読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

「そし誰」さんと友だちになる。


普段、LINEなんてまあそこそこしか使ってないし、公式アカウントと友達になるなんて発想はなかった訳です。でも、「そして、誰もいなくなった」公式さんとお友達になると、スペシャル画像を配信してくれたり、例えば「伊野尾慧」って送信すると「【日下瑛治(26)】新一の行きつけのバー『King』の若きオーナー兼バーテンダー。甘いマスクと優しい言葉で〜(以下結構長く続く)」などとお返事してくれる遊びが出来たりすると知り、さっそく登録してみることにしました。


まず、「そし誰」のサイトに行ってみよう。下の方にLINEのボタンあるなぁ。あ、「LINE友だち追加」ってボタンあるね、ぽち。友だちになったみたいだから、さっそく聞いてみよう。

「日下」、送信。

「呼びましたか(クマの顔文字)」あれ、そうくる?でも、すぐお返事してくれるんだなぁ。じゃあ。

「伊野尾慧」

「(ちょっと怒ったウサギの顔文字)」え?

「プロフィール教えて下さい」丁寧に言ってみた。

「(目がハートの顔文字)」…使えね〜!

ここで、わたくし気がつきました。この人「そし誰」さんじゃなかった!「日テレドラマ」さんだった!紛らわしいです。ほんと。結局「そし誰」公式サイトからはたどり着けず、LINEから直接公式アカウント探して友だちになりました。

で、まぁ無事に、プロフィール教えてもらう遊びは出来ました。「容疑者は?」と聞くと、まだ聞いてないCASTの説明をしてくれます。スペシャル画像が待たれます。


画像と言えば、なかなかドキドキする予告が公開されましたね。どしゃ降りの中、傘持って立っているシーンがすごく好きなのですが、さらに気になるのはまるで伊野尾さんが藤原さんを拾ってお持ち帰りして脱がしちゃった?の?的な画像。皆さんの反響よんでますね 笑。さすが、「ポポロ」7月号で、得意なスキルとして「相手に気づかれずに服を脱がす。」と回答していた伊野尾さんです(有能なスパイという設定での話ですよ)。これは結構登場シーン多いのかも、とついうっかり期待してしまいます。主役ではない訳だけど、役の年齢が放送時同じ26歳だったり、日下さんが「甘いマスク」「客の心にすっと入ってしまう不思議な魅力」「しかしそのプライベートは完全に謎に包まれており」だったり、と完全にアテガキですよね。視聴者の反響に、よっては出番も増えるかな?なんてつい考えてしまいますね。藤原竜也さんは、十八番の「う゛あ゛ぁああぁ」を披露してくれてました。制作の方たち、「○○さんだったらコレしかないでしょ!」みたいな面白がりか 笑。ドラマとして面白ければいいんです!まだ1ヶ月先なのか。ドキドキ。はぁはぁ。(いのぺより)