読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「いのぺ」から、文化の共通認識まで持っていく力技。

おーい、知ってたんかーい!

番宣で、藤原竜也さんとお話ししてた時に、台本もらうとまず自分が生き残ってるかどうか確認するって言ってましたやん!完全に信じちゃってましたよ。連ドラって、放映後の反応を見て変更が入ったりするケースもあるらしい(噂に過ぎませんが)ので、演者にも結末を教えないっていうのはあるかな、なんて考えてた。最初から知っていたと言うのに「皆さんの癒しの存在になれれば」なんてほわぁわーんとした笑顔で各誌の取材を受けてましたね。その中で、かなり初期に「ヨルイノオ」と称してシリアス顔のアップを撮っていた「週刊テレビジョン」さすがです。あれ後半部の闇が出てからの表情ですもの。が、本当に伊野尾さん、役者だなぁ。他の番組のスタッフさんなどに、「お前の言うことはもう信じないぞ」なんて、今頃いじられていないでしょうか。そして「みんなにすごくいいたかった、我慢してほんと偉い」って可愛いか!可愛いなのか!分かった!とってもエラかったね。イイコイイコしてあげたいじゃないか。いのぺ読むたびに、可愛い過ぎて何歳かなってなりますけど、今回はことさら可愛く書いていて、この人は本当にもう、なんなんですかね。

あとどーでもいいことですが、一つ。ケイトってカタカナで書いてるの、まさか変換が面倒だったからじゃないですよね、伊野尾さん。というのも、このブログ、もっぱら通勤時間に携帯から書いているのですが、圭人くんの「圭人」って変換が面倒で。いつも「圭子」、「人」って入力して「子」を消してました。伊野尾さんなら、めんどーだってなるのもあり得ると思ってしまって申し訳ない。もっと「そし誰」のこと書いて欲しかったけど、相変わらずアッサリだったですしね。裕翔くんをご覧!エンケンさんとの仲良しエピとか、ドラマのロケで改めて感じたこととか、いっぱい書いてあるぞー!しかし、まあこれが伊野尾担の大好きな伊野尾さんですよね。通常運転。

何食わぬ顔して、新しいドラマの話とか進んでないかなぁ、だったらいいなぁ。言霊、言霊。願うだけ願っておきます。

こんな可愛い「いのぺ」が読めるのは、Johnny's Webだけ。月額324円、普通にネット申込み&クレジット決済で気軽に始められちゃいますよー。そう言えば、オタク生活初期の頃、皆さんの言う「いのぺ」とか「じゃんぺ」が何のことかサッパリわかりませんでした。「もしかして、JUMPaper」って、グーグル先生のようにつぶやいた時のことは、まだうっすら覚えてます。で、今ごろですが、他のメンバーのも、「ありぺ」とか「やぶぺ」とか皆さん言ってるのかしらなどと思い立ちまして、ネットの海にお出かけしてきました。そしたら、…言ってた!いのぺ以外の8人分全部検索して、ヒットしました。そしてオタク的に嬉しいのが、こうかなと思った略称が全部すぐさまヒットしたこと。例えば、「りょうぺ」じゃなくて「やまぺ」、「やおぺ」じゃなくて「ひかぺ」、「ゆとぺ」「けとぺ」「ゆやぺ」「ちねぺ」。知らないけど、呼ぶとしたらこうだなってのが一発ヒット。一応、他の呼び方も検索してみました。一件だけ「だいぺ」ってのがヒットしましたけど、主流ではないようですね。いったいそれの何が嬉しいのかわからないって?当たり前? そう思ったあなたは、もうJUMP脳ですよー。例えば、高木くんは、コンビ略称ではたとえば「いのたか」であって「いのゆや」ではありません。でも「たかぺ」じゃなくて「ゆやぺ」。何でって言われても何となく、としか言いようがありません。日本語を学ぶ人に、「どうして、お素麺、お蕎麦、おうどんはアリなのに、おきしめんとは言わないの?」と聞かれても「何となく」ですよね。日本語使って生活していたら、その何となくが共通認識として備わってきてしまう。同じことがJUMPにおいて、私にも起こっているのだ、と言えないでしょうか。JUMPという文化の共通認識を得られる程の自身のオタク化が嬉しい、という話で、昨日の記事と同じようなこと言ってて申し訳ないです。ぴんと来ないなって方は、他のアイドルグループで、同じことが出来るか試してみて下さい。キスマイでもエビでもジャニストでも余裕だな、と思われる方は、JUMP脳というよりはジャニ脳。AKB界隈もハロプロもいけたら、アイドル脳。自分が所属している文化の幅を改めて感じて「自分、すげぇ」ってなるのも、また一興かと思いますよ。