読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「もし仕事関係にJUMPがいたら」


皆様、当落確認出来ましたでしょうか。お疲れ様です。何となく、大人な皆様は焦らずに明日以降確認しよう、みたいな感じなんでしょうか。若いお嬢さんたちが「もうNTTの声聞き飽きた」「NTTさんお疲れ、私も疲れた」「電話番号の登録名を自担に変えてみた」「ストーカーになった気分 笑」などとつぶやいているのを見て、頑張れー頑張れーと思うしかありません。昨日の夜、登録名を自担の名前に変えているのは誰担が多いか数えてみようと、浅はかなことを思って数え始めたんですが、さっそく数えるメンバー二人目、山田涼介さんで断念しました。多すぎて、数えてられねーってなりました 汗。圧倒的山田涼介。ファンの傾向がうっすら分かるかな、なんて考えた私が本当に浅はかでした。一人目は高木くんだったんですが、3時間遡って8人だったんです。以前、ゆうやんが「俺のファンは人妻だから大丈夫」って、何かで言ってたんですが、何となく納得の結果ですよね。やっぱり9人全員やれば良かったかな、自己満足のために 笑。


さて、「自担に電話かける」カウント断念した私ですが、久々に他の方が書いている「雨の日に迎えにきて欲しいジャニーズ」を読みかえして、自分でも妄想してみたくなりました。「お迎え」は出来なさそうなので、あっさり「仕事関係にJUMPがいたら」ってゆるい感じで。最初に浮かんだのは、知念くん。何だろう「雨の日」の時も、真っ先に浮かんだよ。妄想喚起力強い?


◎知念侑李

春まで法務所属でしたが、新設された「公正取引推進室」に移り、社内からの問い合わせに真摯に対応してくれる知念くんです。「ええ、ええ、分かりますよ。数字は大事ですよね。でも、ダメなんです。それやってしまうと談合とみなされても仕方ないです。止めておきましょう。」最後に、言われていないのに電話越しに「ね。」って微笑まれた気がしてしまいます。優しい口調ですが、キッパリ「ダメ」を言い渡されます。


◎有岡大貴

営業3課の有岡くんは、配属3年目。彼が外回りから帰ってくると、そちらを向いていなくても隣の部署にいてもすぐ分かります。「いやーすっげえ雨!靴の中びちょびちょだわ!傘役に立たねー!」わーわー言いながら帰ってきます。ぱぱっと靴下脱いで、社内履きに使っているクロックスに履き替えると、すぐさまマネージャーに客先の報告を始めます。「分かったけども、売掛報告今朝までだぞ、出したか?」と言われて「やべっ!すいません!すぐ出します!」と慌てて

机に向かう有岡くんなのでした。


◎薮宏太

そんな営業課の先輩が、薮主任です。システム部の八乙女さんと年次が近く、若いうちから大きなプロジェクトを任され、苦労を共にした仲です。いつもニコニコしている薮先輩ですが、彼がリーダーを務めるプロジェクトはなんだかんだまとまりが良くていい結果を出すので、上層部からの信頼もあついのでした。有岡くん始め、後輩達が質問しに来ているのはいつもの光景です。でも、庶務のお姉様に「薮くん、この依頼書、古いフォーマットだから!」って怒られているのも、あるある。「やべーまたやっちゃいました?」くしゃっとした笑顔で言われて「もーしょうがないな。今回はこっちで直しておくから、次から気をつけてよね。」お姉様、先月もそう言ってましたよ。


他6人は、またあらためて、にしますね。楽しいですね。書き始めると、湧いてくる、湧いてくる、自分こわっ!


今、「そし誰」さんからLINEが来ました。主題歌、クリープハイプですって、いやーっほい!書き下ろしの「鬼」という歌だそうで。クリープハイプ「エロ」でうっすら鬼畜感ただよう伊野尾さん妄想していた私。期待するしか、ないよね。