読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

いっそ、ファンサマシーンにキャラ変を。

今朝も自分のブログだと思って勝手なこと言ってますよー。一応、前置きしてみました 笑。

元々、ファンサが塩っていうのは若干残念ではあったわけです。自分は現場に行ったことないくせにね。でも、ライブでファンを沢山喜ばせているっていう話の方が嬉しいんですよ。どうしても。ファンサは、むしろファンから貰うスタイルをここ数年貫いている、とらじらーで言っているのを聞いてからは、もうしょうがないな、そういうスタイルだって宣言しちゃうなら分かったよ、ってのみこんでました。

そもそも、なんでファンサをあまりしないかって「中途半端に目が悪い」んじゃないかな、と考えています。コンタクトするほどではないけど、歌ったり踊ったりしながら、パッとうちわを見て反応出来るほどには、見えていないんじゃないか。私自身が結構目が悪く、コンタクトレンズ入れても視力があまり出ないので、常々ファンサする人もされる人も目が良いなぁと感心していたもので。それで、全体にふわぁっと手を振ったりしていたら、ファンサしないキャラ付けされて、もういっそそのキャラで貫こうってことにしたんじゃないか説。親子連れとか、おっさん(言い方、スミマセン)にはせっせと手を振るっていうのは、目が悪くてもさすがに他のお客さんと区別つくし、あの子にはファンサしたのに、私にはなかったって思われないですむからでは、なんてね、もうオタクの勝手な憶測です。


で、ここから、ますます勝手なオタクの要望です。

いのちゃん、ライブでムチャクチャにファンサするキャラに、キャラ変しませんか?

常々発言している「女の子はみんな大好きー!」キャラ、せっかくだからもっと確立しよう。女の子どころか、「人間大好きー!」な感じで、ライブに来ているお客さん、誰かれ構わず笑顔100%で手を振りまくって投げチューしませんか。一つずつうちわ見て対応するのは、もしかしてムリなのかもしれない。知念くんや裕翔くんは、すごく器用なんじゃないかと思う。だって結構大変ですよ、そして見落としがあったら、周りはして貰ってるのに私だけなぜ?ってなるだろうから、そこまで頑張れとは言いません。だから、誰かれ構わず、じゃんじゃん笑顔!お手振り!投げチュー!どうでしょうか。「人類博愛」なスタイル。

なんでこんなこと言っているかと言うと、「女の子大好きー!」「人間大好きー!」キャラの方が、昨日出たアレとかも心情的に受け入れやすいからです。手越君をご覧よって話です。引き合いに出してゴメンなさい。でも、ジャニーズ界隈のこと全然知らない頃から、手越くんの写真週刊誌連載説は知っていて、そこまでのキャラならむしろ好感持てるって思っていました。スキャンダルが全然ダークな感じにならないって素晴らしいよ。いのちゃんも、元々打ち出しているキャラ属性として「女の子はみんな好き」「テキトー王子」「下ネタ上等」てのがあったわけで、今回もだいぶそれに救われている面はあるわけです。でもこのキャラと、ライブで女の子のファンに塩、ってちょっとキャラクターの造形としてブレる感じがあります。どうせなら、ヘラヘラして見えるくらいのレベルで、「女の子みんな好きー!」って感じのファンサしまくって欲しい。もういたいけな十代じゃない。中堅に足を踏み入れる26歳の仕事人だ、頑張って欲しい。

事務所があのコメント出しているということは、事務所も本人も腹括っていると思います。あの事務所が良く黙秘スルーしたり完全否定しなかったものだ、と少し不思議に思うくらいです。今回のこれは、これから世間から思われるイメージに必ず入ってくる訳で、そしたら逆手に取っていく方が良策でしょう。何言ってんだ?って思われるような事書いてゴメンなさいね。応援したいんです。伊野尾さんを。じゃんじゃん活躍して欲しいんです。伊野尾さんに。クソオタクはやっぱり伊野尾さんが好きみたいです。