読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しけり

新規が伊野尾沼で右往左往しています

うざ可愛い。

昨日の第3回「いのちね」ラジオをメンバーが聴いたら言いそうなこと。


髙「伊野尾くん、うっざ!笑」

有.光「うるせぇよ、いのちゃん」「うるせぇな 笑」(口々に)

裕 手を叩いてひたすら笑い転げる。

薮 (ひとしきり笑ったあと)「伊野尾、ヤバいな 笑」

圭「いのちゃん…(しばし呆然として)どうしちゃったのかな 笑」

山「だから、この2人に任せておけないんだ。オレはちゃんとやるぜ。  笑」


いやぁ、いのちゃん、うざ可愛かったですね。出だしからして、ちねたんに「IKKOさんのテンションヤメて 笑」と、言われるほどノリノリ。そして、先週に続いてまたも「JUMP TOP3」。スタッフさんありがとう!いのちゃんも「お題ちょうだい!」←誰?って聞きたくくらいのテンションですよ。ここ、ワタクシ好き過ぎてリピートポイントの一つでした。

1個目のお題は「挙手しなさそうな人TOP3」。確率は、84分の1、0.2%くらい、と知念くんが発表。これは「伊野尾慧さんが、計算」(先週のちねたん的駄洒落)し始めるのを封じたか? 紙とペンを持って、いのちゃん曰くJUMPイチ分析派の二人が臨んだ結果は、何と知念くんが順位も含めて1位と2位を当てるという好成績でしたが、授業の話を聞いていなさそうとリスナーさんに言われて、心外な伊野尾さん。「話聞き過ぎて聞き過ぎて、大学まで行っちゃった」と繰り返し主張。そこは譲れないんだね。頑張ったものね。でも恐らく「伊野尾慧=人の話聞いていない」キャラが世の中に浸透し始めてます、大変 笑。ゲッターさんの影響力ハンパない、と言いますか、あそこで「人の話を聞いてない」と言われて、あぁ、と深く頷いた人が多かったんでしょうね。だって「もっと話聞いているフリ、頑張って!」って、思うことありますもんね、メレンゲ見ながら。

さて、2個目のお題。え、2つやってくれるの!やったーー!暗がりでガッツポーズするオタク。「面白いお題がいいな」といのちゃんもワクワクの様子。お題は「中身が入れ替わっても、誰にも気付かれず一日を過ごせそうなメンバー」。映画「君の名は」にちなんでいるということで「入れ替わってるーーっ⁈」って、セリフっぽく言ってるいのちゃん 笑。ここで、二人で考えてみよう、と新ルールを持ち出します。考える過程を楽しみたい、その楽しさをラジオにのせてリスナーを楽しませたいと考えたであろう伊野尾さん、やるね。自分自身が似てると思うのは、「知念と髙木」。確かに今、いのたかといのちねがアツイですよね。しかし、ちねたんからは「誰とも似てると感じることはないかな」バッサリ 笑。ここから、急にテキパキと厳しい物言いになる伊野尾さん。ん、どうした?と思う間も無く、すかさず知念くんが「別人?入れ替わってる?」と指摘。そして二人で「入れ替わってるーっ!」とワチャワチャ。知念くんの頭の良さには感服します。いのちゃんがぶっ込んでいっても、すぐその意図を理解する賢さよ。すっかり安心した伊野尾さんは、どんどん暴走し始めるよ。お題に沿って「似ているかどうか」「サイズ感は」など分析を進めてきた二人ですが、「コンビ」ということでいわゆる「コンビ厨オタク」の心理を分析し始めます。ここに至っても、やぶひか、ありやまなどのオタク用語を頑なに使わない伊野尾さんよ。絶対知っているはずなんですけどね 笑。何というか、伊野尾さんのオタクに対する態度には「同族嫌悪」的なものを感じることがあります。穿ち過ぎですかね。いや、ジャニオタではないと思いますけど、オタク的なるもの、というところで。(ジャニオタは、河合郁人くん、松島聡くんか。知念くんはジャニオタではなく、大野担)

ここから、伊野尾さん知念くんによる大暴走なオタク心理分析。

◎やぶひか「あの2人はずっと一緒だから、わかり合ってるんだモン!通じ合ってるんだモン!」

◎ありやま「2人のダンスは息ぴったりなんだモン!」

◎ひかけと「2人は入れ替わっても気付かないんだモン!」←そんな訳あるかい!


