読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

ランキングに、右往左往してみる。(ちょっと追記)


アルバム「DEAR」ですが、オリコン週間ランキングで自己最高更新枚数で首位獲得、のニュースは皆様ご覧になったことと思います。嬉しいですね!嬉しくなったので、ついオリコンのサイトに見に行ってみました。ほほう、デイリーの売上も見られるんですね。発売日以降、毎日コンスタントに3,000枚ちょっとを売り続けて、累計枚数を着々と押し上げている様子が分かります。全国のCDショップのPOSデータを反映しているということで、なんと「3,052枚」みたいな感じで1枚単位で反映しています。昨日私1枚買ったよ!この中に集計されてるんだ、みたいなオタク心を刺激される仕組ですね。


さらに、チャートと言えば、ビルボード。こちらでも当然首位を獲得しています。こちらでは、「27.2万枚を売り上げてセールス部門で断トツのポイント、さらにルックアップでも1位となり2位以下を大きく引き離してチャートを制覇。圧倒的なフィジカル指標での強さを見せつけた。」とあります。ちなみに、オリコンでは単純に店舗での売上を集計。初回限定盤と通常盤は同じものとしてカウント。ビルボードでは、ダウンロード数もカウント。初回限定盤と通常盤は別物としてカウント、とありますが本当?一応、ビルボードのランキングを詳しく見ると、「From.」が入っているので通常盤をカウントしているように見えますが、さすがにこれは3種類の合計じゃないでしょうか。さらにビルボードでは、売上枚数だけでなく、幾つかの指標を設定して総合評価的なチャートが見られるようになっている、ようなのです。JUMPは、ダウンロードでの販売をしていないので、どちらにしても売上枚数は店舗でのCD販売数しか反映されないのですが、ルックアップってなんじゃらほい。まぁGoogle先生にお聞きするしかないのですが、多分「ユーザーがオンラインでCD情報を獲得した回数」のようです。ということは、iTunesで取り込む時にやったあれ?私は何回か失敗しましたけどね。おいおい、これは通常盤ですよ!初回限定じゃないよ、やり直しかよ!って。あの作業も、こうやって、ルックアップ指標に反映していると考えると大変嬉しいですね。

「DEAR.」は売上枚数もルックアップも1位。2位のスピッツ「醒めない」も両方とも2位ですが、売上5位の矢沢永吉のライブアルバムだと、ルックアップは31位なんですね。買ったCDを何かに取り込んだりせず、そのまま聴いて楽しんでいる層が購入しているということでしょうね。「私は通常盤はレンタルにするつもりだから、売上貢献度低い」って思っちゃうよって方いらしたらガッカリしないで下さい。 レンタルしたCDを取り込んで、CD情報をネットから取り込む時、多分ルックアップ指数が上がる、はず。それに、レンタルする人が多ければ、レンタルショップも多めに揃えますからね。各店舗が数枚ずつ多めに仕入れるとしてみよう。これでまた次回の売上枚数が増える訳です。

で、フィジカル指標ってのも、何だろう?多分ですけど、CD媒体の形で購入することのようですね。2位のスピッツ「醒めない」は、楽曲ごとのダウンロード購入も出来るようになっている分、楽曲ランキングであるHOT100にも登場していて、反対にフィジカル指標はJUMPに追いつかないというところもありそうです。だって、JUMPはフィジカル指標強いって、それでしか販売してないんだもの、笑。


さて、ここで今後JUMPがシングルを発売した時に、楽曲ランキングである「ビルボードジャパン HOT 100」を狙っていくとします。ランクを左右する指標は、以下の通りです。


<1>シングル売上枚数、ダウンロード購入数、歌詞表示数から推定したストーリーミング数

<2>全国のラジオ放送数

<3>PC によるCD読み取り数

<4>Tweet数(但し、アーティスト名と楽曲名を一緒にツイートした場合のみ)

<5>国内動画再生数


まず<1>ですが、ダウンロード販売とストーリーミングはないので、CD売上数が命です。<2>は、リクエスト頑張りましょう。「ベイじゃん」「ウルジャン」「らじらー」は、黙っていてもかかります。それ以外の番組にリクエストしましょう。<3>自分ちのオーディオでしか聴かないんだよって人も、PCに取り込んでみましょう。初回限定盤1,2、通常盤全部です。同じ曲がかぶりますが目をつぶって下さい。<4>いつも通り、じゃんじゃん呟いて下さい。但し、一つ注意事項があります。アーティスト名と楽曲名を同時につぶやくこと。どちらかだけでは、カウントされません。そりゃそうです。今回のアルバムなんて、他アーティストで出している曲名、ばんばんありますもの。その点でも、キミアトさんの優秀さよ。簡単でありながら、独自なタイトル。素晴らしい。<5>これは、公式しかカウントされません。で、公式なんて動画サイトに上げられる日が来るとは思えないので、この指標は頑張れません。


はぁ、誰も読まねー、こんな記事!長い!と思うものの、伊野尾さんのおかげでまた一つ要るんだか要らないんだか分からない知識が増えました。新しいことを調べたり知ったりするのは、楽しいです。伊野尾さんありがとう。CDを買ったのなんて、「真剣SUNSHINE」の時点ですごく久しぶりでしたけど、今度はアルバムを全種類買いましたよ。そんなことしたの人生初めてですよ。完全に伊野尾さんのせいですよ。きっと、次もまた買っちゃうので、まずは早急にカウコンをBD化して販売して下さい。待ってます。


(追記)

ランキングと言えば、「うたてん」「アクセスランキング」で検索してみて下さい。1位からなんと15位までが、全てJUMPの曲。そしてまた17位から19位までJUMPとなっています。ここは歌詞検索サイトなのですが、何がすごいって10位までを独占することが史上初という快挙だそうで。7/29時点で「このような状況は珍しく、ファンの熱い気持ちを感じる。どこまでこの状況が続くか興味深い」とあるのですが、8/5時点でまだこの状況ですよ、どーよ!