読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

一人ずつ落としていくのか、伊野尾さん


まだまだよそ行きとは言え、だいぶ「めざまし」に馴染んできた伊野尾さんですが、200人もいるというめざましスタッフさんには挨拶出来たのだろうか、「挨拶に行きますよー!」って4月に言ってたけど、さすがにまだ厳しいよね。TV誌で読んだような気がしますが、現場ごとに一人くらい仲良しのスタッフさんが出来て、その後もご飯食べに行ったりするんですって。いい話だ。残念ながら、その様子は私たちの目に触れることはないのですが、めざましのアナウンサーの方々を少しずつ落としていっている小悪魔伊野尾慧は、ちらほら見ることが出来ます。


昨日の「めざまし」の「いのお飯」。立本先輩、小悪魔いのちゃんに翻弄されてませんでしたか。そんな風に見えるのは、オタクアイで見ているから、心が濁っているからでしょうか。らじらーの口説きもあれは下ネタなんかじゃなくて、そう聞いてしまう人が悪いのですよね。赤いハートで結ばれた織り姫彦星カレーを食べながら「近くないですか」と隣に座っている距離を意識させておいて「甘ーい♪」「恋が始まっちゃいそう」と続けざまに連打。立本先輩、笑っていいのかどうしていいのか突っ込むことも出来ずにオロオロしちゃってたじゃないですか。これ、朝の全国ネットで放送していいやつ?いいんです。だって、カレーの感想を述べただけ、食リポですよ?え、でも、この立本先輩の動揺っぷりは?TVの前のオタクも、どーしたらいいか分かりません。

スタジオで短冊に書いた願い事を披露する伊野尾さん。「軽部さんとロケに行きたいです」。いつもは軽部さんをむしろいじっている、そしていじり返されてるいのちゃんですが、そこに急にこの可愛い発言。軽部さんもにっこにこで「是非行きましょう!」とお話がとまらなくなってます。これが今週。

先週は、いのおピクチャーで浴衣の写真を披露していましたが、それを見た三宅アナの発言、「あらー可愛いこと!」。3歳になったばかりの初孫を前にしての発言かと思ってしまうほどのデレデレぶり。でも、オタクも同じ気持ちでした。テンションから何からオタクの思いをそのまま表してくれ過ぎてビックリです。三宅さんについては、「めざまし」初日に「こっそりテーブルの下で手をつないでおきましょうか」って、確かにいのちゃん言ってましたよね。今でも、ほんとか?あれはオタクの邪な心が生み出した幻聴なんじゃないか、と思わなくもないですが、多分言ってました。

そして、この浴衣写真披露の流れで、急に後ろを向いて中村アナに話しかけます。「中村さん、浴衣持ってますか?」「甚平はあるんですけど浴衣は持ってないんですよ」「僕も持ってないので、ぜひ浴衣買って一緒にお祭り行きましょっ♪」「誘われちゃった…」って、なんだ、この流れ。朝の情報番組だよ、ね?  こうして、一人ずつ一人ずつ、アナウンサーの皆様を落としていく伊野尾さん。次は、生田アナだ、頑張れ!(?)