読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「あざと可愛い」有り難く享受しました。

今さらですが、土曜日のメレンゲ、じっくり見ました。今回はまた、とりわけ「可愛い」に振り切ってきてましたね。だからか、突っ込まれる時も「横の男の子何にも出来ない」なんて、「男の子」呼ばわりされています。何度も言いますけど、26歳の社会人男性です。でも、「男の子」だよ、どう見ても。奇跡の26歳。衣装がまた七分袖かつぶかぶか。何だかフリンジとかついてますけど、ギラギラした衣装感はなくて、ナチュラル可愛いー。(絶望的にファッション語彙力なくてすみません 汗。)ゲストに、もこみちさんが来ているということで、お料理するコーナーでは黒のエプロン身に付けていますが、もこみちさんみたいなギャルソンエプロンじゃないんですよ。子どものお手伝い感高いエプロンだね、これ。スタイリストさんも意識的に可愛くなるようにしてますよね。そして、このビジュアルで繰り出してくるあざと可愛い。すごいです。

テキパキカッコ良く調理を進めるもこみちさんの横で、いのちゃんが任されたのはパスタを茹でる役。6歳でも任せられるお手伝い、可愛い。パスタの面倒を見てあげるのか、がんばれ。途中「久本さん、オレも見て下さい!」ってお鍋の中をグルグルかき回すいのちゃん。魔女の大鍋ごっこする園児かな。せっかく茹でたパスタを、(時間もないので)差替えます、って使われないくだり。この流れにするの決めたの誰ですか、ありがとうございます。え?ってなってる表情、長めに撮って下さって感謝。ちょっと可愛過ぎですよ!久本さんに、「(じゃあ)家に持って帰れ!」って言われて「持って帰りますよ」「だって……、茹でたんだもん。」はい、本日一番のあざと可愛い、頂きました!「茹でたんだもん」て、何だ。イノオガカワイイハラガタツってこれだな、これなんだな。

この回は、ずっと「出来ない子可愛い」を前面に押し出していて、本人いわくのアラサーでこのキャラが成立しているってすごいよ、オタク大喜び。「SPUR」のあのモデルさんと同一人物?伊野尾さんて、振り幅が大きくてクラクラって、いうのを短期間に次々打ち出してきますよね。これでまた、リトラに出た時にはダルダル男子。ドル誌では、訳分からないコメント。なんでしょうな、きっと。どれが本当の伊野尾慧なんだか、分からなくなって目眩がする感じが好きです。(DEAR secret truckの「旅人伊野尾」を聞きながら。)