読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

ジャニーズを知らなくても、SMAPのことは忘れない。

おはようございます。伊野尾さんの木曜日です。最近は、格好良い可愛いスーツ姿に安定していて有難いですね。今朝も眼福。グレーのスーツ、本当に似合うなぁあー!寿命が3日延びました。今朝のいのお飯も、立本先輩たちはリオに行っちゃって不在。今週も生田アナです。と、また駄洒落合戦繰り広げてます。生田アナに厳しく突っ込む伊野尾さん。照れ笑いの生田アナ。「グラビース!」(今回の食材名)とピースする伊野尾さんに「駄洒落ですらない」と突っ込みが。先週よりいい感じじゃないでしょうか。よっしゃ、攻略進んでますよーいいよいいよー。この後、SMAPの解散についてコメントしたり、いのおピクチャーでマスカレード衣装着てたりするようなのですが、これは録画でのお楽しみです。


SMAPの解散により、スマスマも終了するということが今朝のめざましでも伝えられました。伊野尾さんで初めて芸能人のファンということを始めた、つまりジャニーズどころか芸能そのものにも疎かった私にとっても、流れる映像や音楽が普通に馴染みあるもので。歌も口ずさめるし、スマスマでのシーンも色々思い出せる。スマスマだけじゃない。ドラマも歌番組も思い出せる。まだ、テレビがブラウン管だった時代(もしかして10代の方だと見たことなかったりしますか?)からSMAPは当たり前にそこにいたんですね。解散はもう覆せないことのようですが、何年もずっとテレビを見ない生活をしていた私でも、身体には過去のSMAPのあれこれが染み込んでいることに驚きます。きっと、来年も再来年も10年後も。多くの日本人が、ファンでなくても芸能に疎くても、SMAPのことはずっと覚えているのだろうと思います。何も意識しなくても普通に、当たり前に。久しぶりでも自転車の乗り方は覚えているように、遥か昔でも小学生の時の夏休みを鮮やかに思い出せるように。既に血肉の一つとなってしまっているから。

ファンでもないのに、SMAPのことを語るのはやめようと思っていました。なのに、今朝めざましテレビで、スマスマ終了についてちょっとふれたのを見ただけで、ついこんなことになってしまいました。ごめんなさい。