読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

ジャニオタ初心者がグッズを買いに行く。


ツアーも横浜始まりましたね。そんな中、オタクまた一歩二歩前進致しました。今まで、JUMPに関わるもの(特に雑誌)を購入してきた私ですが、それは一般的な流通経路に載ったものばかりでした。なのに、とうとう事務所が直接販売するものに手を出しました。それが何か?と思われると思いますが、やっぱり違いますよ、より深いところに足を踏み入れてしまったなぁ、戻れない気がするなぁ、という感慨があります。


◎今回の一歩目「グッズ参戦」。

まず「グッズ参戦」て、これジャニオタ以外にも通じる言葉なんでしょうか。既に普通に自分の辞書には載ってますけど、沼入り前には確実に知らなかった言葉ですね。先日、仕事帰りに今日なら行ける!という日が急に訪れまして、千載一遇のチャンス逃すものかと横アリに向かいました。グッズと言えば、初日ペンライト売り切れとか、とにかく早朝からひたすら並ぶ、それもディズニーランドなどの比じゃない3時間4時間当たり前だなどと聞いていたので、最悪現場の空気が吸えればいいか、急に来たからヒールの靴だし、などと自分のハードル下げて赴きました。まず、駅に降り立って気になるのは、同輩の方がいるかどうかということです。JUMPファンと直接触れ合ったことがないので、グッズよりもまずそちらにドキドキが止まらないという。予想では明らかに同じ目的の人たちが一心に横アリを目指して歩いているのでは、と考えていたのですが、そうでもなく。お、この人そうかな?などと思う人も全く違う方向へ行ってしまい、若干意気消沈の私の背後から突如大きな声が。「そう!光くんだよねー!」。これは、確実に、確実にそうでしょ。ほら、同じ方面に歩いていくしね。お友達同士でこうやってワイワイしながらグッズ買いに行くって楽しそう、お仕事帰りのOLさんかな、と微笑ましく見守るも、直前で別の方向に行ってしまいました。えぇー?しかし、横アリ目前になってきますと、購入済みの方が向こうから歩いてきます。何故分かるかというと、トートバッグ!皆さん、購入したら早速使うのですね。そして、割とシンプルな汎用的なデザインのトートを見て、即DEARトートと判別する自分。もう、観念してオタバレしろよ、と脳内で誰かが囁いた気がします。さて、さらに歩を進めると、制服カップルがそれぞれ1つずつのトートバッグにぎっしりグッズを詰めて歩いてきました。なんか、微笑ましい羨ましい!彼氏もJUMP担なの?こんな高校生活送りたかったよねー!後はやっぱり99%女性ですね。なんとなく、双子コーデとかフワフワチュールとかの参戦服来たお嬢さんたちに会えるかと思ったのですが、こんな夜の時間、さすがにそれはなかった。

そしていよいよ横アリ到着。ただし着いたと思っても入り口まではぐるーっと回るんですね。まだそこそこ歩くんだなぁと思うも、そうか列が作れる距離がないと困るんだよね。入口入るとうん、割と殺風景なんですね。壁一面にポスターがばーっと貼ってあったりはしないのね。花輪とかもないんだな。本当にグッズ販売所なだけなんだな、という感想です。そしてあの、拍子抜けする事に全然並んでない。有り難い!しかし、心の準備も間に合わない。「あの。パンフレット一冊と」「はい」「クリアファイルを、全員のと、伊野尾さんの1つずつ、お願いします。」。多分、「伊野尾さん」て口に出して言ったの、ここが人生初です。ブログでは散々暑苦しく書き綴ってますけど、普段何食わぬ顔して世間に紛れ潜んでいる隠れオタクです。今、この瞬間、販売のお姉さんにも横にいるお客さんにも、こいつ「伊野尾担」だ、ということが赤裸々な状態なのだ、という事実に震えます。こんな日が訪れる人生だなんて、思ってもみなかった。やっぱり人生こんなもんだって決めつけるのはいけない、何が起こるか分からないのが人生だ、などと考えながら(大げさか!)、横のブースに移動するオタク。そう、グッズによって売り場が2つに分かれてる!まじか。これ、すごい行列並んでやっとたどり着いたって思っても、隣のブースに欲しいものあれば、また並び直し?本当に?鬼畜が過ぎる!行列すごい時はそんなことしてないことを祈ります。お友達と来ていたら手分けすることになりますかね。せっかく長い行列待ち時間、おしゃべりでも、と思っても出来ないじゃないか。運営さんー!とまた叫びたくなりますね。そして、横のブースでも、また「あの。伊野尾さんのフォトセットを。」と言わねばなりませんでした。何だろう。この何か乗り越えた感。むしろあれもこれもってグッズ沢山買ってればね、薄まる感じもあるかと思うんです。フォトセットを伊野尾さんのだけ1つだけ買うってなんか重い。客観的に見て、私今どんな感じ?いや、見なくていい見なくていい、この場を楽しめよ、自分よ!だって今ここに、JUMPに関わる人しかいないというある種、夢の空間にいる訳ですよ?そして、若干ふらふらしながら売り場を後にすると、会場内にまだ何か並べて売っているコーナーがあります。山野楽器さんがCD販売してました。ファンの方なら、既に持っているだろう過去のあれこれ。しかも通常盤のみ。誰も並んでいないのも納得です。でも、新規過ぎて全然何も持ってませんから、記念に1つ買ってみることにしました。

「キミアトラクション」シングル。…あぁ皆さんが絶句する様が目に見えるようだ。そんなに新規?はい、そんなに新規です。過去の通常盤については、これからゆっくりゆっくり揃えていきたいと思います。CDラックに入れられないCDが増えていくなぁ。そういえば何年もCD買ってないなぁ、最後に買ったの何だったかなぁ、と思い返したら、ガーシュインの「SummerTime」目的で買ったウェイ ン・マーシャルのアルバムだったですよ、はい、地味ー!   …からの「真剣SUNSHINE」初回限定盤。続けての「DEAR.」やはり初回限定。このギャップたるや。で、その後もJUMP以外ではダウンロードでしか曲購入してなくて、今後もCD媒体という形で買うのってJUMPだけなんだろうと思います。それも3枚ずつとか 笑。すごい。なんでこんなことになってるんだ、私。それもこれも、以下同文。すごすぎるでしょ、伊野尾さん。

ちなみにですが、グッズレジ(仮)さん重宝しました。金額もですが、何をどれだけ買うのか、頭の中整理して購入に臨めました。あそこで、えーっとって悩める現場ではなかったことを断言します。


さて。オタク初心者、二歩目もあります。