読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

レインボーキャンディガールになりたい人生だった。


兄弟いなくて、幼なじみの年上のお兄さんなどもなく育ってきました。長じてからも付き合うのは年下ばかり(そもそも総数少ないけどな!)。そんな私の心の隙間に入り込むこの曲「レインボーキャンディーガール」!ただ、どうしても今までの人生で「妹」的体験が少なすぎて、ドキドキワクワクしながら聴くことは出来ても、曲の中だけでも「妹的可愛い女の子」気分にはなれないっていう残念さ。それでも、繰り返し聴いちゃうよ。

全国の伊野尾担の皆様には、首がもげるほど頷いて頂けると思うのですが、伊野尾さんにこんなこと言ってもらえちゃうんです。


「そんなヒールはいちゃって、ふらふらしないで、見てらんないんだベイベ」


ベイベですよ、ベイベ。らじらーでは、いろいろな口説きを披露してくれる伊野尾さんですが、下ネタ寄りだったりネタ感満載だったりですよね。ストレートなベイベ、意外とキます。こうやって文字に起こして思いましたけど、歌詞をテキストで見てもこの魅力は伝わってませんね。つまり、伊野尾さんの表現力であの歌詞は素敵になってるんです!歌の表現力では、他のメンバーの方が上かな、と思うことも正直多かったのですが、これは何度もリピートしちゃうくらい、イイです、ほんと。まぁ、後はいのちゃん歌割り少ないんで、ジックリいのちゃんパート聴ける曲少ないってのはあります。と、伊野尾慧の魅力がすごいよ、的な話で進めてきましたが、この曲はメンバー一人一人、キュンとくるところがあります。だから、他のメンバーのファンの方が聴いたら、聴きどころは別の場所!って思うかもしれませんね。知念くんにシュークリーム買ってもらいたいし(ちぃちゃんが買ってくれるって、貴重!←目線違う)、圭人くんに「メイクなんてしないでいいじゃんて、変に焦るよ」って言われてみたいし。中でも一番言われたいのは、大ちゃんの「ほら機嫌なおして」。これも破壊力抜群ですよ。この声で言われたい、と伊野尾担でも心底思ってしまいます。大ちゃんの声、さすがリア恋枠NO.1。いい大人、機嫌なんか自分で直しますから。あぁ「もういい」「バカじゃない」ってすねて、機嫌とられたい!「まぁいっか、そんなとこも可愛いよ!」って言われたい。ぶんぶん振り回してもほっとけない、か。そんな人生送りたかったなぁああぁ!

そんな私は、耳元で「見てらんないんだベイベ」cv.伊野尾慧、を聴いて甘酸っぱくなってます。オススメ!