読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

ラジオの話。余談がヒドい 笑。

週末はもっぱら、ラジオ録音をリピートしながら家事に勤しむオタクです。こんにちは。JUMPって、7君たちのうるじゃん、ありたかのベイジャン、いのひからじらー、とそれぞれラジオ番組持ってますよね。…ちょっと、薮くん!余談の薮くんを出して!深夜とかどうですか。リスナーを軽くからかったり着地点の分からないギャグを織り交ぜたりしながら、余談を繰り広げてくれないものか。とオタクの願いを吐き出したところで、それぞれのラジオ番組ですが。


◎うるじゃん(文化放送)

正式名称:ブルボンプレゼンツ Hey!Say!7Ultra JUMP

正式名称に、提供企業名が入っている!ラジオと言えば、らじらー生まれらじらー育ち、緊急ニュース交通情報はだいたい慣れっこのオタクとしては、民放ってこんなものなのかな、と思ったりしていたのですが。同じレコメン内を見ても、そんなことになっているのは、ここだけ! そもそも、お便りが採用されるとブルボンキャラメルポップコーンをリスナーに送ってくれるっていうね、ブルボンさんありがとう。歌に商品名盛り込んでる水曜日のカンパネラも応援してあげて下さい。ここで、もしかしてすでに何かしらあったりして?と念のためにググったら(最近ググるっていう人減りましたかね。代わりにエゴサするって見かけますけど、それは使い方違うと思うんだ。自分や自分が所属する何かの名前でネット検索するのがエゴサだと思うんだ。)、くだんの商品名が出てくる「マリーアントワネット」をライブで歌う時にブルボンのお菓子を投げるという話が。これ、ブルボンさん提供だったら楽しいんですけどどーだろ。かのリリパットアーミー(劇団。普通に知ってる?知らない?中島らも設立。わかぎえふ運営。過去の出演者としてはHOPEでお馴染み山内圭哉さん、そし誰で良い味・小市慢太郎さんもいるよ!)なんて、終演後のちくわ投げが名物でしたけど、これはカネテツさんが提供してましたからね。無添加の美味いちくわだったそうですよ。

さて、戻ります。めちゃ遠回りした。ブルボンさんが提供してくれているおかげでうるじゃん聴けるし、「Oh!My Jelly!」も「Chau#」も「愛のシュビドゥバ」もあるんだと思うと有り難みしかないですね。うるじゃんは、いのけと回、やまけと回、ひかけと回、俺と知念回を主に聴きがちです。けと、けと、けと、俺。あれ?圭人くん?私、圭人くんのために聴いてるのか? いのけと回は、いのちゃんが圭人くんをひたすらいじりながら圭人くんの良さを引き立てる楽しい回が続きます。伊野尾さんて、共演者を面白く見せるの上手いですよね。伊野尾さん目当てに何か見ていると、共演している人の良さが際立ってくるんですよ。かの「仲良いと思ったことない」発言で物議を醸した日テレ特番ですが、結果的に「意見を貰おうと思って家によんだんですよ」「仲が良いと思って!俺は! 笑」「まだ知念が着てればいいんですよ!」って言う山田くんが面白かったし、このエピソードは山田くんの良さが出たと思うんですよね。芸人さんウケの良い伊野尾さんが芸人さんだらけだったあの場所で、実は山田くんアゲをやりたかったとしたらなかなか巧妙だなぁと今更ながらに思います。

で、やまけと回は、山田くんのツンデレかましつつな圭人くんとの仲良しっぷりを堪能。ひかけと回では、安定の弟いじりがヒドイ兄さん 笑。俺と知念回は、圭人くんのギターと知念くんにもソフトツンデレかまされる圭人くんが楽しめます。基本、いじられるかツンデレかまされてるんだなぁ。


◎ベイジャン(bayfm78)

正式名称:JUMP da ベイベー!

始まる時のジングルが普通にカッコいいです。FMラジオって感じがします。勝手なイメージですけど、AMラジオって、タクシードライバーのおじちゃんやタバコ屋のおばあちゃんがお仕事しながら流している感じ。FMラジオって音楽好きの人が聴いているイメージ。そして、ありたかの話は、いのひか以上に同い年の男子学生がたっのしそうに話しているのを、横で盗み聞きしている感じがします。もちろん髙木くんの方が年齢的には2学年上ですが、大ちゃんの方が先輩なので、プラマイで同い年な感じに。そしてJUMP一、フランクに色んなこと話してくれる大ちゃんに、それに釣られる髙木くんという組み合わせで、オタクの知りたいことを一番提供してくれるラジオかもしれません。私が一番最初に助かったのは、「真剣サン」のメイキングの話ですかね。沼入り立てで、まだまだ夢いっぱい、心もやわやわな頃。メイキングで、大ちゃんの膝に座ろうとしたいのちゃんが大ちゃんに怒られて退散するシーンがありますよね。え、仲良しいのありじゃないの?どうしたの?とオロオロしていた訳です。今考えると、小さい事でオロオロしていたものですよ 笑。今は、へーお揃いか。可愛いところあるんだなぁ、位、強靭な心の持ち主になりました。皆さんもそうでは?なかーま!笑。へっ! で、大ちゃんですけど。リスナーさんの投稿に、「覚えてないけど、多分、いのちゃんのお尻の骨が痛かったんだよね」「別に怒ってないよ」ってちゃんと回答してくれたんですよね。ありがとう。大ちゃん!そして、髙木くん。今月のTV誌で、秘密を話すってコーナーありましたよね。このコーナーでも安定のプラベ明かさない伊野尾さんだったりしましたけど、髙木くんの秘密はと言うと、「光くんと美容院が一緒。」 うん!知ってる!だって、ベイジャンで教えてくれたじゃない 笑。秘密もいつの間にか話してくれちゃう、そんなベイジャン。ありたか担でなくても、貴重なラジオですね。あと、初心者クイズが本当に初心者向けで可愛い。この組み合わせだと、大ちゃんがいのひかで言うところのいのちゃんの立ち位置になるんですよね。古墳も惑星の並びも知らなくても、ゅぅゃは魅力的だからいいんだ、それで。リアルに友達が多そうな性格良さそうな二人が楽しそうに喋り続けて、とにかくそれが魅力のベイジャンです。