伊野尾さんの言い方が、完全にオタクをバカにしていて、笑う。このオタクは、また暗がりで声を殺して「うざー、うざいわー。いや、うざ可愛いわー。」と言いながら、笑い転げなくてはなりませんでした。そして、知念くんは、光くんの「おバカキャラ」大好きだねー。最近の光くんは、その期待に応えようとし過ぎているきらいがあるので、そろそろソッとしておいてあげて?笑。


リスナーさんの答えは、3位のまさかのやまゆと、「演技力で完全に周りを騙せる」に、その考え方かーとなりつつも、1位やぶひかが理由までどんぴしゃで大喜び。理由読み終わった後、すかさず「だモン!」と付け加える知念くんの勘の良さよ。そして、2位のいのちねについては「悪ふざけする前言ってた!」といのちゃんが口惜しがっています。悪ふざけしている自覚あった!笑 「知念と一緒だと全力で悪ふざけ出来る」と感想を述べていた伊野尾さん。うん、相当ふざけてたね 笑。悪ふざけし過ぎて、エンディングの「幸せエンドレス」がかつてないほど短かったです。ありがとう、期待していたいのちねTOP3が堪能出来て幸せです。来週は、圭人くんと大ちゃんなので、ちゃんと圭人くん大好き「幸せエンドレス」やってくれると思う。でも、ありけとが真剣に考える「TOP3」も超期待しています。


はー、いのちねの組み合わせ最高ですね。年末からずーっとラジオがアツ過ぎて、シンドいです。

(うるじゃん 2017.3.3)


(訂正)

演技力高いコンビの箇所を間違って記載していました。正しくは、山田くん裕翔くんのやまゆとです。修正させていただきました。失礼しました!


大ちゃん効果。

おはようございます。雨の木曜日ですね。「伊野尾くんの来る木曜は雨」いじり、三宅アナ先週に引き続きありがとう。今朝はまた見ていてニコニコしたくなる可愛さの伊野尾さん。「いのお飯」が、きぬさやえんどうなんですけど、両手で豆を持ってはむはむ食べている様子が可愛いの極み。あまりに絵本ぽくて、豆がらみの絵本を思い出しましたよね。「ソラマメくんシリーズ」とかさ。今日も良い食材を選んでくださって、スタッフさんありがとう。それにしても今日はまた一段と透明感があるなぁ。伊野尾さんも人間なので、お肌がお疲れの時とかあるじゃないですか。関ジャニ横山くんゲスト回のメレンゲとか、この前の「Cut」とか少し心配してました。お肌ツヤツヤだと安心します。あー自分だったら見も知らん人にそんなことまで心配されてたら気持ち悪いなぁ 笑。キモオタですまないねぇ。

そして、この後は「いのおピクチャー」(鰻捕まえて、食してた←ネット情報 笑)と「イノ調」な訳ですが、いつも通り見れておりません。だって、もう家を出てしまっているのだもの。「アクア」終わりに、「イノ調では、伊野尾さんの目に涙」と永島アナがお知らせしてくれていたので大変気になります。気になり過ぎて、けん玉で何かが成功したらしきいのちゃんが「エイドリアーン!」ってなっているキャプ見てしまった。ロッキー…。しかし、詳細は分からないので、帰ってからのお楽しみ。そうか、ワンセグって素晴らしい機能だったのだな。ワンセグあれば、外であろうとリアタイ出来るってことだものなぁ。ワンセグを熱望してしまう日が我に訪れるとは。


