読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

好感度を上げる計画。

おはようございます。木曜日です、と始められる幸せ。朝から、めざましの皆さんと笑いあっているいのちゃんを見ると、一週間の折り返しで眠くても頑張れるというものです。

今朝も髪型がスッキリして、顎のラインもきゅっとして益々爽やかな伊野尾さん。髪を切った時にさんざん騒いだオタクですが、今やもう似合っていれば、そしてめざましに馴染んでいれば何でもいい!という気持ちです。可愛い坊ちゃんの方が多分お茶の間の好感度も高いはず。厨二風イケメンは、ファン向けの媒体で見せて頂けたら言うことなし。

いのお飯ならぬ「いのお鍋」。先週「イノ調」で見せてくれた自作のお茶碗にご飯が山盛りです 笑。「そし誰」で藤原竜也さんがイタズラでいのちゃんのお茶碗メガ盛りにした時のこと思い出しましたよ。お茶碗ステキだよね。色が黒なので、白米が引き立ちます。今度、立本さんにもお茶碗作ってあげて欲しいなぁ。先日のレモン鍋の時に、立本先輩の笑顔少ないような気がして心配などと言っていたオタクですが、その後録画を見返してお鍋のお代わりをよそいながら「食べる?」って伊野尾さんに小さい声で話しかけている姿にちょっと安心したりしていました。「食べる?」っていう言い方がテレビっぽくなくて自然な感じだったんですよね。遠慮のない距離の近い感じ。今日の「いのお鍋」でも、伊野尾さんが立本先輩に向かって「ありがとう」ってニコニコしながら言っていて、もはや敬語じゃないところにオタクもニコニコしてしまいました。「めざまし」って、みんな仲よさそうに楽しそうにしているところが魅力だと思うので、番組のカラーにも合っていることですし、宮司さんも加えて3人の「仲良しいのお飯」で今後ともよろしくです。で、伊野尾さんはタイトルコール、もうちょっと声張っていいよ。春頃のめざまし録画見返して思ったけど、前はもっと「いのおめしーっ(キラキラ ニコニコ)」だったよ。アイドルがこの枠に出ている意味!「イノ調」のV振りもね。

「ベスア」の時の櫻井くんの話になりますけど、ほんとアナウンサーの方と同じように殆どカンペの存在を感じさせない進行なんですよね。途中で石原さとみさんが出てきて、一生懸命カンペ読んでいる姿見て(可愛かったです)、やっぱりカンペあるんだな、櫻井くんすごいな、と思った次第です。で、たまにゲストで出るならともかく。毎週レギュラーなのなら、カンペ読んでいる感がない方が見ている方だって気持ちがいい。V振りくらいの文章だったら暗記するか、カンペ感じさせない視線の持って行き方を極めて欲しい。そして、このスキルはきっと今後も何かと役立ちます。幸い、お手本周りにいっぱいいますしね。ファンじゃない一般の視聴層に、こいつヤル気ねーなって思われたくないっていうオタクの願いでもあります。先週はいつもより良かったですよ。今日の「イノ調」どうかな。やれば出来る子、伊野尾さん、頑張れ。

さて先日、嵐兄さんたちがGacktさんをゲストに迎えて、ハードな筋トレに挑戦しているところを見かけたんですけど。これだけ実力と人気を兼ね備えたところまで登っても、お腹に何kgもあるものを落とされるなんて苛酷なことしなくちゃいけないのか、と驚きました。だってただひーひー言いながら腹筋運動をする、などと言うのと違って、うっかりしたら内臓にダメージを与えるようなことですよね。特に筋肉なさそうな二宮くん、心配してしまいました。私がお腹に何kgもあるものを落とされたら、その後すぐ嘔吐して丸一日ご飯食べられないかも。嵐、頑張ってるなぁ。

だから、というのも乱暴な話ですが、今の伊野尾さんにはちょっと苛酷な目にあってほしいかな。それも、オタクがメイン視聴層なリトラとかではなくて、一般の目にとまるような枠、「イノ調」「志村動物園」なんかで。一般の方が見て、「この子可愛いのに、頑張っていて大変だねぇ。ジャニーズもラクじゃないねぇ。」と思うような企画です。本当は伊野尾さん、物凄いハードスケジュールをこなしていたりするわけですが、それは表には全然見えない訳で。本来、アイドルが苛酷なことなんて一切やって欲しくないし、リトラの苛酷な工場体験なくなってホッとしたりしていたくらいなんですが、そんなことも言っていられません。伊野尾さんの好感度を回復出来るなら、もはやむしろやって欲しい。そんな苛酷な状況でも可愛かったり、飄々として見えてしまう可能性もなくはないですが…。ヘビカフェなんてぬるかったと思うレベルのものをぜひ。そして、視聴率に貢献出来たら。もうテレビ視聴率の時代じゃないと思ってはいますが、数字持っていたらまだやっぱり強いですから。

シラス漁が多くの人の目にとまってその後の仕事に繋がったように。何が誰の目にとまるか分かりません。テキトーキャラが浸透し、さらに「チャラい」が上乗せされた今、今度はそのイメージを大きく裏切るような真面目に頑張る姿を多くの視聴者に届けて驚かせて欲しいなぁとひっそり考えています。