読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「いいジェダイ!いい話題!」…アカン。

今回のらじらーは、「水曜日のカンパネラ」ゲストということで楽しみにしてましたが、いやぁー光くん回でしたね。そもそも、光くんが「すいかん」(この略称初めて使う)大好きということでのゲストだったようですが、ライブにも行ってるんですね。楽屋に挨拶に行ったら、「本物の八乙女さん?!」てざわついた話とかコムアイさんありがとう、「八乙女光でこんな風に言って貰えるのは貴重」みたいなこと言う伊野尾さん 笑。カンパネラ大好きなのは光くんみたいですが、いのちゃんもそこそこ聴いているようで作詞作曲のケンモチさんとお話が弾んでます。「飛鳥時代 オビワンケノービ いいジェダイ」って歌詞、「いいジェダイ」ってどうやって思いつくのか、って、いう切り口で聞いてくれたおかげで、作詞の秘密的な話が聞けました。そもそもラジオに出ることがないとケンモチさん言ってたのでめちゃめちゃ貴重。このオタクは、カンパネラについてはいくつか好きな曲を聴いている程度の極々ライトなファンなので、何にも知らないんですよ。いのちゃんのおかげで色々知ることが出来て嬉しかったよ。伊野尾さん、話引き出すの上手いよね。腕上げてる!(甘々ですかね) それに、何となくケンモチさんと伊野尾さん感性が似てるよね。どうして、こういう心情を歌わない歌詞なのかについて、元々はインスト畑で歌詞書くようになっても心情書くなんて今更恥ずかしい、と。自ユニットを悉くネタ曲に持っていくどこかの誰かとなんか似てませんか。あと、言葉に対する面白がり方も似ている気がしますね。このジェダイの話している時もそうですけど。この前、リスナーさんのラジオネームに「何、その部屋とワイシャツと私みたいな」と突っ込んでいた伊野尾さんですが、この「いいジェダイ」が出てくる「小野妹子」にも「フロムジャペンフロムジャペン(妹子)   部屋とワイシャツと遣隋使」という歌詞が出てくるんですね。ついでに言うなら、「君がまさかの遣隋使」って歌詞もあって、この「まさかの」という言葉と言えば、伊野尾オタなら思いだす、そう「いたジャン」のウェルカムボード ケーキ屋さん回です。いのちゃんが考えたコピーに入ってましたね。この2つだけを取り上げて似ているというのは、いささか乱暴ではありますけれども、このお互い話が合って楽しそうな感じは実際聴いていただくと良く分かるかと思います。オタクも心のクスクス笑いが止まりませんでした 笑。

そして、なんと「桃太郎」コムアイfeat八乙女光 生ライブですよ。ベース音が少ない曲に、自分でベースかぶせて楽しんでいる光くん。いつも思うけど、音楽と生活が密接にくっついていて良いよね。オフは、音楽仲間とセッションしたり格闘技の練習したり家で野菜育てたり毎日必ずベース弾くという男性。これ聞くだけで何だか素敵ですね。これに超絶整った顔と細マッチョな身体がついてます。あ、それだけじゃないの知ってるんで光担の皆様、軽々しく言うなと怒らないで。ざっくりまとめても格好良いってことです。で、そんな人が弾いているベースなんですけど、音が格好良い! ケンモチさんが音色(おんしょく)合ってるって言ったような気がします。普段、光くんがベース弾いてる姿をステージ映像で見ることが出来てもなかなかベースをじっくり聴く機会ないんですよ。うん、今迄らじらーで何度か披露してくれているのは知ってます。ああ、録音しておけば良かったって話です。でも、ベースってベースだけで聴いても良さが伝わりにくいし、全部のパート合わせるとベースそのものを楽しむのが難しいんですよ。音楽嗜む方からすると、一つの楽器の音色だけ拾い出して聴くのって難しくないことらしいですけど、このオタクは無理なんで。話逸れますけど、そういった意味でも「ゲスの極み乙女」ってすごいと思いますね。素人耳でも、ベース、ドラム、ピアノ、ボーカルの全部がそれぞれ格好よく聴ける作りになっているので。あ、休日課長さんの話も出ましたよね。カニパンみたいな可愛い手って 笑。これきっかけで、休日課長さん、光くん、カンパネラさんで飲みに行っちゃえばいいのに。そして本当なら、そこに参加する伊野尾さん、とかすごく欲しいエピソードなんだけど。なんだけど、なさそうで残念 笑。

