読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

伊野尾さんを録画するということ。


我が家に新しいTVが来て日が浅く、地上波の番組を見るという基本的なことすらまごまごしていた私が、録画したものを編集したりBDに焼いたり出来るようになったのも、ひとえに伊野尾さんのおかげでした。伊野尾さんのカッコいい面白い可愛い姿を何度も繰り返してみたい、その一心です。目的があると、物事の習得スピードは格段にアップするものですね。


まだ、編集しているところを見られたことはありませんが、さすがにせっせと録画編集していることは家族も知っています。「正直、メディアに落としたらなかなか見返したりしないよ?」とあきれたように言われたりします。

いやいや。何度見返したことか。伊野尾さんを何度も大画面に見返す幸せな時間のために、家族が寝静まった後や出張の留守時を狙い、若干睡眠時間を削ってまで、せっせと編集しているのです。特に「めざまし」と「メレンゲ」は、編集に手間が掛かります。「いたジャン」はCMだけ削ればいいので、ラクなもんですが。

そうやって、編集しまくっている「メレンゲ」ですが、今週はラクでした!「今回は神回」とどこかで見かけましたが、そう言ってもいいですね。ちょうど1000回の記念する回にこのゲストをキャスティングした制作の方、さすがです。明石家さんまって、ほんとにずーっとしゃべってるんですね。今回はゲストなので、自分の話をどんどんしゃべっていい場なわけで、さんまさんMCの番組の何倍もしゃべってた印象。その分、いのちゃんがからめるシーンはほとんどありませんが(だってあのトークの間、息継ぎしてたかなって位、隙間がないんですよ。)面白かったので、ノーカットとしました。次のマツコ・デラックス。いのちゃんらしさが十分発揮できた絡みがいくつかあって嬉しい。これはマツコさんが、突っ込んだりトーク振りをしてくれたりしたおかげが大きいので、さすが売れっ子MCの力量を見た思いでした。でも、自分のターンになった時にちゃんと面白く出来るいのちゃんもさすが。そして、なんといっても見逃せないのが、マツコさんのお友達ということで、あの大泉洋さんがVTRで登場したシーン。いかな新規と言えど、いのちゃんが大泉洋さんの大ファンだということは知っています。さすが、大泉さん。「光栄です。機会あったらぜひ」みたいなありきたりなコメントしないですね。「(こんなに会いたいなんてほんとは)何かの復讐を企んでたりしない?」だって。あはは。そして、ワイプのいのちゃんが、恋する乙女過ぎます。ワイプすら撮れ高の高いいのちゃんです。スタジオに戻ってトーク。「大泉さんに憧れ過ぎて、クルックルにパーマかけたことあって」。あの髪型、そういうことだったの? 伊野尾さんの髪型については過去から現在に至るまでいろいろ思うところがあって長くなるので、別の機会に譲りますが、何だか腑に落ちたなぁ。


いのちゃんを追いかけて、録画編集していると、他の人の魅力やすごさにも気がついてしまうようです。楽しいです。