読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

最高級の食材のようだ、SODA 。


明日は大阪でコンサートの始まりですね。ところで、ちょっと前から「コンサート」なのか、「ライブ」なのか、「ツアー」なのか、悩んでいました。まさに新規らしさ発揮!よくコンサートを文字っての、○○魂なんていう言い方をするようなので(今回は親愛魂と皆さん呼んでますね)、コンサートかなと思いきや、ラジオで高木くんが「ライブでも」と言ってたり、そもそも全国各地で行われる場合、全国ツアーとも言いますよね。今までの記事も正直迷いつつ書いてまして。やっと公式見ればいいんじゃ、と気がついて、つい先ほどJunny's Web 見てきました。

コンサート「Hey! Say! JUMP Live Tour 2016DEAR 」。

うん、全部入ってた!あはは!表記から見るとコンサートが、一番表にたっていますね。でも、ライブでもツアーでもいいのね。呼びやすい呼び方で、今後呼んでいきたいと思います。

さて、ライブには行かれないオタク。とうとう、雑誌を迷いなく購入するオタクに進化しました。このブログを始めた当初は、ドル誌も買えず、それなのにこんなに買ってしまってどうしよう。と困っていました。このブログ開設したの、5月末です。2ヶ月でここまで来ました。すごい成長率です。毎度、雑誌が品薄になるたびにいちいちオロオロして、暑苦しい記事を書いていますが、今回の「SODA」でも無駄にヤキモキしてしまいましたよ。まず、早売りであの衝撃のビジュアル情報。売れ行きもいいらしい。ラストぎりぎりで購入できた、などの声も。既にポチッてはいたものの、まだ在庫確保のメールが来ていなかったのです。これは、2冊あってもいい!と覚悟を決めたのが日曜。家の近所の書店に走る、が影も形もないのです。さらには、平積み棚に、謎の空白スペースが。何かが、あっという間に売り切れたということでは?  それはもしや、と心配ばかり募り、その間にもネット上の評判を見て、これが入手出来なかったら断腸の想いだ!血の涙だ!       毎度のことですけど、思い詰め過ぎ  笑。こんなメンタルじゃ、将来事情が許してコンサートを申し込むようなことがあっても、当落確認出来ませんよ!

まあ無事に手に出来まして、この記事書いてます。入手できてなかったら、きっとまたタイトルに右往左往って書いちゃいましたよ。永遠の右往左往。  

「SODA」。まず、この雑誌が初めまして。伊野尾さんのおかげで色んな雑誌を初めて買うことになっています。まずジャンルは何だろう?このビジュアルからして、モード系のファッション誌?出版社は?え、ぴあなんですか?ぴあってファッション誌とか出してるの?その疑問は手に取ってみて判明。大人女子のためのエンターテイメントビジュアルマガジン、だそうですよ。ちょっと乱暴に言うと、大人向けドル誌ってことかな。掲載されているのは俳優さんたちなので、アイドルではないけど、大人のアイドルと言って差し支えないかと。この雑誌に掲載されるということは、伊野尾慧は、そして中島裕翔も(HOPE載ってます)、大人が好きになっていいアイドルなのだ、とお墨付きが出たようで嬉しい気持ちになりました。なかなか衝撃のビジュアルまで話がたどり着きませんね。でも、皆さん、もう漏れなくご覧になって、もしくはネットで周知の内容ですよね。私が何をか言わんや。眼福。そう眼福でした。因みに、ハイブランドの広告ページかな?と思う写真もありました。もしそうだとしたなら、ブランド名が印字されるその箇所に、  Inoo Kei    とあります。あたかも、高価なブランド名であるかのように。


私はオタクとして色々な伊野尾さんを味わいつくしたい。高級な食材をそのまま食べても、贅を尽くした料理の形でサーブされても美味しいように、伊野尾さんはどのように提供されても、舌鼓をうって至福の時を味わうことが出来る最高級の素材です。

さぁさぁさぁ、オタクの陶酔も度が過ぎてまいりました。が、私は「SODA」のお料理が大変お気に召したのでまた食べたいですよ。幸いにして「編集後記」にまたご登場いただきたいです!とありました。どうぞ是非ともよろしくお願いいたします。