さて話変わります。オリコンで1位獲得した「OVER THE TOP」ですが、「ビルボードHOT100」でも無事1位を獲得出来ましたね。ワタクシ、Twitterでもどうやって「OVER THE TOP」と「Hey!Say!JUMP」の両方を入れ込んで呟けるか、ひっそりと一人大喜利を開催しておりました。これも大海の一滴くらいにはなっただろうと思って、一人で「自分お疲れ」と安堵した次第です。

オリコンの初週売上は271,945枚と発表されていましたが、ビルボードでは283,090枚と更に枚数を伸ばしています。データを取得する期間が違うのでしょうね。何日まで駆け込みOKなのか知りたいところです。圧倒的なポイントを積み上げて堂々の1位獲得でしたが、唯一右肩下がりな指標がありました。


■ツイート指標

「Fantastic Time」13位

「Give me love」  7位

OVER THE TOP」  9位


いやこのくらいなら、順位維持と言っていいのかな。第1弾シングルと言っている以上、シングル発売は続くと期待していますので、引き続き発売時には「一人大喜利」開催していきたいと思います。あと、らじらーで公式に略称を決めちゃうの良くないからね。OTTPって上手いこと言うな、と思ってしまった自分が口惜しい 笑。読み上げられない前提で、らじらーに投稿するか?(←しました 笑)


さて、今夜は「いのちね」ラジオ第3弾ですね。今日も是非是非「JUMP TOP3」で盛り上がって欲しいし、radikoさんのご機嫌が麗しいことを本当に祈ります。先週は、途中で止まって焦りましたよ。ブラウザ立ち上げ直すまで動かなくて、マジ冷や汗かいたから今夜は頼む。

そして、今週の「いのちね」ラジオ前には、先週のらじらー大ちゃんゲスト回(神回!)の話をしておきたい。でも、ラジオの話って、自分のためのインデックス的用途のために書いているところが大きいのですが、この大ちゃん回はもう録音したファイル名にも「大ちゃん」って入っていて、間違えようもないので、そういった意味ではわざわざ書き残す必要もないかもしれません。だいたいこの回が大好き過ぎて、リピートし過ぎてる。ただちょっとだけ言いたい。①ズッコケの空気感て、いのひか、いのあり、ありひか、どのニュアンスもありつつ、全然違うんだなぁ、ということです。そして、そっと保存しておきたいくらい、仲良しの男子高校生がワイワイしている光景の理想図そのもので、現実にはないかもしれないくらいでしたね。いや、でもアレは現実世界で起きたことの筈ですけれども。お互いのことを好きですか?と質問すれば、「全然!別に!」などと言いそうなのに、大好き楽しいが溢れてた。いのひかの、自分の方こそ大ちゃん知ってる感よ。②いのあり劇場開催! いのあり劇場をどれだけ欲していたことか。バカバカしいことを真剣にやる人が大好きなんだよ!伊野尾さん、メイキング頑張るって宣言してたよね!もっと劇場を、頼む。 そして、いのあり劇場は、突っ込む、もしくは飛び入り参加する人がいた方がより楽しくなります。光くんもいてこそのいのあり劇場でした(何が始まったんだ 笑) リバーブかけるスタッフさんも素晴らしい 笑。③大ちゃんて、ほんとにリア恋枠って言われるだけありますね。有岡担さんて、すごーく幸せで、そして切ないね、と思ったことでした。「苦しませてゴメンな」って、さっと言ってくれる大ちゃんよ。苦しくて幸せだよ、きっと。④そんな大ちゃんがかけてくれた曲は、爆イケでしたね。ビッケブランカ「ココラムウ」、ダウンロードしちゃいましたよ。ついでにせっかくだから他の曲も聴いたのですが、ダントツでこの曲が一番カッコ良かったので、さすが大ちゃんです。さらに、ついでに多分1月頃だったと思うのですが、リスナーさんのリクエスト曲で気になってメモしていたのがあったので、改めて聴いてみました。ズドン(ジェシーくん、ではない)。どハマりしました。ぼくのりりっくのぼうよみ。リスナーさんのオススメ曲ではなく「hollow world」というアルバムを、「OVER THE TOP」とともに聴きこんでいます。らじらーありがとう。大ちゃん、ありがとう。そして、この大ちゃん回のいのちゃんが本当に大好きないのちゃんだったので、それも大ちゃんのおかげ。重ね重ね、ありがとう。大ちゃんのおかげ、大ちゃん効果。ぜひ、またらじらーに来てくださいね。他のメンバーもね。来たことあるメンバーもね。仮に今月から一人ずつ、月に一回メンバーが来るとするじゃないですか。8月までかかりますよね。10周年長期企画で、「月に一度メンバーがやって来る!」イベントを開催して欲しいものです。あぁまた、投稿しなきゃ。


