読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

心の安寧をもたらす伊野尾慧。


今朝は一応「めざまし」待機で5時過ぎに起きて、始まってオープニングにいのちゃんがいないことに安心しました。いなくて安心って不思議な感じですね。今日の「めざまし」に出番があるような情報があったので、正直心配していました。大阪から中継ですね、本当に良かった。時間が空いたので、昨夜の「いたジャン」を見ることに。実は昨夜も全然寝られなくて、ネットに上がった「HOPE」演技アピール、伊野尾慧編だけ見てしまっていました。いや、すごいね、伊野尾さん!普通の事務机を前に座っている伊野尾さんの格好良さに惚れ惚れしたのも、一瞬。なんですか、これ!最高過ぎるでしょ!これを大画面で見よう。最初は、ダンクの裏側密着でしたが。見れば見るほど、慣れないことを短期間に無理やり練習してあそこまで持っていったんだ、ということが分かって何とも言えない気分に。そうすると、キスマイはナオトさんとの歌コラボにキスブサだったわけで自分たちの土俵でいいなぁ、と少し羨ましくなりましたが、そんなこと言うのも大人気ない。ダンク裏側を見ていると、緊張した面持ちの圭人くんの方を山田くんが振り返って何か言うとふと笑顔になる圭人くんとか、結構それたボールも上手くキャッチする裕翔くんの運動神経の良さとか、円陣の声掛けは光くんなんだなぁとか、色々良いシーンがありました。そして、いのちゃんがあまり上手ではないということが印象づけられるような構成。ここ、勝手な想像なんですが。そんなことが可能なのかも分かりませんが、いのちゃんの意見が取り入れられていたりしないだろうか。らじらーでも、「俺、運動神経悪いから」「知念に悪いことしちゃった」と繰り返していたいのちゃん。裏側密着の最後にも、自分の肘が伸びていたから成功した、とコメントしていました。あたかも、失敗はどれも自分のせいであったかのように。どちらも、雰囲気を和ませるようなコメントの仕方で重々しくもならず、大人だなぁ、と私は思いました。月曜日に、「27調」やってましたね。そのVの最後にいのちゃんがちょっとコメントします。コメント終わってそのまま行くかと思いきや、振り返って「疲れたねー、えへへへ」ってスタッフさんに向かって笑って言ういのちゃん。そして、そのまま、そこに残ってスタッフさんとニコニコ話しているいのちゃん。ここはもう音声もなく、主画面はスタジオに戻っているのですが、スタッフさんといい関係を持っている様子が垣間見えて、大好きなシーンです。「イノ調」でも、スタッフさんと楽しそうにやり取りするいのちゃんがちょくちょく映っていますね。スタッフさんは画面のこちら側で映らないですが、結構ため口で、親しそうに話している様子。コクーンタワーロケの時、ワイプに映る「めざまし」アナの皆さんと番宣のゲストの方たちとの表情の温度差に驚いたのですが、「めざまし」は既に身内なんですね。ファンがいのちゃんを見守るような目線に、すでに「めざまし」はスタッフさんもアナウンサーの皆さんもなっているように見えます。「ごり押し」と言われたりもしていた伊野尾さんですが、最近ではタイトルに「ごり押し」と入れておきながら、結局現場でのいのちゃんの評判の良さを語ったりする記事も見かけます。ファンとして、頼もしいよ、安心するよ。

さて、「いたジャン」ですが、ダンク裏側が終わったら、唐突に「反則ぷよぷよ」。へ、平和〜笑。TVの前で力抜けたよね。そして、ぷよぷよ王に完敗してました、あはは。その流れで、いのちゃんのだいぶイッちゃってる「会社怖い」演技、笑。朝から楽しくなりましたよ。見た目はあんなに美しくて、中身がこれ。ふふふ、いいよね、伊野尾慧、Hey! Say! JUMP