また、話逸れた。ベースだけで聴くより、こうやってセッションみたいな感じで聴かせて貰えたら、光くんのベースむちゃくちゃ格好良かったって話です。惚れ直すよね。伊野尾さんのピアノともセッションしてくれないかな。Jazzだと、ベースにピアノにボーカル、みたいな組み合わせ、良くありますよね。歌える人一人、ゲストに来てもらって、今度どうでしょうか。歌える人。薮くんとかね。秋に知念くん来て以来、まだメンバー来てないよ。去年は1月に裕翔くん来たんだよね。そろそろ、メンバー来ても良い頃合いじゃないですか? ギターの圭人くんでもいいですよー。いのひか、圭人くんのラジオには行ってるけど反対はないですものね。

さて、面白がり方がいのちゃんと似ている気がするケンモチさんですが、リスナーさんから光くんに声が似ているとの指摘。言われればそうかも。優しくお話ししている時の光くんぽい。コムアイさんも、帯域が同じって言ってます。すかさず「喉あっためてきて良かった!」って言うケンモチさん 笑。話のテンポとか選択する言葉がじわじわ来ます、この感じ好きだなぁ。あと、流れで、JUMPの新曲が2月に出るという話になるのですが、コムアイさんが何日か聞いてくれます。そうだよね、発売日をはっきり電波にのせられるのはチャンスですもの。なのに、日付が分からないいのちゃん。光くんもフォローしないから多分光くんも知らない。まじか!コムアイさんも「さすが」って言ってるけど、そりゃ「さすが大手、余裕ある」ってことですよね。うん、もうちょっとガツガツしてもいいんじゃないかな。らじらーの前日にはオタクたちは予約してるし、この発売日、2/22ってゾロ目でめっちゃ覚えやすいからね。放送後にマネージャーさんに「発売日は2/22ですよ?ちゃんと覚えてて下さいね!」って言われていることを祈ります。頼むよ 笑。

さて、ワタクシやたらとラジオの話をしがちなんですけど、だって面白いんですよね。昔は、深夜ラジオの録音するファンの話聞いて(ビートたけしオールナイトニッポンとか、芸能人になった人からも録音して何度も聴いた話が出ますよね)、へぇ聞き返すんだすごいなぁ、としか思えなかったんですが、いやいや、聴くね聴く聴く!これが、現場(コンサートや番協など)行ってると違うのではと思いますが、それがないとなるとラジオもなかなか美味しいんですよ。聴き返すと、あ、ここのこの言い方いいなぁ、優しいなぁとか色々発見もありますしね。しかしながら、現状、聴き返す際にはネット社会万歳!的なところに頼っていまして、これを実のところ何とかしたい。というのも、やっぱり過去のものって、だんだん探せなくなってくるんですよ。らじらーの2015年のものでは、放送初回、光くん一人回の1回目、8月のライブ後にメンバーと電話繋がった回、11月の口説きがカメレオン回、12月最後の薮くんゲスト回の5つしか探せなくなっています(私は、ですが)。週末の家事は過去のらじらー聴きながらというのがルーティーンなのに、困りました。そこで、せめて今からでも自力で残したいと模索中です。とりあえず容量のことを考えてPCで録音することにし、名作朗読なんかを試しに録音・再生してみたりして迎えた土曜日。なかなか、時間にPCの前って行けないものですね。録音出来ませんでした。次は予約録音にチャレンジしてみたいと思います。でも、まだ関門があります。家事やりながら聴きたいのだから、iphoneに都度音源を移したい訳です。どうやったら? クラウド? あぁハードル高いよー。また伊野尾さんのおかげで勉強することが増えてしまいそうです(元のレベルがレベルなんでね。)