わかった、わかった。ジャニショ行って来たのね。

今日を逃したら次いつ行けるか、となったので、慌ててジャニショ行って来ました。(先週土曜に新写真発売) またその話? 許して下され。このオタクにとって一番現場っぽいのが、ジャニショなんですよ。いつか、FCに入る野望は捨てていません。そうこうしているうちに、嵐並みに益々チケット取れなくなったり、アリーナクラスなんてなくなったりしそうだよ、と危機感に震えてますけれども。今は、出来ることを楽しむしかない。て、訳でジャニショです。

「閉店間近です」と警備員さんに声掛けられつつ入店。係の人が、写真エリアの残人数をカウントしてレジフロアに伝えています。気合入れて、急がないと。JUMPエリア、うわ、拡がってる。柱挟んでエリアはみ出してる。凄いな。というのも、シングルなのに「OVER THE TOP」ver.と「Funky Time」ver.の2パターンの写真があるのです。そして、一番古いもので言うと、まだ「DEAR.」の時の写真置いてくれています。いい写真多いもの。置いておいて欲しいよね。もしかしての買い逃しもチェックしたいですしね。でも、今日は本当に時間ないので、自担中心に新しい写真をざーっと見ていきます。あの、ワタクシ非常に視力が悪いんですよ。コンタクトレンズ入れてもなお。そこそこ混んでいる状態で、素早く確認するとなるとどうしても「キノコキノコ、あった、これはない、これはキノコ」って見るしかありません。本当にそうやって見ている自分に気がついて愕然とするよね。いいの、キノコが自担なんです。ものすごく美しく可愛いキノコなんですよ…。そうすると、光くんも稀にキノコセンサーに引っかかります。そう、CDジャケット撮影時、ややキノコ風にしてましたよね。ここからここまでキノコ。でもこのキノコは光くん、て選別しなくてはいけない。もし光くん買うなら、キノコじゃない光くんが好きなんで。そして、もう諦めに近い気持ちがあるんですけど、恒例の薮くんにノックアウトされて、もはや逆らわず番号記入という流れです。今回は、まんま帝王様に引っかかりました。もう少し時間あると、ニュートラルながら不思議な魅力がある薮くんなどに引っかかったりもするのですが、今回は強いものにひれ伏した形です。「あのね、すごいよ。」これは、いたジャンの「ビビり三銃士」1台目の絶叫マシンに乗った後の息も絶え絶えのいのちゃんの声で脳内再生して欲しい(伝われ)。多分、薮様の目に魔力が宿っているに違いない一枚があるんですよ。他担でもマジ注意。というか、そろそろ、若干薮様担入ってるんじゃないか、自分?という疑いが芽生えて来ましたけど。そして、ジャニショ自体に若干諦めがあるところもあって、目が合ってしまったら抗えないところあります。場所自体が多分ヤバい。以前その流れで、イケ岡くん買っちゃったことあります。光くんもある。でも、7には手を出してなかったんですよ。そうしたら、今回は裕翔くんと目が合ってしまったよね。ニコニコしていて、本当に性格良さそうなの。彼は色んな葛藤を抱えつつも、JUMPにおいては一歩引いて全体を見たり、盛り上がった方がいい時は全力で行く本当に良い子じゃないですか。「Funky Time」のMVを見て、その優しく元気な大型ワンコ感に胸をうたれていたこともあって、つい手が伸びてしまいました。あぁ、とうとう7いったか、私よ。そしてご想像の通りです。もはや、今回は入店時に予め用紙を2枚取ってます(グループをまたがって写真購入する場合は、グループ毎に用紙を分けなくてはならない)。とっつー購入しましたよ。彼は「伝打伝助」とかいうブログをやっているのが悪いと思います。ざっくばらんなべらんめぇ口調なのに、語尾にピンクのハートつけるの、良くないと思います。ファンとの距離詰めたかと思うと、明日から芝居の世界に深く潜っていっちゃうらしい。トンズラするって、予め教えてくれて優しいな。はぁ、自担がこんなことする人じゃなくて良かったよ。日常生活に支障出ちゃうからね。あぁ、今回も結構買ってしまったなぁ。レジで一枚ずつ並べて確認する儀式があると思うんですけど、並べきれなくて横に無理やり置いてたもの、お姉さん。

