読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「もしも仕事関係にJUMPがいたら」続き


今、会社帰りですが、カバンが重いです雑誌で 笑。ネットで頼んでおいた「Myojo」「ポポロ」が届いたので取りに行き、書店に寄って今日発売の「NYRON」、さらに発見したTVガイド誌を買って。合計4冊かー。注文中のものもあるし、明日はステラ買わなくちゃだし。恐ろし過ぎます。コンサートに行けないのだからせめて在宅オタクの出来ることは、みたいな言い訳で加速ついちゃってるなー。


さて、そんなモヤモヤを妄想でうやむやにしてしまおうという、自己満足企画第二弾いっちゃおうと思います。


◎伊野尾慧

開発戦略室の伊野尾さん、時々ふらっと現れて、とりとめのない謎な会話をして帰っていく人です。かと思えば、「この前言ってた機能、作れることになったから、売っていいよー」なんて、突然薮先輩を驚かしています。「嘘だろ?あれコストなんでこんなに下がってんの?」「○○さんがこの費用でやってやるって言ってくれたから大丈夫。」いつの間にか、地方の開発拠点で鬼軍曹と呼ばれている○○さんを味方につけている伊野尾さん。いつの間にかカラオケも一緒に行く仲になっていると聞いて、営業課一同ビックリです。


◎中島裕翔

経理部の中島くんは、いつでも数字を睨んで真剣に仕事をしています。ちょっと話しかけづらいな、でもこの案件は急ぎで経理承認もらわないと、と困っていると、急に顔上げて「あ、ごめんね!気がつかなかったよ!」とキラキラの笑顔で話しかけてくれます。ほっとして書類を渡すと、また真剣な表情に戻って数字をチェックしてくれました。「部長が急いでいた件だったので助かります。」とお礼を言うと、「○△さん?『おおぉーあーりがとう、助かるよぉう』」とうちの部長の物真似をかましてくれるのでした。


八乙女光

「そのマスタは使えねぇって言っただろーよ!」システム部の八乙女さんが部下を叱責するいつもの光景。「しょうがねぇな、一緒にやんぞ!」でも、なんだかんだずっと面倒を見ちゃう八乙女先輩です。よい頃合いに「ひか、飯食いにいかね?」と薮先輩が後ろに立って、一休みとなりました。実は歌も踊りも物真似も上手で、客先との宴会では引っ張りだこの八乙女さん。「俺、営業じゃねぇっての」とぼやくのでした。


山田涼介

デザイン部の山田さんは元々デザイナーなのですが、費用交渉もガツガツするわ、外注先の印刷所とゴリゴリやり合うわ、攻めるタイプのデザイナーさんです。もちろんデザインも入社2年目位からメキメキと腕をあげ、あいつに任せておけば間違いないとの高い評判の持ち主。非の打ち所のない山田さんですが、高いところだけは苦手らしい、ギャップに萌えるよね!と、給湯室で持ちきりです。


岡本圭人

普段は海外の取引先対応のない部署なのに急に海外のお客様が来た、などの際に支援してくれるグローバル推進室。岡本くんは配属2年目。普段は優しく大人しい表情の岡本くんは、英語を話し始めるとガラッと雰囲気が変わって頼れる岡本さんに変身。ドキュメントの翻訳にも定評があり、英語で困ったらまず岡本くんに、と頼られっぱなしです。山田さんが「ドキュメントの原稿まだかよ、印刷出せねー早くしろよっ」と、がーがー言いにくると「そんな言わないでよ、ごめんてば」と困った顔しますが、その顔が可愛いともっぱらの評判なのでした。


高木雄也

支社勤務なので普段はお見かけしないのですが、時々出張で本社に来ると、必ずお土産を持ってきてくれる優しい高木先輩。それも、ありがちな名産品じゃなくてお取り寄せ人気第2位とかの入手困難なスイーツを保冷バッグに入れて持ってきてくれます。「味2種類あるから、好きな方選べよ、どっちが好き?」ってイケボで言われたら、もう午後の仕事は集中出来ません。「来月の展示会の時、また来るわ。」と爽やかに帰っていく高木さんなのでした。