◎らじらーサタデー(NHKラジオ第一)

これがまんま正式名称ですよね、多分。上記2つの番組と一番違うところは、何といっても生放送。番組中に、フォームから投稿した結果が即集計されて発表されたり、Twitterもリアルタイムでいのひかの2人が見ながらラジオを進めていくので、一緒に参加している感じが楽しめます。ライブ終わってそのままラジオに登場したり、やはり生放送の音楽番組や27時間番組の合間に放送したりと、「イマ」をそのままお届けしてくれるのはなかなかすごい。編成都合や、天変地異、電車の遅れ、スポーツの優勝争いなどはそちらの方が優先されますが、MC二人がどこにいようと、スタッフと機材を派遣して何が何でも番組をお届けするNHKには、殆どラジオ道なものすら感じます。やっぱり一番凄かったのは、他局内に部屋借りて放送した時ですかね。しかもフジテレビ内を、らじる君歩いてたんでしょ。凄いよ。民放同士では実現不可能な気がします。これはもちろん、出演している二人も楽しいでしょうね。なかなか体験出来ないことですもの。THE MUSIC DAYの時は、近くのホテルからでしたが、らじらー終えた後のいのひかの真剣サンときたら、光くんは床に寝っ転がるわ、いのちゃんはのちに幼いリスナーに「妖怪体操?」と言われるほどはっちゃけたダンス 笑。この時、近くでそっと釣られてあげる裕翔くんが可愛くて大好きでした。そして、リスナーに電話して話しちゃうのも魅力。最近では、「男子会」企画の時に、結構マジメに相談にのってましたね。高3なら卒業も近いし告白しちゃえばいいと思うけど、高2かまだ長いな、と真剣に考えるいのちゃん。砕けちゃえ!と明るく背中をおす光くん。リスナーの男の子も、応援したくなるような、お喋りしていて人柄が滲み出るような子でしたね。聴いていた大勢が、応援したくなってしまったと思います。真面目に相談と言えば、学校に居場所がない、という子に、「学校だけじゃなくて、習い事だったり塾だったり、他に居場所を作ってもいい。」というようなことを真摯にこたえていたいのちゃん。これを聴いて、辛い気持ちが減った子、きっといたんじゃないでしょうか。分かっていても、あらためて言われるとストンと理解出来てしまうってことありますから。

気持ちに寄り添うと言えば、熊本地震の翌週の放送。涙声で一生懸命投稿とリクエストを読むいのちゃん。気丈に進行する光くん。私だったら、遠くにいるアイドルが、同じ気持ちで涙ぐんでくれたら、そして横でしっかり応援してくれる人がいたら、嬉しいし心強いよ。いのちゃんが投稿を読んでくれたおかげで、瓦が次々に落ちていくのを泣きながら見ていることしか出来なかった、安心して寝ることも出来ない、それでも何か自分に出来ることは、と炊き出しボランティアを始めた話。記憶なので、多少違ってたらスミマセン。でも、この記憶力ポンコツのオタクの脳みそにこれだけ刻みつけられた訳です。いのちゃんのおかげです。

電話でリスナーさんがクイズを出したり、モノマネしたりっていう企画も楽しくて何度も聴きたくなります。いのちゃん命名の名探偵ヒカンもここから生まれましたね。方言クイズは、さすがNHKの全国感。本当に、知らない単語が出てくるよ 笑。またやらないかな。

そして、先週とうとう50ccのバイクを運びこんでましたけど、らじらーのスタッフさん、ほんと大好き。真面目に悪ノリする感じが最高です。たまに、スタッフさんの声が入ると得した気持ちになります。スタッフ担なのかな、私。それ拾ってどーするという音も真面目にガンマイクで拾うところも、お誕生日の時に用意してくれるケーキが愛情こもっているのも素敵だと思います。


そういえば、先週のらじらー21時台。安井くんと同じLove Tuneのさなぴーがゲストに来ていましたよ。真田くんのギター上手いし、3人がひゃははーって笑いながら進行していくラジオ、いつも以上に面白かったからオススメ。おれだ、おれだー!のコーナーは笑ったなぁ。聴く手段あれば、ぜひ。22時台は、更に前の週12/10のそうけんコンビが最高でした。健人プロはともかく、聡ちゃんのトークスキル上がり過ぎ!二人のトークが芸人さんのように噛み合ってどんどん進んでいく様は圧巻だし、ゲラゲラ笑ってしまいます。どうやら先週も最高に可笑しかったみたいなので、是非とも聴きたいと思っています。いのひか先輩、おちおちしてられませんよ 笑


さて、全体的に余談がヒドい感じでお届けしました 笑。長かったね。まだ、いけるところですが、このくらいにしておきますね。


(追記)

「Give me love」のメイキングがふざけてなくて、物足りなかったオタクですが、光くんがらじらーで訳を教えてくれてましたね。なら、しょうがないかー。でも、マジメに馬鹿馬鹿しいことやる人が大好きなので、「真剣サン」のいのあり火サス劇場みたいの、また見たいものです。静観してた山田くんがとうとう参加しちゃうシーン、真剣(マジ)笑いました。