いつも帰り道にジャニショ行ってきました話書きながら思うんですが、伊野尾さんの写真は問答無用で買ってしまうので現時点では何買ったかな?状態なんですよね。でも、一つ言える。ちゃんと見てなくても、何か美人臭ハンパなかった。今回相当自分の琴線に触れる伊野尾さんが沢山いた気がします。あぁ、今日も家族が早く寝ますように。暗がりにアロマライト灯して、美人さんに会うのが楽しみです。


(付記)

伊野尾担なのに、薮様にひれ伏したり裕翔くんに心打たれたりとっつーに骨抜きにされたりしていて、心良く思われない方もいらっしゃるかもしれませんね。申し訳ないです。ただ、将来的に長くジャニオタ続けるなら、目指すは事務所担なのです。青木アナ、尊敬してます。そんな奴のブログですよー。

BRUTUSさん。

今だに、「平凡BRUTUS」を噛み締めて生きていて、さらに次々に発信されるJUMPの海で溺れかかっています。素晴らしいです。寿命が延びているのか、都度都度息の根が止まって蘇生しているので、寿命としては縮んでいるのか、全然分かりません。ちなみにBRUTUSさんについては、本誌に掲載された伊野尾さんのごく短いインタビューの言葉をまだ咀嚼中だったりするのに、公式Twitterで一人ずつまたコメントしてくれるもんで、また読もうかな、って思ってしまうという、抜け出せない泥沼状態。泥じゃないな。もっと凄い良い感じの何かに絡めとられてるんですけども。登場している全てのグループについて日々少しずつツイートしてくれていますが、JUMPは表紙なだけあって、今のところ一番の情報量で目が離せません。2/14にさなぴーこと真田佑馬くんについて呟き始め、昨日2/27もまだ裕翔くん伊野尾さんについて語ってくれています。3/1に次の号「ティー特集」が発売されるようなので、もしかして今日までなのかな。コメントを取っておきたくなり、初の引用リツイートなるものをしてみました。さすが、文章のプロ。雑誌の宣伝というよりは、対象への愛情が感じられるようなコメントです。ドル誌じゃないのに、「子犬」連呼される大ちゃんよ 笑。薮くんについては「全身をお見せ出来ないのが残念!」とおっしゃるなら、小さくでもいいからどこかに載せてくれれば良かった。一生懸命拡大して楽しみます。裕翔くんの凛々しさが時代を超える感、分かりますよ。光くん、やっぱりらじらーから伝わってくる優しさは、こういった現場でも発揮されているのだなぁ。エースは、美しさについ注目してしまいがちですが、現場での仕事ぶりに言及してくれてありがとうございます。うちの自慢のエースです。ちねたんの可愛さについては、これ以上もう何も言えない感が。ですよねー。とりんとりんが向き合って一緒に練習している様子の可愛さ。そして、品の良さが隠しきれない圭人くん。髙木くんの意外な特技。それから、伊野尾さんの毛並みの良い猫ちゃん感。


