読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

水曜なのにまだ「そし誰」のこと、考えている。


日曜夜に放送された番組のことを、水曜になってもまだ考えているって、相当ですよね。「そし誰」4話が神回過ぎたってことです。ネット上でも、犯人予想やまだまだ残る謎への考察で盛り上がっています。でも、視聴率は伸びてないんだよなぁ、なんでなんだーと思ったら、オリンピック柔道のすごくいいシーンと重なっていたそうですね。もともと視聴率は、高年齢層が強いと言われているので、そうかそれはやむを得ないな。とにかく、1分1秒でも長く見ていたいと入れ込んでいるので、放送回は1回でも長くして欲しいし、最終回はロングバージョンを期待しています。そうなると、視聴率は高くないとダメなんですよー涙。自分ちは調査世帯だよって方、日曜夜10:30から、日テレ「そして、誰もいなくなった」ご覧下さい!(笑顔)。そう、私がどれほど楽しみにリアタイしようとも、周囲に薦めて視聴人数を増やそうとも、調査世帯でなければ視聴率に何の影響も及ぼさないんですよ。はい、ビデオリサーチのサイトまで行って、調査方法とかサンプル抽出方法とか調べましたよ。また長くなっちゃうのでここには書きませんが、無力感を味わってしまいました。公式Twitterのフォロー数、6万を突破したらしいですけどね。そういうのも、複合的に加味して欲しいものです。そう、CD媒体の販売数だけをカウントするオリコンランキングだけでなく、複合的な要素でランキングを出すビルボードチャートのようにね。

話変わりますがオタ活の中でも「そし誰」だけは、オタばれすることなく話題に出せるんですよね。ただのミステリー好き、ドラマ好きを装って、会社の人にもさりげなく話題を振ってます。その時、「あのバーテンダーが」と、ボールが飛んで来ても可能な限り平静を保って会話のキャッチボールを続けるのもなかなかスリリング。一番語り合っている人が夏期休暇中なんで、神回4回についてはまだ深く語ってないんですが、どうしよう。これ平静保って話せるかな…。日下さんについて異様に熱っぽく語らずにいられるかどうか、来週が大変心配です。

そう、先日の記事では、新一と瑛治のほっこり切ないストーリーに気持ちを持っていかれ過ぎて、謎解きにはほとんど触れていませんでしたが少しだけ気になったところを書いておかせて下さい。


・偽藤堂が提示した金額、400万て安くないですか?多分、西条弁護士への支払より安そう。この安さって、予想以上に気軽にパーソナルナンバーが売買出来るってことを表しているんでしょうか。


・となると、他にもパーソナルナンバーを売買している人、いそうですね。一番怪しいのは、五木くん。東大出身らしさが全然ない人物描写ですし、ガキ使こと馬場氏と繋がっている訳で。名字はただの記号、と豪語する馬場氏も売買に関わるだけでなく、自身のナンバーも売買している可能性ありますね。そして、一切素性わからない状態でちょいちょい怪しい動きで出てくる紗央里。次回予告で、新一が拉致された白い部屋にいることから、大変怪しい。というか、紗央里がただの一般人だったら立ち上がって全力で突っ込みますよ?そして、婚約者・早苗も怪しいですね。結婚を目前にして、親兄弟の描写が一切ない。これだけ困ったことになっても、相談しているのは友人や小山内だけ。新一も母親を全然頼ってなくて不思議ですが、早苗さんあなたはどうしてなんでしょうね。そして、怪しい筆頭の五木くんの元カノですからね。彼女に割り当てられた言葉は「疑惑」。疑惑を抱く側から、回を重ねて彼女自身が疑惑の人になってきましたよ。


・と、ここまで書いてきてふと思い当たったのですが、その人をその人だと決定づけるものって、古くから「歯型」が使われてきていますよね。ミステリーなどで、白骨死体が出てきたらまぁ、歯型の一致不一致って話になってきます。死体を遺棄する際に、身元を明らかにしないために歯を粉砕するというケースもありますね。で、「そし誰」の場合、本人も偽藤堂も生きている訳です。過去に治療した歯医者さんに行けば、歯型あるでしょうよ。それとなんで照合してもらおうとしないかな。確かに最近はレントゲンもデジタル撮影で、歯型の画像はフィルムではなくデータ保管されていますね。イレイズさんに消去されてしまっているんじゃないかって?  いえいえ。患者の身体情報なんてセンシティブな個人情報、外部からのオンラインで参照出来る場所に格納されている訳ないですよ。院内でしかネットワークに繋がっていない環境にあるデータを消去出来たら、それはちょっとオカルトが過ぎるって話です。それに歯型と言えば、かぶせもの作るとき、まさに「歯型」取りますよね。あれって保管されていないのかな。あれなんて「モノ」ですから、イレイズさんの手出し出来ないところですけどね。

そう、何よりジリジリするのは、藤堂新一はIQ180の天才なはずなのに、やられっ放し。弁護士を探したり偽藤堂に接触したり動いていない訳ではないけど、夜神月の時のような「頭いいなぁ、その手は面白いなぁ」っていう描写が全然ないんですよ。だから見ていてちょっとスッキリしない。視聴率伸び悩みの原因があるとしたら、一つにはここかな。後半から怒涛の反撃していくための助走としての「タメ」なんでしょうか。


今、ふと思い付きましたが、歯型を使わない理由として、藤堂新一は虫歯ゼロっていう設定だったらどうしよう。定食屋で絶叫するシーンで上下の歯が奥までしっかり拝見出来るのですが、銀冠なんか当然なくてキレイな歯なんですよ。虫歯がなくて、噛み合わせにも問題なければ、歯のレントゲンなんて撮らないでしょうか。


・最後にもう一個だけ。Bar「King」の入り口から見て右奥に階段がありますよね。それから、今頃気がつきましたが正面奥に茶色い両開きの扉がありますよね。どちらも飾りとしてそこにあるのかもしれません。階段に至っては外装から見て2階を作れる高さはないので、飾り階段と考えるのが妥当かもしれません。でももし飾りでなければ?その先に何があるのか。パーソナルナンバー取引所ではありませんように(血判状を回す勢いの祈り)。


と、まあ水曜になっても「そし誰」のこと考えて暮らしてます。ドラマ見るなんて何年ぶりかなぁ(TVなかったからね。でもアナログ放送あった時も見てなかったけどね)。それもこれも、全部伊野尾さんのせい。ライフスタイルに影響出てるわ、すごいよ、伊野尾さん。