、家にたどり着かないとダメなんですけどね。皆様、今日も家事育児お仕事勉強部活、お疲れ様でした。