さてこのお行儀の良いおすまし猫ちゃんみたいな伊野尾さんが、光くん大ちゃんの3人で寄り集まった瞬間に「ズッコケ」と括られるいのちゃんに変身します。それが今も健在である事を知らしめた先週土曜のらじらーでしたね。と、ここから語り始めると夜まで終わらない予感。BRUTUSの公式Twitterの件を朝のうちに上げたいので、中途半端ですが、ここでいったん上げさせて頂きますね。あー電車混んでる…つぶれる…。

その確率は、272,160分の1かもしれない。

今更ですが、先週の第2回「いのちね」ラジオの話です。先々週はちょっと畏まっていたいのちゃんが、次の週になった途端弾けまくっていましたね 笑。慣れたということもあるでしょうし、やはり「JUMP TOP3」の魔力ではないかと。乗り気ではなかった山田くんすら、金田一化させた「TOP3」。伊野尾さんはというと、一旦計算を始めたら解を導き出すまで止まれない理系男子が降臨してしまったようで 笑。

「9人のメンバーから雪合戦強いペア1位から3位」と聞いて、ペアだったらどうなるんだよ、天文学な数字になるんじゃないの、と、計算を始めます。72×72×72と聞いて、このオタクはズルく手元のスマホで計算してしまいました。伊野尾さんが必死に筆算している様子を見ていた知念くんは、概算で36万位じゃないの、と場を締めて進めようとするのですが、ちょっとちゃんとやっていい?と筆算を続ける伊野尾さん 笑。あくまでも、解を導き出すまでヤメられないらしい。どーしても 笑。  電卓機能を使ってしまったオタクは、手元の373,248という数字を見ながら、ちねたんの言う通りだからだいたい合ってるからもーバカじゃないの、バカじゃないの 笑!と声を殺して笑い転げましたよね。こーいう人大好きだよ。どんなにバカじゃないのって言われたって、意に介さないんだよね。それより、答を出して納得したいんだ。愛すべき理系バカとお呼びしたい。


そして、この記事を読んでくださっている方に一切需要なんかないとは思うのですが、私はこの答えが気になって。だって、この答え、まず72×72×72では求められないと思うのです。だが、絶望的に数学的センスも才能もないオタク、理系の同僚に頼りました。本当は、数学科という実学関係ない専攻(賞賛してます)の適任者がいたのですが、出張で来週まで戻ってこないので、理系と親切が混ざっている同僚を選ばせてもらいました。「確率、苦手!」という第一声。スマンな、しかも仕事でもないのに。うんうん苦しみながら、同僚からしぼり出されたのは、以下のような数式でした。


9C2×7C2×5C2×3C2÷2×24


Cって何?ってなったよね。自分で聞いておいてなんだけど、本当に本当に数学のこと分からな過ぎて、これ習った記憶すら抹消されてます。でも、多分これ確率の基本らしいんですね。少なくとも高校で習うらしい。


公式 nCr

異なるn個のものから、r個を選ぶ場合の組み合わせの数。


おお、「メンバー9人からペアを作って」っていうところ、まさに9C2じゃないですか。だけど、そこから1位から3位まで3連単(順位も合ってないとダメ)で選ぶのって、この式でいいの?ダメだ、全っ然分からない 笑。同僚も、これ絶対違う気がする、と言い出しました。そして、職場でそんなことにいつまでも取り組んでいてはダメなので(私が言い出した)、泣く泣く諦めました。


因みに上記の数式を計算すると

36×21×10×3÷2×24=272,160

となります。が、多分間違いらしい。じゃあ、なぜ書いた 笑。それは、いのちゃんと同じように、道筋が違っていてもとにかく計算して何らかのゴールに辿りつきたかった、それに尽きる。バカバカしく何の意味もなく、側から見たらその面白さが一切理解されないことをやってみるのって、ちょっとだけ面白い。

