読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

高低差キーンってなる遊び。

おはようございます。木曜日です。うわ、いのちゃん、顔が寝て…違うな、真面目な顔してんのか。出だしが昨日の東京大停電の話だったので、笑顔になる訳にいかず、真面目な顔すると、あたかも半分寝た顔になっちゃうという。学生時代、授業中に「伊野尾、寝るな!」などと先生から濡れ衣着せられていなかったことを祈ります 笑。

日ハムの選手の活躍が映された後のコメントでは、ニコニコ笑顔で一安心。「いのお飯」では、黒豆の枝豆を両手で持って食べるいのちゃんが、もう小動物!「止まらない」って言って食べているのが、もう可愛いね。伊野尾さんに関しては、可愛い可愛い言い過ぎて、自分でも「可愛い」っていう単語にそろそろ飽きそうなんですが、じゃあ何て表現したらいいんですかね…。いつも思うんですが、いのちゃんの口って見た目のサイズは大きくないのに、収納力抜群。今日の枝豆の肉巻き。これかじったら崩れるし、どうやって綺麗に食べる?と思ったら、普通にパクっと一口で食べ、一瞬モグモグした後、すぐコメント。コメントしたすぐその次に、さらに御飯を口に入れましたよ!口の構造からして、食リポに向いてるねぇ。そして、「いのお飯」見ていると、宮司アナと立本先輩のことも何だか好きになっちゃいます。立本先輩は、前髪下ろした方が可愛いんじゃないかと思いますが、余計なお世話ですね。そして、「いのおピクチャー」。あー、伊野尾さんのこの顔大好きだなぁ。この形で口開けている時、非常にかっこいい可愛い。グラビア用にカメラマンが撮影したものじゃなくても、こんなに可愛い。これ、「FINEBOYS」で確か3p目に載っていたカラフルなコーデの写真と同じ系統の顔ですよね。朝から目が潤います。そして、今日は「イノ調」、コンセプトカフェの続き。先週最後のところで、探偵さんのコスプレしてたじゃないですか。楽しみだなぁ。今夜は帰って、録画見られるかなぁ。


さて。昨夜は隠れキリシタンメソッド、大活躍でした。なにって、アレですよ。「大正浪漫じゃんぷ」。「duet」さん、ありがとうー!!早売り情報で目にした時から、楽しみで楽しみで仕方なかった、本当に。でも、事前に聞いていた「伊野尾:詩人、八乙女:文豪、岡本:英国帰りの医師」とかって設定、撮影ウラ話的な方にチラッと書かれているいわば、ウラ設定なんですね。もう、「ポポロ」さんみたいに、真正面からドーンと設定ブチかましてくれていいのに。スパイ?女神?乙女ゲー?って数々大人を驚かせてくれて、「ドル誌ってすげぇ、完敗」ってもう降参状態なので、こう奥床しくされると若干肩透かしです 笑。

でも、ウラ設定だろうとなんだろうと、妄想広がる写真たちでしたね。あまりに自分の好みにド直球過ぎて、若干狼狽えたレベル。これで、「大正浪漫妄想」書いてくれた方がいて、もうそれ!言いたいこと全部言って下さった!って感じなんですけど(はてなブログです)、自分の感想もまぁ何となく書いておきますね。

伊野尾さんに着物って、本当にありがとうございます!だって、今年の夏、伊野尾さんの浴衣姿。ちょっぴりしか拝めなくて本当に残念でならなかったのです。ほら、和装、こんなに似合うでしょうよ。帯、いいですね。何だか知らないけど帯最高。そして、ごくごく小さいんですが、全身写真。なんだろう、男性的な肩の線と、腰から足元へのびる柳腰と言いたくなるような女性的なライン。男性的でも女性的でもある、どっちなんだか分からんってなる写真。認識がぐらぐらする、そうそれが伊野尾さんだった、ってなる写真があります。それから、横から撮影されたチラリとこっちを見る表情の闇の深さ。まぁまぁ一瞬時間止まりますから。すごいね。詩人か、さぞかし闇深い世界観のリリックなんでしょうな、とか考えてしまいます。いや、叙情詩なんて書かないかも。めっちゃシュールな言葉が羅列されている気もする、って、実際の伊野尾さんは、ちゃんと飯の種になる実学を専攻した現実派。この見た目でねぇ。何なら飲食しているところが想像しづらいくらいのビジュアルですよ。からの、枝豆モグモグしているいのちゃん思い出して、高低差キーンってなる遊び、非常に楽しいので是非。

この「大正浪漫」シリーズ。他のメンバーも本当に素敵なので、この企画、真冬バージョンも是非見せて欲しいところ。二重まわし(マント的なアレ)とか、薄暗い街灯の下で着て欲しくないですか。そして、闇深いと言えば、光くんも良かった、伊野尾さんと光くんが今回の闇深いツートップですけど。なんだろう、全てを見透かしているようでもあり、何もその瞳に映していないようでもあり、っていう写真しかない光くん。現代に生きている気が全然しませんでした。過去の世界、二人とも表現力すごいですよね。

そして、この「duet」ではまだ他にも「高低差キーンってなる遊び」が出来ます。まずライブでのオールバックな山田くんとか、本日公開された新譜のジャケ写で、JUMPを従える感じでセンターに立っている絶対エースの山田くんなどを思い浮かべて下さい。そこからの「duet」ピンナップにいる山田くん。この子16歳くらいかなー?気立ての良さそうな可愛らしい男の子だなぁ? って感じで写ってますから!高低差キーンって、なりますよ、ほんと。もしかしたら、他のメンバーでも、高低差キーンごっこ出来るんじゃないかと思いますので、良かったら是非。