伊野尾さんにはこのオタクを動かす力があって、おかげ様で相変わらず無調整豆乳もミネラルウォーターも毎日飲んでるし、毎月ドル誌制覇し始めて7か月になったし、毎週木曜日は20分早く起きてめざましを見て、毎週土曜日は20時過ぎたらラジオ聴いて、そもそも雑誌もテレビもラジオも伊野尾沼に引きずり込まれなければ、生活の中に存在しないものたちだった訳で。というようなことの一環な訳です。訳分からないけど、とにかく計算に取り組んでみる、というのは。

これ、きっとらじらーでやっていたらあっという間に正解を導き出したリスナーさんがTwitterなりメールなりで答えを教えてくれたんでしょうね。もし、答えがお分かりになった方がいらっしゃったら、是非次のらじらーに投稿して頂きたいと思います。


(うるじゃん 2017.2.23)

入会するには今が絶好のタイミングかもしれない。Junny's Web。

先週からずっとJUMPが走り続けていてくれて振り落とされそうなオタクは、私です。嬉しい、嬉しい悲鳴だ!JUMPを堪能し切れていない、もっと我に時間を!と思う余り、自身の全体的な遂行能力の遅さに反省を始める始末。もっとテキパキ頑張るよ…色々と。

そんな焦りまくりのオタクをcalm downさせてくれたのが、圭人くんのけとぺでした。圭人くんはどう思っているか分かりませんが、オタクとJUMPを繋いでくれるのはいつだって圭人くんだと言う気がしてなりません。オタクと同じ一般人の感覚でJUMPを見ている(特に山田くん)と思うこともしばしばですし、満員電車でぎゅうぎゅうになっている自分と、ステージに立っている自分が同じだなんて、とそのギャップを新鮮に感じ続ける感性は共感しやすいものがあります。恐らくファンの気持ちを、感覚や感情で一番分かってくれているのではないか。そう思わせてくれる圭人くん。

「このジャニーズウェブほど思ってることや感じていることを自分の言葉で表せる機会はないので」うん、やっぱりそうですよね。雑誌のインタビューで、ライターさんがどれだけ生の声をそのまま届けようと注意してくれようと、どうしたって書いているのがライターさんである以上フィルターがかかります。やっぱりドル誌では可愛く、それ以外の媒体ではもう少し大人っぽく話しているように読めますしね。

自分の言葉で書いてくれたけとぺ、もしジャニーズウェブ入ってないよ、という方、もうずっとFCに入りたくて入れずにいるこのオタクでも、勢いですぐ入れたくらいなので、本当に簡単です。全てが手元のスマホ操作で済んで、手続き済んだらすぐジャンペ(JUMPメンバーが週替わりで更新する公式ブログ)が読めます。このオタクは、去年の春、急激に多忙になったいのちゃんの睡眠不足を気遣う大ちゃんのありぺに感涙する先輩オタクの皆様の様子に心動かされて、衝動的に入会しました。因みに、JUMP以外のブログのページも読めます。それぞれのカラーの違いも楽しめますよ。

とっつーこと戸塚祥太氏の個人ブログ「伝打伝助」なんて、突然毎日更新されたりしてサービス精神満点ですし、内容が「ん、これは何のこと言ってるのかな?」とオタクに考えさせたりして遊び心満載。「R-指定」ってなんだ?→「フリースタイルダンジョン」?→え、いのちゃんもこの番組見てるの?という風に繋がったりもして、楽しい。漫画や小説などに良くこういうお楽しみがあって、「ふふ分かったよ」とほくそ笑む醍醐味最高な訳ですが、とっつーのブログは時々そんなことしてきます。伊野尾さんは、その見た目がサブカルホイホイな訳ですが、とっつーは一歩入ったところにサブカルホイホイ罠が仕掛けられています、危険。メジャーにも言及してくれるので、オタクを置いてけぼりにしたりもしません。そして、私物も写真で公開してくれるよ 涙。ただ、更新が激しいのでどんどん前のが見られなくなります、急げ!


http://www.johnnys-net.jp/page?id=jweb



いのちねラジオ、ズッコケらじらーの話もしたくてしたくてたまらないのですが、稿を分けます。遅い、何もかも追い付いていないよなぁ、自分よ。

「OVER THE TOP」通常盤カップリング曲。

OVER THE TOP」通常盤のカップリング曲について。



◎PARTY!!

ぷちょへんざと言えば、光くんだと思ってませんか?私は思ってた!この曲聴いたら、圭人くんーって叫びながら、手を振り上げてその場ジャンプしたくなるから注意。そもそも、ぷちょへんざってなんだろな、と今回調べましたよ。歌詞カード見たらお分かりの通りなんですが「Put your hands up」っですってよ。へぇー。だから、これ言われたら、両手を上に上げてジャンプし続ける感じですかね。バンドのライブ映像とかで見たことありますよ。JUMPのライブで、上下に跳び続けるオタクって素敵じゃないか?今年のライブ映像に是非!(まだ去年のライブDVDも出てないけど…それはいつ?)

あと、今回もと言いますか、伊野尾さん歌割りそんなにはないじゃないですか。そんな中、一番耳に残るパートは確実にこの曲の2回目に歌われる「Three two one zero」でした。もう殆ど曲終わりのところですね。ノリノリの曲に挟みこまれるカウントなのに、ウェイな感じがなく、かなり無機質。急にクールな頭脳キャラ登場みたいな雰囲気を醸し出してきます。う、うわぁカッコいい。って伊野尾担ならなると思うんで。未聴の方、是非ここ聴いてみてください。というか、注意して聴かなくても、お、ってなると思います。


◎Our days

歌詞も曲調も、紛うことなく卒業ソング。3月にこれ聴かなくてどうする。来週はもう3月だ! え?もういい大人だし、卒業なんて関係ないよ、強いて言えば人事異動だよ? うんうん、ですよねー。でも、曲聴きながら制服着たJUMPくんたち思い浮かべればいいじゃないか。「泣いて笑って 今日まで来れたこと」って、山田くんが歌ってるよ。いい大人でも、ノスタルジックな気持ちになるよね。「儚いほど綺麗な花 ひらひら降り注ぎ」って、綺麗なのは君たちの横顔とか、手とか、立ち姿とか、いっぱいあるな!花はJUMPくんたちだ!などとオタク心が巻き起こったりもします。

あと、間奏のところが聴いていてすごく気持ちいいんですよ。2分20秒から2分40秒くらいあたり。もし、これライブでやってくれるとしたら、ぜひ後藤泰観くん来てバイオリン弾いて欲しい思いです。あ、後藤くんて私も良くは知らなかったんですけど、少年倶楽部見ているとバイオリン弾きながらステップ踏むっていう高度なことしている人いますよね。バイオリンのあの人!と思って調べました。名前の漢字変換するのに使ったのが「泰然」「達観」。「泰然、達観の泰観(ひろみ)」って、「慧眼の慧」に引けを取らない格好良さだなぁ。親御さん素敵です。おっと、話戻りますけど4月から入園入学のお子さんを持つ親御さんは、あらゆる準備で大忙しの3月(裁縫地獄、お名前付け地獄?)。年度末が3月の企業(役所は言わずもがな)にお勤めの方は、追い込みでヘトヘトの3月。この曲聴いてちょっと優しい気持ちになってみてもいいんですよ。学生さんには、お友達とイヤホン片耳ずつ分けて聴いて欲しいです。校庭の隅、誰もいない音楽室、百葉箱のある裏庭、屋上へ続く階段、バス停。どこで聴いても絵になるね、いいねー。このオタクは、電車の窓から見える河川敷の景色見て、切なくなっておくことにします 笑。この曲聴きながら、切なくなれる景色探ししつつ通勤てのも、乙なもんですよ。